« 突っ込みネタが多すぎる | トップページ | TRICK »

2005年11月13日 (日)

大河「義経」感想と突っ込み?

さて、義経感想続き。

腰越状書くのに3週もかけて回想シーン連発。

OPクレジットの「回想の出演」ってなんやねん。そんなに予算がないのかNHK。(w

原作は「平家物語」らしく壇ノ浦後の平家の武将たちの最後が描かれていきます。今まで夫婦だという設定が視聴者の半分に理解されていないであろう平重衡とその妻輔子さんのお別れのシーン。結構有名な話らしいのですが、もうちょっと、せめて今まで同じフレームに入れるぐらいしてあげようよ、とか思ってたんですが、役者さんの熱演でけっこうジーンとしてしまった私。そして悟りを開いたかのような最後の往生際のよさの宗盛タン。最初のヘタレっぷりといい、名演だよ!鶴見さーん!!(←けっこう好きな俳優さんです、ハイ。三上博史の「チャンス」あたりから(古))

義経は無断任官や梶原景時の報告により、頼朝から非情な仕打ちが与えられていきます。それでも「兄上!」とすがりつくけなげさ。もううちのお母ちゃんみたいなオバサンたちはかわいそうで見てられません。某ゲンダイにタッキーの演技がヘタで視聴率下がったとか叩かれてますけど、タッキーのせいではなく見たくない内容と回想連発だと思います。むしろ制作側に問題があるかと・・・。

いや、別にジャニヲタではないですが、タッキーは見直しました。時代劇俳優としてやっていったほうがいいぞと思うくらい。年始(?)の南総里見八犬伝が楽しみですわ。

そんなタッキーに対して非情な仕打ちをする貴一ちゃん@頼朝は暗黒面に入ったダースベイダーの如く政子さまが操っているのでした。

結局この大河の悪役は北条一族だ!

とでも言いたげな様子ですが、これいかに?

暗闇の中、弟である義経を討つことを密かに悩む頼朝に年齢の割りにお美しく見える政子様がゾッとするような微笑を浮かべて

(九郎殿のことは)「私にお任せくださいませ」

とおっしゃるシーンは

キタ━━━━(゜∀゜)━━━━ッ!!

ですよ。

たしか3年くらい前にこんな決めセリフをさわやかにいう嫁が活躍する大河ドラマやってませんでしたっけ?どこまでもさわやかに、さわやかに言う嫁ですよ。

・・・同じセリフでも使い方によって全く効果が変わるよい例ですな。

ついでにいうと、このシーン、なんかすごくエロい雰囲気じゃないですか?

いや、「単に暗闇で会話しているだけ」なんですが。

個人的に脱ぐより、雰囲気でエロさを出すほうが効果倍増です。

無駄にタッキーに裸で水浴びさせるとか、そういうのはダメですよ。

萌え映像とはなんなのかを分かってません。

ごほん、すいません、熱が出ていたようです。

・・・とりあえず財前さんの事務所に数多のタッキーファンからカミソリレターが送られないことを祈るばかりです。

とうとう腰越状を読んでしまって涙を流す頼朝。手紙を読もうか読むまいかオッサンが悩むお話はオヤジ好きな私は萌えです。すいません、おかしな文章打ってます。また。

そうそう、個人的に注目したいのが出番は少ないけど義経に無理やり送りつけられてしまった正室の萌さん。オタ心をくすぐるネーミングですね。

静御前は彼女のほうが適役じゃないか、と勝手な私のイメージで思いました。

石原さとみんは嫌いじゃないのですが、どうもイメージと今回の静のキャラが私の中でイマイチです。男装して踊り、のちに頼朝にまでケンカを売るようなマネができる人物が私の中の静御前でして。そっちのイメージにはこの女優さんのほうがあってるなあと。まあうだうだいってもアレなんでさとみんに頑張ってとしかいいようがありません。

静の見せ場、「鶴岡八幡の舞」もあることですし。

続きはまた今度。現行に追いつきそうだ。

|

« 突っ込みネタが多すぎる | トップページ | TRICK »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127690/7086792

この記事へのトラックバック一覧です: 大河「義経」感想と突っ込み?:

» NAMI [足跡残しマフ]
恋に恋するNAMIの日記つまらないかも(ワラ [続きを読む]

受信: 2005年11月20日 (日) 23時06分

« 突っ込みネタが多すぎる | トップページ | TRICK »