« 少年少女 人物 日本の歴史 | トップページ | 義経「安宅の関」とか »

2005年11月26日 (土)

どうも植物に弱いようです。

今日、たまたまテレビの「女の一代記シリーズ」を見ました。

シャンソン歌手越路吹雪さんの一生を天海さんがやってたました。途中から見たんですが、淡々と人生をなぞっていくのが逆によくて、ラストの亡くなるところあたりではジーンときました。つか、コスモス畑とか出されると、感動ツボなのです。私の感動ポイント突きまくりなのです。映画の宣伝でお花畑が出てくると85%の確率でその映画を見に行きます。

どうも自然植物系の演出にすごく弱いのです。

劇中、合唱サークルやってたころ2回も歌うハメになった「ケサラ」が流れて、サークル時代を久々に思い出しました。。私はこの曲がフロイント・コールで歌った嫌いな曲ベスト5に入るのですが。

いや、曲自体は名曲だとは認めてますが、ここは好みの問題、ということにして下さい。メロディー進行がとてつもなく嫌いなんですよ。あまりにもベタベタすぎて。。。(笑)好きな人ごめんなさい。(^^;

そうそうこのドラマ、コスモス畑のラストシーンといい、死に対する淡々とした明るさ(?)といい、去年天海さんがやってた「ラストプレゼント」と似てましたな。こういう前向きな(?)役は天海さんはうまいなーと思いますです。あと、脇の木曽義仲小澤Jrや松下姐さんもよかったですわ。

|

« 少年少女 人物 日本の歴史 | トップページ | 義経「安宅の関」とか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127690/7320408

この記事へのトラックバック一覧です: どうも植物に弱いようです。:

« 少年少女 人物 日本の歴史 | トップページ | 義経「安宅の関」とか »