« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月30日 (月)

功名が辻「決戦へ」

見せ場です。

見せ場です。

見せ場です。

主人公夫妻の最大の見せ場です。

決して合戦ではないあたりが地味主人公の運命です。

徳川につくことを決め、

「掛川の城と領地いっさいがっさい内府殿に明け渡す!」

この一言が土佐二十四万石という、のちに明治維新という日本史において重要な革命を指揮する藩になるのです。地味地味だといわれる山内家ですが、実は日本史ではかなり重要なキーになってくるんですよね。こういうところが面白いです、歴史って。

ところで、大河ドラマでは「主人公は史実より美化されている」のが常ですが、原作ともども史実よりヘタレにされてしまった主人公は山内一豊くらいでしょうね。(笑)そんなヘタレ具合を吹き飛ばす今回の見せ場。家来を鼓舞する大将らしい演説はようやくカッコイイよさを見せてくれました。

ところで西軍は前世の孫毛利輝元と協力して挙兵する石田三成。

夜討ちなんかできるか!と義の男っぷりを見せています。この人のそれが命とりになってしまうのですが。

関が原前夜ということで東軍も西軍も有名武将がたくさん登場し、兜ショーが見ものでございました。ミラクル三井井伊直政の赤備えが「まんが日本の歴史徳川家康」でみたまんまの甲冑デザインだったのに嬉しくなりましたよ。欲を言えば島左近と大谷吉継を出してほしいなあ。特に三成と大谷との友情は泣けます。関が原では私は西軍を応援したくなりますです、ハイ。ま、自分なら東軍につきますが(笑)

さて、さりげに登場した関が原のキーパーソン小早川秀秋。早くもヘタレ具合を漂わせておりますね。ちなみに「春日局」では六平太役の香川さんが演じておりまして、当時もヘタレ全開キャラだった記憶があります。

いざ関が原へ~!

夢の視聴率25%超えは果たせるかな?

ちなみに現時点で義経超え+平均20%超えはほぼ確実だそうですね。さり気に高視聴率ということはあまり知られておりません。笑

| | コメント (2) | トラックバック (3)

2006年10月28日 (土)

ネタでオタバトン

ネタつくりにこんなんやってみます。長いねえ。マンガ好きですが。

◆◇強制オタクバトン◇◆

見た人は絶対やること!
ルールを破ったものは路上でキャストオフ(脱衣)!!
ただ基本ルールとして答え終わったら最後に一つ追加する。

【答え方及び判断の仕方】
◎:キャラもストーリーも知ってる
○:だいたい知ってる
△:聞いたことある
×:全く知らない


○:NARUTO ちなみにコレの連載開始のジャンプはるろ剣の最終回
×:D.Gray-man しらん
○:テニスの王子様  こんなに人気あるとは
○:BLEACH ゾンビパウダーの人よね?
◎:ONE PIECE 空島までは読みました。
○:ガンダム 種とかは知りません。
△:ファイナルファンタジー
○:新世紀エヴァンゲリオン 有名だけど話は分からん
○:ドラゴンクエスト
◎:BLACK CAT イヴとスヴェンが好きでした、すいません。
×:学園ヘブン
◎:ドラゴンボール 名作だよね
◎:北斗の拳 これは漢のバイブルでしょ
◎:聖闘士聖矢 いきなりジャンプから消えたときはびっくりした。
△:ボボボーボ・ボーボボ 主役だけわかる
◎:HUNTER×HUNTER 7巻くらいまで読んだ。ちゃんと完結するか謎のマンガ。
○:銀魂 アニメ化してるよね。
◎:DEATH NOTE 3巻まで読んだ。面白い。
△:魔人探偵脳噛ネウロ ジャンプのマンガとしか・・・
○:少女革命ウテナ 好きな人が周りにいたなあ。
◎:Dr.スランプ すっぱマンが大好きでした。
◎:パタリロ! マライヒは女性だと信じていた若かりし頃。
×:地獄少女
×:エウレカセブン
×:ゼノサーガ
○:新世紀GPXサイバーフォミュラ これも当時人気だったね~
○:ストリートファイター 日テレでやってたよね。
×:かしまし~ガール・ミーツ・ガール~
○:こいつら100%伝説 タイトルだけ知ってる
◎:名探偵コナン そろそろ完結してくれないと置き場が・・・
○:ビックリマン・愛の戦士 ヘッドロココだっけ?
△:ツインシグナル
△:GANTZ 絵だけみたことある
△:ギャラリーフェイク アニメになったような
×:ローゼンメイデン
△:I"s 桂正和はこういう漫画家ですな.
△:サクラ大戦
×:どうぶつの森
×:MOTHER
×:ドカポン ドカベンなら知ってるんだが・・・
◎:こち亀  中川さんが大分壊れたキャラになってるよ。
○:ついでにとんちんかん ヌケサク先生だすね
×:デビューマン
×:ドロヘドロ
×:ガンスリンガーガール
○:寄生獣 今個人的に読んでみたい漫画
○:COWBOY BEBOP 黒猫がこれのパクリとかいってたなあ
×:ぴちぴちピッチ
×:アルプス伝説
◎:帯をギュッとね! 高校時代授業中に全巻読破したなあ。杉が大好きだった。
◎:大相撲刑事! マニアックだ!
×:ハヤテのごとく!
◎:機動警察パトレイバー 全巻持ってた。南雲さんと後藤さんコンビが好きだ。
×:センチメンタルグラフティ
△:機動戦艦ナデシコ
△:スレイヤーズ
△:自由人HERO
×:LOVELESS
△:桜蘭高校ホスト部 要するにホストの話なの? 
△:天は赤い河のほとり 王家の紋章みたいな話かしら?
×:青い花
◎:シティハンター 全巻もってました。
×:純情ロマンチカ
◎:MONSTER 大風呂敷広げすぎてたたみきれてない漫画。
△:幻想水滸伝
△:おおきく振りかぶって これの腐女子ヲタが多いですね。。。
△:RAVE ワンピのパクリとかいわれてたなあ。
×:メダロット
◎:ヒカルの碁 ところでどういう終り方したのかは知らない。
◎:BLUE SEED 2巻以降読んでないのだが・・・。
×:覚悟のススメ
◎:トライガン 途中挫折してしまいました、すいません。
△:セーラームーン プルートはどうするんだろ
×:FATE/stay night
○:ハーメルンのバイオリン弾き
×:ワイルドアームズ
△:爆走兄弟レッツ&ゴー! コロコロでやってたよな
×:コゼットの肖像
×:テイルズ オブ ジ アビス
×:聖剣伝説
◎:幽遊白書 作者はラブコメにしたかったんだろうな・・・
◎:ジャングルの王者ターちゃん ヂェーンはいい人だ。
×:ARZA
◎:世界名作劇場 ポリアンナが大好きです
◎:ジブリ作品 ラピュタとブタがよかった。
◎:気まぐれオレンジロード 超能力者に何の意味が・・・
○:魔法騎士レイアース 主題歌は大好きでした。
◎:アウターゾーン 人形と刑事のコンビの話がよかった。
◎:ドラえもん 私の聖書です。
△:ふたりはプリキュア タイトルからしてロリっぽい
△:家庭教師ヒットマンREBORN! 中身をみたことない。
×:ZONE-00
×:GANGKING
◎:ROOKIES ろくでなしより好きだった。川藤先生~
×:サムライチャンプルー
△:PAPUWA パプワくんの続編なんだよね。
△:HELLSING なんかの映画とごっちゃになってる
△:仮面ライダーカブト
△:ハチミツとクローバー
△:ベルセルク 20ページだけ読んだことあります。
◎:シャーマンキング ラストはしらないなあ。
×:ムヒョとロージーの魔法律事務所
×:金魚屋古書店
×:V-Kカンパニー
×:トリニティブラッド
×:今日からマ王!
△:フルーツバスケット
×:きせかえユカちゃん
×:デルフィニア戦記
×:神戸在住
◎:ジョジョの奇妙な冒険 3部と4部が面白かった。
△:アキハバラ電脳組
×:こいこい7
△:苺ましまろ
×:ゆめのかよいじ
◎:魔法の天使クリィミーマミ なつかし!
△:バタアシ金魚 これの続編がお茶の間だよね
△:銀河英雄伝説 アニメの絵だけ知ってる。
△:xxxHOLIC
◎:ダイの冒険 ゴメちゃんの話は泣けた。あとアバン先生~
×:メタルギアソリッド
◎:MASTERキートン 経歴のすごい主人公ですね
×:カオシックルーン
×:悪魔のオロロン
×:幻燈倶楽部
○:ケロロ軍曹
×:メルヘヴン
◎:GetBackrs 結局超能力なんだ
◎:封神演義 いつかまとめ読みしようかな
○:蟲師 主人公がワンピのサンジにしか見えない。
○:犬夜叉 で、結局オチはわからず
◎:らんま1/2 むっちゃ好きだった。
△:攻殻機動隊
×:シュガシュガルーン
◎:るろうに剣心 人誅編がもうちょっと                             △:SAMURAI DEEPR KYO 絵だけみたことある
○:鋼の錬金術師 読みたいです。
×:あまつき
△:魔探偵ロキ
△:最遊記
○:ホイッスル!コレも腐女子人気あったなあ。
×:ZEGAPAIN
×:サモンナイト
×:課長バカ一代 空手~なら知ってるけど
×:異界繁盛記ひよこや☆商店
×:夢喰見聞
×:学園アリス
×:エア・ギア
×:ギャグマンガ日和
×:ホット・ギミック
×:コンプレックス192
◎:ベルサイユのばら 名作中の名作。古典。
△:ラブ・コン
×:ウミショー
○:よつばと!
△:げんしけん えと要するにオタサークルですよね
△:ツバサ -RESERVoir CHRoNiCLE-
×:エクセルサーガ
×:アウトロースター
×:ひなたの狼
×:スクールランブル
×:ぱにぽに
○:あずまんが大王
×:ARIA
△:マリア様がみてる 「マリみて」と略することは知ってる
×:フルメタル・パニック
×:ちっちゃな雪使いシュガー
×:おとぎ銃士赤ずきん
×:かみちゅ
×:VANDREAD
×:ガンソード
×:灼眼のシャナ
×:パンプキンシザーズ
×:V・Bローズ
◎:3×3EYES 12巻まで読んだ。まとめ読みせねば!
×:銀河戦国群雄伝ライ
○:もやしもん 面白い
◎:無限の住人 仇討ちにはちゃんとケリつけて下さい。
×:シルバー・ダイヤモンド
△:突撃!パッパラ隊
△:彼氏彼女の事情 もう終ったよね。
×:僕は妹に恋をする
△:十二国記 NHKでやってたよなあ
×:キノの旅
△:魔法陣グルグル 絵が可愛くて好きだった
×:彼岸島
×:バジリスク

つ・・・・疲れた。あんまり知らないマンガが増えたなあ。

追加は

「宇宙船サジタリウス」

でお願い致します。(世代がバレるなあ・・・)

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2006年10月27日 (金)

冷静と情熱の精神

高校時代の友人宅にパソコンの手当てついでに遊びに。

教師やってる彼女ですが、あまりの忙しさに精神と体を壊してしまったそうで休職中だとか。ちなみにさらにその医者をやってた友人も体を壊してホスピスに転職だとか。

・・・私の周りはこんな人ばっかのような気がする。

すいません、私はいまだ精神は健康体です。

現代人の精神が弱くなったのか、それとも精神を病みやすい社会になってしまったのか・・・。何にせよ、人の心の手当ての必要性がますます高まっているなあと思う次第でございます。。。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年10月26日 (木)

今更「ハウルの動く城」

ちょ~今更ですが、ようやくハウルの動く城を見ました。ジブリ映画に関しては何年か出遅れるのが私の常。(笑)NZにいたときに映画祭がやっててそこで見ようと思ったら、満席で見られなかったのがそもそも長らく見られなかった遠因。

で見ての感想。

でした。。。

いやまあなんとなく言いたいことは分かるんですが。

雰囲気もいいし、絵もキレイだし。キムタクの声があのキャラならあってるし。

元の物語を全然知らないからかもしれませんが、実際よう分からんのが本心です。もいっかい見たら分かるかなー。

とりあえずカカシとマルクル(?)と荒地の魔女がナイスなキャラなのはようわかりましたが、サリバン先生の手下のキャラはもしや・・・巨神兵・・・?(笑)

宮崎監督、もういちどラピュタみたいな純粋な娯楽作を作ってください、おながいします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月25日 (水)

立ち読み大王

ドーナル・ラニーとソウルフラワーユニオンの伊丹英子氏が結婚してたとはびっくり。アイルランド音楽の大御所みたいな人と・・・!すげえ。

さてさて、本日はお休みなので本屋めぐり。私は雑誌あんまり買わないですが、(たまに日経エンタ買うくらい)立ち読みで部分的に読んでる雑誌は歴史系から週刊誌までぢつは30くらい見てます。漫画雑誌はめったに見ず、たまに読めたらアフタヌーンくらいっす。これも最近わけの分からんオマケがついてるせいで紐がかかってることが多い・・・。まあそんな感じで買ってたらキリないもんで。だから週一回は本屋に行きます。

「週刊日本の100人」を何人分か読みました。この内容で500円台はちと高くない?と思うのですが。学説とかもたいして真新しいのもないしなー。まあカラーで見やすいとか入門的には評価できますが。ちゃんと100人だせるのでしょうか。現時点で40人ちょいまで出してるみたいですけどね。つくづく小学館の人物漫画シリーズ廃刊が惜しい。こっちのほうがクオリティは絶対高いと思います、ハイ。

「歴史街道」はなんと前田慶次郎特集!この人物、小説や漫画の影響もありますが、カッコイイ人物でございます。もちろん原哲夫氏のコメントものっていました。いやー熱い漢描いたらこの人の右に出る人いないですね。あと、お願いだからいつの日か影武者徳川家康もちゃんと完結させてください。w

女性週刊誌はあいかわらず韓流スター特集は必ずありますな。もう飽きたよ。うちのおかんは世代どんぴしゃなのに、おかんの友人はチャングムに夢中だったり、イ・ビョンホン好きだったりなのですがおかん自身全く興味を示さないので、我が家は韓流ドラマは寒流です。(おもんねーな。。。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月24日 (火)

無限の住人20巻&遮那王義経18巻

時代劇漫画の2冊が新刊出たので買いました。

義経は、奥州編が続いてて、源範頼が登場。大河でもそこそこイイキャラになってましたが、(いつのまにかフェードアウトしちゃっけど。)今作でも再評価してほしい人物でございます。源平の活躍は義経の独壇場だと思われてそうですが、バックでしっかり範頼がサポートしてたから義経の戦法が生きたワケで。影で活躍してた目立たない人物のよさってのを楽しみにしておりますです。

無限の住人はやっと「主人公がえんえん牢屋につながれてて実験台状態」というジャンプ漫画じゃありえねえ展開がやっと終りました。いやーアイヌコンビがかっこいいですね。そして久々に万次さんが主人公らしく活躍しました。ここまで主人公が不死身とはいえ、ロクなあつかいされてないマンガもめずらしい。そんな中、以前万次に父を殺された練造が再登場し、万次の腕を持ってあの最凶サドキャラ尸良とともに去っていきました。つか練造が出てきたのって10年以上前ではないですか。作中じゃ1年も経ってなさそうですが。そんな感じで作者の伏線のはりかたに思わずうならされております。次から最終章らしいんでどんな終わり方するのかすげえ楽しみです。頼むから全員あぼーんはカンベンしてください。ありえそうで、イヤだ。

そういやこんだけ長寿連載になって色々な漫画に影響与えたアフタヌーンの看板漫画だったのにアニメ化とかドラマ化とか一切なってないのは逆にすごいですね。まあ実写やアニメにできなさそうな内容ではありますが。

次巻は来年夏頃かな、長いなあ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月22日 (日)

功名が辻「ガラシャの魂」

ヤンクミの啖呵がとうとう炸裂。

キタキタキタキタ━━━(゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚)━━━━ !!!!!!!!!!

サブタイのガラシャより本来は千代の見せ場の回。

笠の緒の文を一豊に届けさせ、石田方からの手紙を封を切らずに差し出すよう指示した有名なエピソードです。その使者に選ばれたのは山梨の県議員の、もとい山長の番頭さん。キョドッてる普通キャラがとてもステキです。さすが引越しのサカイ!

そして大阪方からの人質の申し出をお任せ下さい!と退ける千代。

山田奈緒子ばりのずっこけで大丈夫か?と思わせられましたが。

「私と添い寝してくれるのはダンナ様だけ。ダンナ様のいうことしか聞きませぬ」

なんかすごい理由ですが、原作どおりなこの見せ場。いつ

「私の生徒に手出しする奴は容赦しないよ」

とか

「お前らのやっていることは全てお見通しだ」

とか言わないかハラハラしましたが。w

だってホントにいいそうな雰囲気なんだもん。

訳分からん、ようするにオノロケだろ!てな啖呵に目が点の不破万作さんでございました。結婚できない男では阿部ちゃんに殴られ、仲間嬢にはあしらわれ、ほんとご苦労なことでございます。

一方で壮絶な自害を選ぶ細川ガラシャ。余談ですが、結婚に伴って改姓した日本人女性ってこの人がはじめてらしいですね。トリビア、トリビア。

キリシタンで自殺できないガラシャの自害を手助けしたのは家老の小笠原少斉。

おおっと嶋田久作さんではないですか!帝都物語がなつかしい世代です。(ふ、古い)

ガラシャを刺したあと自らも切腹。ピンポイントキャラながら渋くてかっこよい!ほんとに今年の大河はマニア心をくすぐるゲストキャラを惜しみなく使いますね~。

さていよいよ決戦は関が原!「葵徳川三代」の使いまわし映像がどれだけ出てくるか楽しみです!(邪)

| | コメント (0) | トラックバック (2)

草津線にゆられて

先月結婚した友人宅に遊びに行ってまいりました。

JRで行くのに、一緒に行った人との待ち合わせ場所をビッグマン(阪急線乗り場)だと勘違いしてダッシュ、ダッシュ。

てなわけで。

お昼をごちそうになり、なんだかんだと話ししてまったり。いい感じの新婚さんやってるみたいです。駅から遠いおうちだったので、帰りは奥さんのほうに送ってもらいました。彼女は学生時代、車の免許を取るのにほぼ9ヶ月かかり、仮免とるのに5回(だっけ?)実地試験に落ちた伝説のツワモノだったわけですが。(笑)そんな彼女が運転するということで一同ドコドキでした。以外にも急ブレーキ一回で済んだんですんごい進歩!

ぢつは私もNZのネイピア以降、ほぼ一年運転してないのでペーパーへの道を一直線でございます。運転しないとな~。

おじゃまさまでございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月17日 (火)

月曜更新だった

とくにネタがなくて更新サボるとすぐに大河感想のみブログになっちゃいますわ。

さて先日用事で奈良に行った際、時間があったので久々に吉野まで足を伸ばしてみました。桜の時期は人が多いけど、流石に紅葉もまだのこの時期は休日でも人が少ないですね。昼下がりに行ったのでお土産やさんも早々に閉店しておりました。

ケーブルを使わずに吉野山に登ったのですが、久々に山登って夕方筋肉痛になりました。そういえばランギトト島に行って以来一年近く山に登っておりません。今年の夏も行きそびれたし、「趣味:登山」といえなくなってしまいます。吉野の山はさすがに秋の気配か若干気温が低く感じました。

吉野といえば名産はやはり「葛」。最近葛湯にはまってまして、こっち方面に来ると土産に買って帰っております。トロトロ感が気に入ってます。

061015_1548

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年10月16日 (月)

功名が辻「大乱の予感」

いやー面白いですね。

関が原前の大名の動きと家康の巧みな調略。

そして石田三成につくか、家康につくか、ここが選択どころの山内家。掛川から帰ってきて、年くってもバカップルぶりは健在です。後ろで微妙な表情の新一郎が面白い!

彼らが迷うさなか、戦争を起こすため前田家に目をつけた家康でしたが、見事に肩透かしを食らわされ、お次は上杉家を標的に。さり気に前田家のため人質になったまつ様が会話の中に登場しておりました。

キタ━━━(゜∀゜)━━━ !!!!! ってな感じです。

流石に松嶋菜々子様は出てこなかったですな。つかこの時期のまつ様の呼び名は出家してるから芳春院でわ?ま、としまつファンへのサービスでしょうね。功名が始まる前は、としまつの二番煎じと言われてただけはあります。(邪w)

上杉と呼応して挙兵準備を勧める佐和山の石田三成。上杉の名家老、直江兼続が登場です。あの「愛」の前立ての兜は登場するのでしょうか?前田に直江とくれば、あとは前田慶次郎にも登場願いたいですが、流石にそれは無理ですかね。(^^;

余談ですが、今週号の某歴史雑誌の特集は前田慶次です。

さらにいうと島左近も登場願いたいですが。こっちはまだ関が原で可能性ありそうかな?全国の原哲夫&隆慶一郎ファンがお待ち兼ねなはずでございますよNHKさん。

家康の優勢を見越してお家の安泰のため、堀尾に続き徳川につく決心をした中村一氏。病身を押して家康に対面にきた姿が涙を誘います。この中村・堀尾・山内の東海道の三大名トリオの揃い踏みも中村が没し今回で最後です。中間管理職な感じがでてていいトリオでございました。

来週は久々に登場したとたんあぼーんになるガラシャの最後です。先週の「そのとき歴史が動いた」でもやってましたね。まあ、このために登場したキャラでしょうから。

そして千代のへそくりと並ぶ、笠の緒の手紙の逸話がとうとう登場!

手紙を届ける方は、・・・・・・・またTRICKキャラの人かい!・・・・。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年10月 8日 (日)

功名が辻「三成暗殺」

サブタイの割には暗殺されなかった三成。(そりゃそうだ。)

秀吉亡き後豊臣家の勢力争いが開始されます。

その原因はふんどし一丁で大喜びして天下取りに着手しだした家康。北政所に接近しつつどんどん勢力を拡大していきます。そんな家康の勝手な振る舞いに三成は討伐の決意を固めます。一方三成を快く思わない尾張派の大名は三成暗殺を企て攻撃。

それを大河ドラマの主役、ということで一豊はじめ山内家のメンバーが三成を助けるというつっこみたくなるお話です。が、まあ主役なんで多めに見ましょう。(諦)

三成は一豊に家康打倒の決意を話しますが、どうみても、「これから安芸で自立するために小早川家や吉川家をのっとろうとたくらむ毛利元就が息子の隆元に話しているように」しか見えませんでした。はまり役とは恐ろしいものでございます。

千代もそんな家康か三成かの時代の流れに注目しますが、一豊にどちらにつくかと問われた答えは

「じっくり見極めます」

ダメじゃん・・・orz

その旦那様に情勢を話すシーン、相変らずバカップルぶりがほほえましい。

ところでたまには六平太に自然現象を伴わないで登場してもらいたいですな。今回のテーマは雷でございました。

いやはや西田家康のタヌキっぷりがいい感じですわ。津川家康のインパクトが強いですが、負けず劣らずいい味だしてます。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2006年10月 6日 (金)

朝ドラ「芋たこなんきん」

純情きらりの次の朝ドラは「芋たこなんきん」

前作とはうってかわったコテコテの大阪風味のドラマです。

藤山直美さんはおそらく朝ドラ史上最年長の主人公ではないでしょうか・・・。

今まで新人のヒロインがドラマの中で成長していく姿を本人の演技の成長とだぶらせて見守っていくというスタイルではなく、純粋にドラマで勝負していく感じですかね。出演者もほとんどが関西弁ネイティブの役者さんってことで大阪へのこだわりを感じますね~。

関東の人には何いってんのか聞き取れないという苦情も某掲示板でみかけましたが。。。大阪人としては変に全国に分かるように変えた大阪弁よりは全然オッケーです。

作家の田辺聖子さんの半生をモデルに、ふつーにコメディーな感じに味付けされてて面白いです。あと食べ物食ってるシーンが多くてうまそうっす。そして何気に過去の朝ドラヒロインが2人も出てる!

タイトルの芋たこなんきん、女の子の好きな食べ物ということですが、私も例外ではございません。ちなみに我が家はふかしいもがおやつになることが多い・・・(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月 1日 (日)

功名が辻「秀吉死す」

バイト先の研修で、昼前から7時前までずっとセミナー行ってました。長時間座りっぱなしでお尻が痛かったっす!

さて今日の功名が辻のみどころは

・おもらしとお口が臭くとうとう死んでしまった秀吉

・カメオ出演の唐沢さん@前田利家

・汚いふんどし姿のギャグ担当浜ちゃん@家康

・呪いの呪文「は よ 逝 き な さ れ」を唱える市のモノマネがうまい淀。

・最後まで唯一の秀吉の理解者の寧々

・美人な康豊の奥さん

・ほんとにいいお母さんの多岐川叔母上

・据え膳食えない真面目な一豊さん

・やきもち焼きがかわいいいつまでも少女っぽい千代(そろそろ40歳くらい)

・秀吉の棺おけを涙ながらに見送る元就。石田三成。ワシャノーとぼやきを言いそうな気がしてなりませんでした。

・久々に出た「話は遡るが」

いやーそれぞれに見せ場があって面白かったです。でも食事しながら見るのは微妙な回でございましたね。淀殿と北政所の大奥チックな対立もろうそく照明効果とあいまって怖さ倍増。永作さんの淀殿はいいっすね~。さすが元ribbon!(関係ないか・・・)

一豊に側室を世話しようとして、妄想にやきもちをやく千代が小枝振り回してえいやえいとやってるシーンは同じ大石静さん脚本の「私ってブスだったの?」の松田聖子のバット振り回しシーンのオマージュなんでしょうかねえ(笑)これを思い出したの私だけでしょうか・・・。ちょっと古いか。。。

今週で男性陣が一気に老けてましたが、女性陣の老けなさっぷりはいいんでしょうか。まあ原作でも千代はまだ20代後半に見えるとか、北政所も年より若く見えるという設定でしたが。。。まあ70歳で全く老けずに木に登る女主人公もいたことですし、この辺はスルーすべきですかね。(笑)

歴史モノとしては?なところが多々ありますが、ドラマとしては面白いです。今年の大河。テンポがよく飽きずに見てられるあたりがよいですね。そのせいでブチ切りなシーンが多いのは否めませんが。

そんな感じでいよいよクライマックスに突入!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月30日の日記

今日のやったこと。ホントに日記らしく書きます。

7:30~45 「純情きらり」の最終回を視聴。

ラストの子供へのメッセージでこのドラマを通して言いたいことはわかったけど、朝からこんな鬱展開でいいのかって終り方ですね~。うちのおかんはこの展開にお怒りでした。抗議の電話多かっただろうな・・・。まあ最初からこのラストは変えないという制作側の強固な意志を感じましたのう。でもやっぱり朝ドラはハッピーエンドがいいなあ。なんかふたりっ子の最終回を見たときのような微妙さを感じました。

8時半くらいまで 朝メシ食べて、家の掃除。

9時~12時くらいまで 民法と労働法のややこしさにキレる。

12時 ラーメンの昼ごはん。

13時 携帯の機種変更に富田林のボーダフォン、もといソフトバンクのショップへ

13時半~14時 機種変更の手続き、店の兄ちゃんがどんくさかった。新人?

14時半~16時半 図書館で刑法の勉強。おかしな判例に笑う。

16時半~17時 データ移行のため携帯を引き取りに行く。2時間なら十分とか言われて2時間後にいったのに、さらに30分も待たせやがって!客に待ち時間告げるときは長めに言えよ!待ち時間長かったら帰られてしまうレストランじゃないんだからよう!

17時半 帰宅

17時半~19時 夕食の準備の手伝いと食事、片付け。

19時~20時半 政治学と民法の勉強。

21時~22時過ぎ ドラマ「クライマーズ・ハイ」をみる。

評判がいいので再放送らしく、見てみた。日航ジャンボ事故の話で重い内容。でも骨太で面白かった。土合駅が冒頭に出てきてあの階段を思い出しますた。486段かあ。。。

22時過ぎ~22時半過ぎ お風呂。

23時~ 民法の勉強。今日のノルマ分の勉強を終え現在に至る。

まあこんな普通の休日でしたね。いたって普通ですな。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »