« 微妙に就職活動中 | トップページ | "No Woman No Cry," »

2006年1月26日 (木)

株価が・・・。

ライブドアショックとか東証のシステムが止まったとか、数年前に調べたり勉強してた内容を最近よく耳にします。保守的な上層部はダメだねえ。。。ボソッ・・・

粉飾決算なんてどこの会社でも多少はやってるんじゃないか・・・そう思う私でございます。

ホント、「出る杭は打たれる」ですねえ。

こんなこといっちゃなんですが、この世に証券や株なんかがなくなったらどれだけ経済もシンプルで分かりやすいものになるだろう、と考えてしまいます。証券取引なんて法律とのにらめっこの中でどれだけ利益を得るか、知ったモン勝ちな取引なんですから。法律を変えてしまえばまた違う手段で稼ぐ人がいるわけです。所詮、知恵者が合法的な手段を勝手に作り出してるだけ、な気がしてなりません。金がないなら起業するな、ですよ。うーん弱肉強食の世の中ってステキ。

話かわってやっとバイト代が出ました。社会人時代と比べるとささやかですが、なんか稼いだ!という気がします。でも半分くらい年金と保険で持ってかれます。シクシク。

|

« 微妙に就職活動中 | トップページ | "No Woman No Cry," »

コメント

>この世に証券や株がなくなったら
企業の資金調達手段が限られて、銀行等からの借入のみ。すると、今、中小の企業が大きく成長する機会がなくなります。すると、信用力のある大企業を脅かすような新しい企業が出難くなります。そうなると競争のない企業社会になるかもしれないね。競争のない社会=社会主義経済、決してよい社会とはと思いませんが・・・。
>証券取引なんて法律とのにらめっこの中でどれだけ利益を得るか
本来証券取引(投資)というのは、マクロ経済、企業のファンダメンタルズを分析して行うもので、ホリエモンやデイトレーダーみたいに企業の中身を全く無視して単なる利ざやを稼ぐのは投資家ではなく投機家、博打打ちだと思いますが。まぁ、本来そうであるべき証券会社もそうでないところがありますが・・・。

投稿: マサル@江戸 | 2006年1月28日 (土) 17時31分

プロのご意見どうもです。参考になります。
>競争のない企業社会
私がイメージしてるのは江戸時代の三井や紀伊国屋のようにゼロからアイデアやバクチで大企業にのしあがる企業競争こそが面白いかなーと思ったのです。当時は株式発行による資金調達や銀行による融資なんてなかったですからね・・・。あ、融資は多少あったか・・・。

投稿: rin2 | 2006年1月28日 (土) 23時57分

ホリエモンのアイデアを信じてライブドア株に投資した素人がやってきましたよ(笑)

> 江戸時代
大名貸し(=公債発行)ができたわけですからそれなりの規模の金融相場があったんじゃないでしょうか?

江戸時代といえば、今回の堀江逮捕は淀屋の所払いと似てるとこがある気がします。お国にとってよろしくない会社を見せしめにやっつけた、という意味で。
元禄の後みたく、日本は今後黒船来航(?)まで萎縮気味に成熟していくんかもしれませんね。

投稿: Q値 | 2006年1月29日 (日) 01時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127690/8344923

この記事へのトラックバック一覧です: 株価が・・・。:

« 微妙に就職活動中 | トップページ | "No Woman No Cry," »