« 功名が辻「長篠の悲劇」 | トップページ | 生気を吸い取られた »

2006年4月26日 (水)

「無限の住人」19巻

連載開始が1993年ってことは、もう丸12年もやってんですね。。。

おそらく私が一番長いこと買ってるマンガです、ハイ。コナンより長いんだ。意外。

まあ月刊誌連載だから単行本の発行ペースも年に1、2冊と、週間連載だったら50巻はゆうにこえてるでしょうね・・・。

やっと江戸城に囚われの卍と再会できた凛。作中じゃそんなに長い時間はたってないですが、数年ぶりの再会でございますよ。凛ちゃんは強くなったねえ・・・うるうる。あの鬼畜医者をボコボコにするところ、溜飲が下がるおもいでございました。牢屋でのバトルと思いきや、そこで終了。また一年くらいまたないとだめかのう・・・。いやーしかしこのマンガそれでも面白いわ。

ラストはどうなんのかな・・・。結局、天津(知り合いにファン多しw)と戦うことになるのか、それとも別の展開になるのでしょうかねえ。

マンガネタですんません。わかんない人ごめんなさい。(笑)

|

« 功名が辻「長篠の悲劇」 | トップページ | 生気を吸い取られた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127690/9775006

この記事へのトラックバック一覧です: 「無限の住人」19巻:

« 功名が辻「長篠の悲劇」 | トップページ | 生気を吸い取られた »