« そんなわけで。 | トップページ | コナンとおっさんと »

2006年6月19日 (月)

功名が辻「蝶の夢」

んー。10分ほど間に合わなかったのですが、知らぬ間に山崎の合戦が終ってたみたいすね。噂の少女濃姫イメージ画像が出回ったとか何とか。あとで録画みよう。

そんなこんなで今度は細川家の苦肉の対応。

明智光秀の娘、玉が幽閉されるあたりからみましたです、ハイ。期待してなかったけど、話題づくりキャスティングだけと思っていたハセキョーがいいですな。「I'll be back」と言い残し山中へ身を隠します。この話もドラマで描かれたのを初めてみましたです。新鮮~。

さて、久々に話に登場の(笑)山内夫妻。織田家の実権を握るため、秀吉のお子様をてなずけよう作戦にかり出される千代さん。信長の孫、三法師の相手をさせられてます。最初はなかなか苦戦します。トランプ手品したりゾンビボール出せよ!と思ったのは私だけではあるまい。w苦肉の末の意味不明なぽんぽこ踊りに加え、やってきた秀吉に奥義・お馬さんごっこを繰り出させた最強の千代さん。普通に上司の秀吉を「筑前!」と呼ぶ怖いもの知らずな天然に感動いたしました。横で「筑前、がんばれ!」と激を飛ばす寧々さんもGJ!!

そんな作戦が成功し、見事秀吉の世になっていきます。それに対抗するは、柴田勝家とお市の方と織田信孝。

どーでもいいけど、としまつではマツケンが柴田さんだったような。

そんな対決の雰囲気の中、またまた長浜城へお引越しな山内一家。

と思いきや、城への引越しは取りやめ。そのときの秀吉の

「そういうこと・・・そういうことです。」

は笑いますた。加えて山内夫妻のあいた口がふさがらない!表情が秀逸!

大丈夫、長浜にはちゃんとあとでいけるから。

さて、予告ではふーみん登場ですか。そろそろ柴田との対決が近づくとなれば、金八先生も退場になってしまうのでありますね。あぶ長様も光秀もお濃様もいなくなって、次は誰に萌えろと!おっと、個人的に楽しみなキャラがいました。毛利元就こと石田三成!!ぢつは隆慶一郎に毒されてるので、結構この人好きです。

|

« そんなわけで。 | トップページ | コナンとおっさんと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127690/10586684

この記事へのトラックバック一覧です: 功名が辻「蝶の夢」:

« そんなわけで。 | トップページ | コナンとおっさんと »