« 再会週間 | トップページ | センター平均とってねえ国語 »

2006年1月 9日 (月)

功名が辻「桶狭間」

今年もリアルタイムで見れなかったです。(ノД`)シクシク

てなわけで深夜にひっそり録画視聴。

冒頭の戦争映像を見た瞬間、何か他の番組録画したかと一瞬勘違いしてしまいました。

OPは珍しく横書きのクレジットにCG背景。としまつみたいにまた主人公が出てきやしないかとヒヤヒヤしてしまいましたよ。こうしてみると、思っていたよりかなり豪華キャストですな。あの延々と画面を行ったりきたりしている線はなんなんでしょうかね?タイトルの「辻」(交差点)とかけているのかな?作曲は秀吉の小六禮次郎さん。後半の打楽器が前にでてくるとこがかっこよくて気に入りましたです、ハイ。

初回はロケが多くて画面がきれいですねー。

さて、初回に主役が一瞬しか出てこないのは大河のお約束(笑)テレ朝版のドラマで一豊役だった宅麻伸さんが、千代のパパ役でご出演。お母さん役が壇ふみだったらそのまんまですが、不幸な役やったら日本一の木村多江さんでした。あえなく殺されてしまいますが、なにげにいい仕事。わが子を守る母の強さに感動。

さて、人物紹介な点も兼ねているのが初回のお約束。(こればっか)

とりあえず全体の平均年齢高すぎない?( ゚д゚)

去年もサバ読みがひでえと思ってましたが、今年はそれ以上かと。特に女優陣。

和久井映見(濃)を「お義姉さま」と呼ぶ大地真央様(お市の方)には激しく違和感ありまくり。ちなみにお市様は十代のはずです。浅野ゆう子様(ねね)に至っては去年の政子様といい勝負。(笑)まあ、こういう歴史上の有名女性はそこそこベテランさんじゃないと貫禄がつかないから仕方ないですな。特にねねはのちのちに重要なキャラになりますし、のちのことを考えてのキャスティングだとおもいませう。。。

あとは、館ひろしの織田信長。同じ石原軍団の渡団長が秀吉で演じていらっしゃいましたが、なんかネタキャラになっていきそうな感じ。ま、違和感バリバリで逆に面白いってのが本音です。

さて、放浪の旅を続ける山内一豊(上川さん)とその郎党2人。家来の前田さんと金八先生(何気に大河よく出てるな、この人)がいい感じのおっさんです。原作のイメージに近くて嬉しいっす。子役バージョンの主人公千代との偶然の出会いがあ り え ね え。

・・・などというつっこみはおいといて。何故か船から川へ飛び込んだとき、仲間由紀恵になって出てくるんじゃないかと一瞬期待してしまいましたが。この子がいい感じの演技だったんで主役が出てきたとたん、orz な感じにならないよう、祈りましょう。

まあこれで子供の頃に出会った人を思い続け、のち結婚する、などというネタふりが早くも萌え要素ですな。(;´Д`) ハァハァ

さて、来週から主人公登場ですよ。いまのところ、としまつっぽさはないのでちょっと安心しました。でも脚本が大石静氏ってのがひっかかるんすよね。(^^;

|

« 再会週間 | トップページ | センター平均とってねえ国語 »

コメント

私はきちんとリアルタイムで見ましたぞ。
確かに年齢層、たけぇ~。ねねと言えば、「としまつ」では酒井法子、、、ギャップがあり過ぎる。
>何故か船から川へ飛び込んだとき、仲間由紀恵になって出てくるんじゃないかと一瞬期待してしまいました
えっと、全く同じこと思ってしまいました。昨年の遮那王様のように(^^;)
それにしても、尾張付近を放浪したり、嫁の子役と旦那が川付近で知り合うとか、「としまつ」とかぶってしまうような気がしてしまう。。。六平太役の香川照之は同じくとしまつで秀吉やってたし。

投稿: マサル@江戸 | 2006年1月 9日 (月) 23時01分

ねねは秀吉のときの沢口靖子のが一番好きですね。そういえば、香川さんに、武田鉄矢にやったら過去の大河で秀吉役やった人多いっす。
>川で知り合う
あーそういえばとしまつだ~!!(´д`)
味噌汁とか瞬間移動とか出てきませんように!願うばかりですわ。

投稿: ひさぽん@管理人 | 2006年1月10日 (火) 11時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127690/8072690

この記事へのトラックバック一覧です: 功名が辻「桶狭間」:

« 再会週間 | トップページ | センター平均とってねえ国語 »