« 今更U2のアルバムと日記 | トップページ | 家族がふえた連休 »

2007年2月12日 (月)

風林火山「仕官への道」

今も昔も障害持ちは就職が厳しいというお話。

隻眼かつ足を引きずる勘助は今川に仕官しようとしますが、義元に嫌われ、就職できませんでした。じゃあ北条に!ってことで静岡県から神奈川県まで馬でひとっとび!新撰組のときといい、谷原さんは冷酷キャラが似合いますね!現代劇ではあんなに愛すべきバカキャラなのに。(^^)

大衆演劇の名優松井誠さん演じる北条氏康に家中の裏切り者を密告することで就職しようとします。(舞を舞うシーンはファンのオバさまへのサービスショットと見ていいですかいのう。)が、とっくにそれは見抜かれておりさらに花倉の乱で落ち延びた福島の息子に今川の家臣だと言われてとっつかまる始末。つくづく不運な主人公でございますね!

一方武田家では晴信へ京都から三条夫人(池脇千鶴)がお輿入れ。妖怪八重様のかわりに乳母は浅田美代子さん。なんか京都のお公家さんの娘?とはイメージがあわず、板前やってる某朝ドラの印象がつよいですねい!まあ先になるとどうなるか分かりませんが。。。武田信玄(19年前)の配役イメージが強くてまだピンとこないっす。でも小汚いおっさんばっかりの画面だったので若い娘が出てるだけで絵面が和らぎます。せめて女の子なんだからOPの「花」のとこに置いてあげてくださいな!

ところでガクト謙信と由布姫はいつ出てくるんですかね~。

・・・そういえば川中島の戦いで勘助が戦死するはずだから、謙信の名前って「政虎」のハズなんですがどうするんだろ・・・。

|

« 今更U2のアルバムと日記 | トップページ | 家族がふえた連休 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127690/13877780

この記事へのトラックバック一覧です: 風林火山「仕官への道」:

« 今更U2のアルバムと日記 | トップページ | 家族がふえた連休 »