« 中国の霧の中で | トップページ | 功名が辻「秀吉死す」 »

2006年10月 1日 (日)

9月30日の日記

今日のやったこと。ホントに日記らしく書きます。

7:30~45 「純情きらり」の最終回を視聴。

ラストの子供へのメッセージでこのドラマを通して言いたいことはわかったけど、朝からこんな鬱展開でいいのかって終り方ですね~。うちのおかんはこの展開にお怒りでした。抗議の電話多かっただろうな・・・。まあ最初からこのラストは変えないという制作側の強固な意志を感じましたのう。でもやっぱり朝ドラはハッピーエンドがいいなあ。なんかふたりっ子の最終回を見たときのような微妙さを感じました。

8時半くらいまで 朝メシ食べて、家の掃除。

9時~12時くらいまで 民法と労働法のややこしさにキレる。

12時 ラーメンの昼ごはん。

13時 携帯の機種変更に富田林のボーダフォン、もといソフトバンクのショップへ

13時半~14時 機種変更の手続き、店の兄ちゃんがどんくさかった。新人?

14時半~16時半 図書館で刑法の勉強。おかしな判例に笑う。

16時半~17時 データ移行のため携帯を引き取りに行く。2時間なら十分とか言われて2時間後にいったのに、さらに30分も待たせやがって!客に待ち時間告げるときは長めに言えよ!待ち時間長かったら帰られてしまうレストランじゃないんだからよう!

17時半 帰宅

17時半~19時 夕食の準備の手伝いと食事、片付け。

19時~20時半 政治学と民法の勉強。

21時~22時過ぎ ドラマ「クライマーズ・ハイ」をみる。

評判がいいので再放送らしく、見てみた。日航ジャンボ事故の話で重い内容。でも骨太で面白かった。土合駅が冒頭に出てきてあの階段を思い出しますた。486段かあ。。。

22時過ぎ~22時半過ぎ お風呂。

23時~ 民法の勉強。今日のノルマ分の勉強を終え現在に至る。

まあこんな普通の休日でしたね。いたって普通ですな。

|

« 中国の霧の中で | トップページ | 功名が辻「秀吉死す」 »

コメント

道路交通法すらまともに把握してない私が来ましたよ。
なにやら一日中、お勉強ですね…

>純情きらり
「死にオチかよ!それじゃ大河だろ!」
みたいな感じでしたね~。
まあ、二十歳そこそこの役者にカツラかぶせて婆さん役させてエンディング、という朝ドラお馴染みのあのシチュエーションの方がはるかに無理がある。こういうオチもありかな~、みたいには思ってました。

つか機種変、ってきしゅは何ですか?

投稿: Q値 | 2006年10月 1日 (日) 07時27分

>「死にオチかよ!それじゃ大河だろ!」
同じことを思いました。w
まあ宮崎あおいって童顔だし、老け役やらすのは無理がありすぎるから若いままで終るべきでしょうが、味噌坊と結婚し、めでたしめでたしで終っとけばよかった気がします。

機種はV604Tです。店員にこれしかないとか言われてテレビつきになっちゃいました。前のやつ、実は急に電源が落ちるという最悪なバグがあったんです。

投稿: rin2@吟遊詩人 | 2006年10月 1日 (日) 09時46分

久々にがっかりしました。
殺して終わりなんて。
みんなどー思っているんだろーと、いろいろ見ましたが、
意外と「感動した」って人が多くて、自分が歪んでいるのか?と思った始末。
ニセ吟遊詩人さんのよーな感想を見つけてホッとしました。(^^)

投稿: カトリーヌ・ドルフ。 | 2006年10月 1日 (日) 12時49分

>カトリーヌ・ドルフさん
どんなに作り手の言いたいメッセージがあっても主人公が若くして死んでしまう、という設定は後味が悪いですね。朝ドラはどういう展開でも明るく終ってほしいです。

投稿: rin2@吟遊詩人 | 2006年10月 1日 (日) 23時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127690/12102288

この記事へのトラックバック一覧です: 9月30日の日記:

» 『純情きらり』最終回。 [カトリーヌ・ドルフの日記。]
NHKの朝ドラ『純情きらり』最終回。 やっぱり主人公を殺して終わりにした・・・。 韓流の影響を受けたのか? ダメだこりゃ。 [続きを読む]

受信: 2006年10月 1日 (日) 01時51分

« 中国の霧の中で | トップページ | 功名が辻「秀吉死す」 »