« 人が多いよ嵐山 | トップページ | もう師走 »

2006年11月26日 (日)

功名が辻「種崎浜の悲劇」

会議で遅くなっちゃいました。生徒への年賀状用の写真撮影、ということで珍しくスーツ出勤。やたらからかわれておりました。黒のストッキングは杉本彩ばりの・・・ってなんやねんな。。。

さて、今日の功名。

六平太が死にそうなのは感じてましたが、まさか新一郎まで亡くなるとは予想外!!

(。´Д⊂)うぅ・・・。 胤舜~

山内家の土佐平定を語るにおいて、欠かせない種崎浜の虐殺です。

旧領主がその地生え抜きだったという土地に、新しくきた統治者がすんなり治めるのは難しい話。佐々成政も肥後の反乱のせいで切腹になったし、簡単にはいかないのは今も昔も同じですね。

統治に苦労する一豊に全てのドロをかぶるつもりで、六平太がニセの相撲大会を開いて、一領具足の頭領クラスを呼び寄せ、そこで全員殺すことを提案。一豊も迷った挙句、その案を採用。反対しそうな千代を築城現場に連れて行き、それを不審に思った千代が浜に駆けつけたとき、全ては終った後でした。

そして六平太は全てが終ったと自ら命を絶ちます。千代の腕で絶命するという願いだけはこうしてかなえられたのでした。切ない漢でしたね~。原作どおり、幻術レイ(ry

一人重厚さをかもし出してた香川さんの最後に拍手~。

ウワァァ━━━━━。゚(゚´Д`゚)゚。━━━━━ン!!!!

そしてそんな残酷な仕打ちに首を振った一豊に対し、反発する千代。

出た言葉は

「お暇をいただきとうございます。」

流行の熟年離婚の危機でしょうか?

夫に向けた千代の冷たい目は迫力ありました。いや~仲間嬢、この一年で演技上達したんじゃないでしょうか。これでどうせ来年あたりに放送予定であろうごくせんパート3のタンカもパワーアップ間違いなし!(w

今のご都合主義NHK大河じゃ、功名は土佐入国でめでたしで終ると思いましたが、架空の人物である六平太が発案したことにしたとはいえ、このダークな部分をちゃんと描いたのはGJ!だと思いました。やればできるんだNHK!(珍しくベタ誉め)

残すところ、あと2回。寂しくなりますねえ。

そして大河レビューは全話完走なるか!?

|

« 人が多いよ嵐山 | トップページ | もう師走 »

コメント

黒のストッキングは反則やなぁ(^_^;)

投稿: しゃる | 2006年11月28日 (火) 08時06分

>黒
いや、先週、ラジカセを足の上に落っことして。
おかげで足が紫色にはれちゃって、
それを隠すための黒よん。

投稿: rin2@吟遊詩人 | 2006年11月28日 (火) 23時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127690/12838108

この記事へのトラックバック一覧です: 功名が辻「種崎浜の悲劇」:

» 功名が辻〜山内一豊、非情なる決断! [一言居士!スペードのAの放埓手記]
功名が辻ですが、今回は凄かったです。まさしくこれが大河ドラマという感じの緊張感で、途中からは全部泣けました。 種崎浜の悲劇が題名ですが、私はそういう浜があることも知らなかったので、いろいろ驚きましたが、まあ一言で言えば、山内一豊が卑怯な騙し討ちで、土佐の長宗我部の残党を虐殺したわけです。(功名が辻の感想、以下に続きます)... [続きを読む]

受信: 2006年11月27日 (月) 17時06分

» 功名が辻のすばらしさを語ろうの会 この世は。。。 [長江将史〜てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ]
功名が辻があまりにもダークなので、世界バレー男子に家族で熱狂しているてれすどん2号です [続きを読む]

受信: 2006年11月28日 (火) 19時49分

» 「功名が辻」第四十七回 [リリコ雑記]
今週は「種崎浜の悲劇」。弾圧される側も悲劇。統治する側も悲劇。(;;)そして、さらば六平太!千代への愛を胸に!!って、旦那への愛はどうした千代ー!! [続きを読む]

受信: 2006年12月 3日 (日) 17時01分

« 人が多いよ嵐山 | トップページ | もう師走 »