« 功名が辻「天魔信長」 | トップページ | 腐女子について(笑) »

2006年5月15日 (月)

遮那王義経

去年のドッカン大河じゃありません。(笑)5年位前から月刊マガジンで連載されてるマンガです、ハイ。

なんとなしに読んでみたのですが、結構面白くて久々にハマりマンガに出合いました。タイトル通り、義経を扱った歴史モノマンガですが、何せ、主人公が「義経の身代わり」という大嘘をついてます。病気で死んでしまった本物の牛若にかわり、旅芸人の漂太が義経として活躍していく、というトンデモ設定ですが、マンガだから、という目もあるでしょうが大河ドラマより全然展開に無理がない。(笑)まだ奥州に行ったあたりで進行は遅いですが、史実やオリジナルの混ぜ方がほどよく、少年漫画らしい面白さもあってGJ!なんとなく主人公を明るくしたるろ剣テイストです。ドラマなどではスルーされがちな伊豆時代の頼朝の最初の子供が殺された話なんてのもしっかりと描かれてて意外。

でもいつになったら平家と戦うのでしょうか・・・。

|

« 功名が辻「天魔信長」 | トップページ | 腐女子について(笑) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127690/10077985

この記事へのトラックバック一覧です: 遮那王義経:

« 功名が辻「天魔信長」 | トップページ | 腐女子について(笑) »