« NEET脱出! | トップページ | 極妻が偶然にも放送されとった(笑) »

2005年12月 4日 (日)

義経「北の王者の死」

残すは最終回のみな、大河感想です。

このサブタイトル、どっかの半島の国じゃないですよねwwブラックだ。。。

とにかく

藤原秀衡(高橋英樹)カッコイイ!!!!!!!

につきます。器のでかさといい、この人が長生きしていたら、歴史は変わったろうに。

それに比べてヘタレな人を演じさせたら日本でおそらく右にでるものはいないであろう、渡辺いっけいさん演じる秀衝の跡継ぎ藤原泰衝の小心者具合がいよいよラストに向けて動き出しましたよ。

つっこみどころとしては義経方と鎌倉方が廊下で立って対比しているシーン、なんかちょっと笑いません?戦隊モノじゃないんだから!しかも明らかに人数が多そうな鎌倉方の頼朝の横にいるのが北条親子だけってのもなんかおかしかったっす。

最後に残るのはあの夢の国の屏風に100ミリオン!のちに頼朝が奥州征伐のときに持って帰ってしまったりして。

あ、久々に妖怪トリオ見ました。義経が主役なのはわかってるけど、せめて法皇と頼朝の対面までやってほしいなあ。承久の乱までやってくださいとはいわないから。(笑)

つか大姫どこいったのよ!静の話で登場するかと期待してたのにーーー!!!

(゚Д゚)ゴルァー<中途半端に史実をいじくるんじゃねーーー!!!

てなわけで最終回、ジンギスカン伝説になるのでしょうか、乞うご期待(笑)

|

« NEET脱出! | トップページ | 極妻が偶然にも放送されとった(笑) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127690/7467010

この記事へのトラックバック一覧です: 義経「北の王者の死」:

« NEET脱出! | トップページ | 極妻が偶然にも放送されとった(笑) »