« 独眼竜政宗だー! | トップページ | 講師でびゅー »

2005年12月24日 (土)

またも辞めたか亭主殿

2年くらい前?NHK正月時代劇で放送されてたんですが、録画に失敗して見れずじまい。なんとハイビジョンで再放送されてるのを見ることができました。

徳川埋蔵金を埋めたといわれることで有名な幕末の奉行小栗上野介(岸谷五朗)のお話。軽い感じで描かれていて、ライバル?でくわせものな勝海舟(何故西村雅彦(笑))との仲が悪いんだか気があってるのかわかんないやりとりが面白かったです。この人は最後に無実の罪で斬られてしまう悲劇の人なんですが、造船所建設に向ける情熱とか、奥さん(稲森いずみ)との交流とか感動してしまいました。幕府側にあったにもかかわらず有能な人物で明治維新の中で消されてしまったのがつくづく惜しい人物でした。こういう微妙な人物を描いたドラマ、どんどん作って欲しいです。でもチョンマゲに洋装は変(w

フランス人通訳にトルシエ前監督の通訳だったダバディ氏が出ていたのはワロタ。めっちゃ素のままの演技でした。

ところでこのドラマは何故かメディア化されてないので(翌年と翌々年の正月時代劇はDVD化されとるのに!)再放送は嬉しいです。ハイビジョン万歳ですわ!(笑)

|

« 独眼竜政宗だー! | トップページ | 講師でびゅー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127690/7804970

この記事へのトラックバック一覧です: またも辞めたか亭主殿:

« 独眼竜政宗だー! | トップページ | 講師でびゅー »