« 一番おいしいラーメン(私的) | トップページ | たっ達彦さんっ »

2006年12月10日 (日)

功名が辻「永遠の夫婦」

とうとう最終回がやってまいりました。そういえばワタクシ、大河の最終回を日曜8時のリアルタイムで見るのは武蔵以来です。

前回分の感想で最終回予想、というより過去の大河の悪しき最終回を羅列してみましたが、(w 今回は、ある意味それを上回る、というより過去の大河のオマージュっぷりがすげえ最終回でした。

脚本の大石さんは第一作目からの大河を見ている大河ファンなそうで。

で、感想を一言で言いますと、

「受信料払ってね」

ということですね、NHK(○´∀`○)ノ

・・・

+.((人д`o)(o´д人))゜す、すいません。

理由はラストシーンから。てなわけで感想。

一豊は脳溢血(?)で倒れ、半身不随に。ちなみにうちの亡くなったばあちゃんも脳溢血で半身不随になり、寝たきりになってしまい、数年後再発してなくなりました。

以上余談。(司馬先生風に)

そんな不自由になった一豊の元にやってきたのは元今井兼平(@義経)な徳次郎君。千代を困らせた悪ガキは立派なお医者さんになってまして。お父さんのボケ進行中な新右衛門も息子が立派に育って嬉しい様子。なんとか歩けるようには復活した一豊の下に、久々登場のズラ刑事もとい堀尾吉晴。中村一氏亡き後の中村家の相続問題への干渉を相談しにやってきます。しかし、土佐での安定を望む千代は反対。なんだかロハスな生活をしようとする最近の熟年夫婦を思い起こさせますね。

家康は息子、秀忠に将軍職を譲ります。秀忠役は中村梅雀さん。

゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚ <キター

ハイ、八代将軍吉宗の家重役ですよ、西田家康との親子役再現再びですよ!

「ふれいをほうすな!」(無礼を申すな)

って言いそうでしたが、秀忠は普通の人です

が、

緊張して喋れない辺り、家重入ってますね。狙ってるな~~。

徳川の磐石を確信した一豊は、今後、山内家は徳川の家臣として生きていくことを宣言。そして、現代まで山内家は続いていくのです。その宣言ののち一豊は再び倒れます。

死期を悟った一豊と思い出を語る千代。寝ぼけている新右衛門はじめ、心配で別室で控えている山内家臣団がおもしろい。ほんと、みんな癒し系メンバーだったなー。最後は夫婦二人きりにさせてあげようとしているところが主人想いです。

「もっと生きて日の本一の夫婦になりましょう」

一豊をはげます千代のこのやりとり、ホロリとさせられます。

そして、源頼朝と北条政子(@「草燃える」(いやこれは歴史書記述の史実らしいんですが。))の別れのシーンと同じく末期の水を口移しで飲ませる千代。

どうみてもキスシーンだよね。

っていうかキスシーンだよね。

っていうかキ(ry

キャハ━━━━(#゚ロ゚#)━━━━!!!!!!!!!!!!

最終回にきてこんなんやるとは!流石ふたりっ子の作者!(違

大河でキスシーンみたのってそれこそ草燃えるの総集編くらいです。

でも全然いやらしくみえない、どころかすごく綺麗なシーンでした。

そのまま千代の腕の中で静かに亡くなる一豊。(カミソリを飲ませたのか!千代!)

何も言わず、悲しみの顔でダンナを抱きしめる、千代。

泣けます。

泣けます。

(ノД`)・゜・。

朝、泣きつかれてそのまま遺骸の側で眠っていた千代が目覚めて、一豊の死をリアルに感じて初めて慟哭します。

。・゜・(/Д`)・゜・。うわぁぁぁぁん

40年以上連れ添ったバカップル夫婦の別れでした。

BGMもなく、静かな二人の別れ、この演出ステキです。余韻があって泣けました。

時は流れて、出家した千代はようやく史実で分かっている出家名「見性院」を名乗ります。京都へ移り住んだ千代は北政所の使いっぱしりとして豊臣家存続へ向けて暗躍していたのでした。

としまつ最終回のパクリなのか、堀尾未亡人、中村未亡人がそれぞれ出家姿で千代と語り合います。若かりし頃のメンバーが出てきてズンドコダンスしないかと、心配で心配で。(違

とうとう豊臣と徳川の戦が勃発。やや駆け足な展開ながら、最終的には大阪の陣で破れ、(三宅アナのナレ大活躍!なんだ、あの滝は!?)

淀が大野治長(だよね?)に殺される、という新説の元、

誇り高き淀は、その波乱に満ちた生涯を閉じます。

そして大阪城とともにドッカン

白馬が出てこないかとヒヤヒヤしました。

ラストはちょっと展開早すぎてもったいなかったですが、最後までダークな永作さんよかったです。また大河出てください~。ヽ(・∀・)ノ ワチョーイ♪

大阪城の落城と乱世の終焉を北政所とともに見届けた千代は、最後にお遍路に旅立ちます。(んなアホな!)旅立つ前に千代が拝んでいたお堂、どっかで見覚えが・・・・

お堂が出てくるといつドッカンといくか気が気でなりませんでした。(去年の最終回のトラウマが・・・・

いつしか千代は一豊と出会ったあの川へ。出会いのシーンが再現されました。馬場ちゃん(@女王の教室)が千代になってました。お互い名乗り名前をそろって書く演出がニクいですね~。

海辺を歩いている千代はいつしか若い頃の姿に。一豊も若い姿で現れて千代をおんぶして歩いていきます。いつしか臨終の時を迎えた千代を一豊が迎えにきたんでしょうね。

綺麗な海辺のシーンで、この物語は幕を閉じたのでした。

・・・海辺で主役コンビが去っていくといえばトリッ

昨年、一昨年と志半ばで亡くなってしまう主人公だったので、今回は畳の上で安らかに亡くなるという安堵感がありました。その分悲劇的な悲しさはありませんが、見終わってじんわりくるいいラストだったと思います。

最後に出てきた山内夫妻の墓、戦国一のバカップルというにふさわしく同じ大きさで並んでいるのは本当に仲が良かったんでしょうね。

最後までホロリさせられました。いい夫婦だったなあ。

仲間&上川コンビがこれ以上ないくらい、爽やかなバカップルに嵌ってて、ほんと脇の人たちも良かったですよ。

いやー皆さん一年間お疲れ様でした。

・・・

・・・・

ちなみにNHKの「受信料払え」ポスターが、

このラストシーンの千代を一豊がおんぶしている図なんで。

大河のラストで受信料払えを思い起こさせるとは!NHKのたくらみはすごかった!

うちはちゃんと払ってるぞ!!!

以上、余談(司馬さん風に再び)

さて、来年の風林火山の映像を見ましたが、

なんか、武蔵の雰囲気と似てるなあ・・・。そういえば武蔵の前は同じ戦国夫婦物のとしまつだったし。※私の中で武蔵はイマイチ大河の代表格。(w

でも今川家とかちゃんと描くみたいなんで、ガックン謙信とともにちょっと興味がわいてきました。

てなわけで一年間感想コンプリートできました!!!!!

おつきあいくださった方、ありがとうございます!

|

« 一番おいしいラーメン(私的) | トップページ | たっ達彦さんっ »

コメント

回想の多い最終回で、よくこんだけ書けるなぁと変に感心してしまいました(笑)
「としまつ」に引き続き千代先生は昔の「尾張思い出の地巡り」。木の上の上らないかどうかヒヤヒヤ(^^;)
そいえば、寺かなんかの壁際を歩いているシーンで、林の向こうに見えた青いのは何だ?工事用のブルーシートかぁ!?とか思ってしまったんだけど。。。単なる蒼井そら、、、ではなく空だったかなぁ。
確かに大野治長が淀を刺すというのは新説か~!?
それにしても。ついにまさみんは登場しなかったなぁ。ザンネン・・・。六平太が小りんを抱いて「助けてくださ~い」なんて、ということもナシ(笑)

投稿: マサル@昼休み中 | 2006年12月11日 (月) 12時09分

こんばんは

これまで本当にお世話になりました。

そしてお疲れ様でした。

泣ける最終回でしたね。

大河は終わりですが、今後ともどうぞ宜しくお願いします!!

投稿: 「感動創造」 | 2006年12月11日 (月) 23時46分

>マサルさん
思ってたより回想少なかった気がします。武蔵なんか半分以上回想だったような・・・。(^^;
まさみんは客寄せ的な役回りでしたね。去年のウエッテイみたいな。次回大河登板の際は、もっといい役でと願います。
>>セカチュー
ぢつはまともに見たこと無いんですが、なんかネットでラストの浜辺を行くシーン、セカチューみたいって感想をあちこちで見かけましたが、そうなんですかね?
何はともあれ大河の最終回で
工エエェ(´Д`)ェエエ工
とならずに、
(´∀`)<ジンワリ
と見れたのは徳川慶喜以来かも・・・。
新撰組は(ノД`)・゜・。 でしたが。

>感動創造さん
ども、お世話になりました。
おかげで一年間楽しく見ることができました。
めずらしく、うちの50代の父が全回見てまして、上の世代でも楽しく見てられたのかなーと思います。
今後とも宜しくです。

投稿: rin2@ニセ吟遊詩人 | 2006年12月12日 (火) 13時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127690/13018851

この記事へのトラックバック一覧です: 功名が辻「永遠の夫婦」:

» 功名が辻のすばらしさを語ろうの会閉会のことば  わかったわかった。 [長江将史〜てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ]
最終回までもゆっくり観れずに記事更新も遅れてごめんなさい。でも、こうやって家帰ってビデオ観てレビューできてることが今の僕には奇跡的だったりします。やはりこれも、今までみなさんと功名が辻レビューし続けてきたことが起こしてくれた、必然の奇跡なのでしょう。 [続きを読む]

受信: 2006年12月11日 (月) 03時02分

» 功名が辻〜最終回・千代と一豊! [一言居士!スペードのAの放埓手記]
功名が辻ですが、とうとう最終回で終わってしまいました。一年も早いものです。今回は一時間で、千代(仲間由紀恵)と山内一豊(上川隆也)の最期と、豊臣滅亡なわけです。主に主役二人の方を中心に、過去の回想も交えて絞った感じですが、功名が辻最終回良かったと思います。(感想、以下に続きます)... [続きを読む]

受信: 2006年12月11日 (月) 16時40分

» 功名が辻第四十九回「永遠の夫婦」〜一豊・千代に八千代に・・・ファイナルまとめ〜 [「感動創造カンパニー」城北の部屋!仕事も人生も感動だっ!]
さらば一豊&千代! 皆様 一年間ありがとう! 感動創造カンパニー高知城にて [続きを読む]

受信: 2006年12月11日 (月) 23時58分

» 功名が辻 [Fere libenter homines id quod volunt credunt]
最終回「永遠の夫婦」 豊臣家も一豊夫婦も消え去るのみ。全ては最終回。 滅ぶ豊臣家に特集。 「桐一葉、本当に落ちるしかなか [続きを読む]

受信: 2006年12月20日 (水) 21時14分

« 一番おいしいラーメン(私的) | トップページ | たっ達彦さんっ »