« 世界史 | トップページ | 空と雨と雲とRelaxバトン »

2006年5月21日 (日)

功名が辻「迷うが人」

今日のみどころは

・一豊の一世一代のウソ泣き。(秀吉仕込み)

・突然登場したチョイ役、羽柴秀長(秀吉の弟)

・大人のエロス全開のあぶ長様。

そんなわけでお話は中国攻めの続き。毛利、毛利といってる一豊さん。あんたが攻めてる相手の総大将はアンタの息子だよ、と思ってしまいますが。(笑)三木城の兵糧攻めのシーンが長く続いていました。功名が辻は戦国ものではあまり取り上げられないエピソードが描かれてて、つっこみどころもありますが、こういうところは好感が持てますね。この自分の命と引き換えに城兵の命を助けた城主の別所長治の話はなかなか潔い話で、感動しますね。番組後の紀行でもとりあげられてました。GJ!

一方、信長に光秀への思いを言い当てられた濃姫さん、失神?!あぶ長さまの危険な感じがステキです。足を触るエロスな雰囲気が(;´Д`) ハァハァです。w

でも本能寺の変の理由が、信長、濃姫、光秀の三角関係のもつれとかいうのはイヤだなあ・・・。6月に本能寺の変らしいっすね。前半の山場、おっと主人公は千代ですよ。ってことで来週とうとう馬を買うエピソード登場です。原作の、大金を隠していた千代に対して怒ってしまう千代と一豊のやりとりが好きなんで、あんまり変えないで欲しいなあと思う次第です。

山場が馬を買うってすごいネタのなさの大河ですな・・・。でも視聴率、20%台でトップ安定し続けてるらしいっすね。やっぱり誰が主役でも、三傑が出てくる戦国モノは強いのですね。

|

« 世界史 | トップページ | 空と雨と雲とRelaxバトン »

コメント

一豊の息子って・・・あっ★
懐かしい~!!
上川さんの大河デビューのですねっ!

投稿: うさ | 2006年5月22日 (月) 02時00分

>うささん
そういえば、今回出てきた松寿丸、
実は毛利元就の幼名と同じなんですね。
元就、好きだったもので。(笑)

投稿: rin2@管理人 | 2006年5月22日 (月) 09時04分

そういえば秀長さん、出てましたね、なんかイメージ違うわ~~(笑)

僕は本能寺の理由が三角関係ってのは斬新で、まだ楽しめそうです!なんせ本能寺楽しみ!!

投稿: てれすどん2号 | 2006年5月22日 (月) 09時41分

はじめまして
来週は日本ダービーですから(笑)

投稿: かあかみ | 2006年5月22日 (月) 17時25分

>てれすどん2号さん
本能寺、今までとは違った感じの戦いになるとのことらしいですね。(記者会見でやってました。)戦国モノの山場の一つですね。ワクワクしてます。

>かあかみさん
なるほど、日本ダービーに合わせて馬購入回ですね。NHKもうまいこと考えたもので。そういえば、制作発表時、ハルウララも出す、みたいなことを言ってましたね。流れたのかな?(笑)

投稿: rin2@管理人 | 2006年5月23日 (火) 08時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127690/10178946

この記事へのトラックバック一覧です: 功名が辻「迷うが人」:

» 功名が辻〜信長の目にも涙 [うさうさ日記]
NHK大河ドラマ「功名が辻」第20話〜迷うが人今日は出かけていたので前半部分は録画で、後半部分はリアルタイムで観たためストーリーの前後はちょっとあやふやですが・・・。預かっていた松寿丸を消せといわれて殺さずに匿ってしまう千代と一豊。なんで山内家ばかり人...... [続きを読む]

受信: 2006年5月22日 (月) 02時00分

» 功名が辻 第20回 迷うが人 [ななさんにトラックバック(仮)]
{/shootingstar/}オープニング 毛利攻めには播磨に拠点を築くのが絶対条件。 秀吉が播磨に入ったときは、ほぼ播磨全域を手中に治めていたものの別所長治の謀反に続いて周辺の豪族も毛利に寝返ったそうです。 摂津の荒木村重の謀反もあって、いつ背くかわからぬ播磨の武士達の中で秀吉勢はピンチでした。 {/shootingstar/}本編 千代の家に黒田官兵衛の子、松寿丸が居ます{/face_sup/}。 そこに六平太も登場します... [続きを読む]

受信: 2006年5月22日 (月) 07時22分

» 功名が辻「迷うが人」 [ニセ吟遊詩人@放浪記]
今日のみどころは ・一豊の一世一代のウソ泣き。(秀吉仕込み) ・突然登場したチョイ役、羽柴秀長(秀吉の弟) ・大人のエロス全開のあぶ長様。 そんなわけでお話は中国攻めの続き。毛利、毛利といってる一豊さ... [続きを読む]

受信: 2006年5月22日 (月) 09時01分

» 功名が辻のすばらしさを語ろうの会 俺ってそんな変わってもうたんかなあ〜。。。 [長江将史〜てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ ]
信長の目にも涙があったのか、、、。人間やねんなあ。一豊の一存で、謀反の疑いをかけられた黒田官兵衛の人質の息子を殺す、その命にそむいて切腹覚悟に信長に進言。ひともんちゃくあろうと思ったが、「官兵衛と松寿丸を会わせよ」と涙する一面。これから信長の人間らしさ、悲哀も描かれてゆくのかな〜〜、、と思ったが、このシーンはまったく何の意味も持たないほど後半の信長のエゴイズムに消されることになる、、、。... [続きを読む]

受信: 2006年5月22日 (月) 09時35分

» 巧妙が辻 〜第20回〜 [ぴよ39日記]
ハイっ☆ 今週も巧妙が辻の時間デース♪一豊さまのいいとことか、官兵衛と松寿丸とか、いろいろ、あったような気がしますが、私はすべて、最後の5分で吹っ飛んだッ!!!信長さまーーー!!!恐ッいらぬ道具は捨てる!!!さすが!泣かぬなら殺してしまえホトトギス!!...... [続きを読む]

受信: 2006年5月22日 (月) 22時00分

« 世界史 | トップページ | 空と雨と雲とRelaxバトン »