« 病院へ行こう! | トップページ | 好きな人物 »

2006年9月18日 (月)

功名が辻「太閤対関白」

千代タンの大蔵卿に向かっての

「ほほほ鬼婆あ」

を楽しみにしていますが、はたしてこれは映像化されるのでしょうか。

そんなわけで、ずんずんと追い詰められていく秀次。そしてあからさまに邪魔者あつかいしていく秀次。役にたとうとがんばっている姿がけなげです。そしてそれが全て裏目にでるあたりが去年の義経クンを思い出します。そんな主君の思いを知ってか秀次の家来たちが先走りして秀吉に対抗しようと暗躍します。

一豊はじめ、秀次つきの宿老3人はどっちにつくか迫られる状況になってまいります。

時流を読むのが賢い中村一氏は早くも秀次の家来たちの謀反の証拠である連判状を秀吉に渡します。勝ち目のあるほうにつくのが勝者の常識、このあたりのしたたかさはさすがです。

そんな豊臣の内紛の種をまいてるのが、元ひょうきんアナ、もとい大蔵卿。

悪役です。近江派の勢力をつけようとしています。女が権力を無理にぎろうとするとロクなことにならないのは歴史が証明しております。

一方その近江派の石田三成は、とにかく豊臣の内紛など起こしたくない、それならいっそ秀次が関白を返上してくれさえすればよい、欲ではない忠義な心がちょっと見えてきました。

政治劇ってな感じで面白くなってまいりました。

笑顔でも目が笑ってない淀殿がステキです。永作さん、ほんとはまり役です!

来週はとうとう、秀次の悲劇が。。。「殺生関白」とか必要以上に悪く描かれることが多かった秀次ですが、この設定、多少は名誉回復になるのではないでしょうか。領主としては意外といい殿様だったらしいですから。

|

« 病院へ行こう! | トップページ | 好きな人物 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127690/11944461

この記事へのトラックバック一覧です: 功名が辻「太閤対関白」:

» 功名が辻 第37回 [賃貸営業よもやまばなし]
本編 秀頼が生まれ、秀吉の秀次への風当たりがいっそう強くなった今週です。 輪をかけて前野景定らが唆したことで関係は修復できない状況になりました。もしもっと有能な家臣がいて配慮できればこんなことにはならなかったのになあと思いますね。一豊ら宿老の忠言も聞かず....... [続きを読む]

受信: 2006年9月19日 (火) 12時19分

» 功名が辻 [Fere libenter homines id quod volunt credunt]
第三十七回「太閤対関白」 タイトルが正確でない。名と実は一致させよう。  第三十七回「太閤対関白」ではなく、 第三十七回 [続きを読む]

受信: 2006年9月22日 (金) 20時08分

« 病院へ行こう! | トップページ | 好きな人物 »