« NEET満喫な1日 | トップページ | 風林火山「勘助討たれる」 »

2007年3月 3日 (土)

弥生な日の1000回

朝からちらし寿司作りな我が家。今日はこち亀の両さんの誕生日、もとい桃の日です。

まあそんなん関係なく今日もバイト。

トレイに入ってた専任さんからの引継ぎ書にあぜんとさせられましたよ。

(;´Д`) うぅっ。<プリント整理と英作文の添削

仕事押し付けた良心の呵責か、せんべいが一枚一緒に入っておりました。帰宅時間が2時間遅れました。ふっ。仕事多いなあ、おいら。

話変わって、今日は世界ふしぎ発見の1000回目だったそうです。

小学生から見続けてますが、今年で22年目だとのこと。よくこんなにネタがもったものだと感心します。以前某公共放送局のディレクターさんと話をする機会があって、「ふしぎ発見だけはどうしてもウチがかなわない番組だ。」とおっしゃってたのを思い出しました。確かに、ミステリーハンターの人選といい、海外ロケの演出といい、教養番組でありながらバラエティー番組という、堅すぎず軽すぎず、多少いろいろいじってるうさんくさい部分もあるんでしょうが、それでも世界中の歴史や文化、慣習など勉強になる部分と、海外擬似旅行を同時に体験できるという民放だからできる番組だなあと思います。テレビ番組の質が低下してるなあ、とえらそうにいえる立場でもありませんが、民放だからこそ堅くならずにできる教養番組をもっと作ってほしいなと思います。

そいや、去年の竹内海南江さんの講演会行きたかったなー。

1000回目の今回はタンザニアのオルドイニョ・レンガイという山、ミスハンの登山がかなり苦しそうでしたが、よく頑張った!と拍手を送りたい気分でした。高さ的には2900mと甲斐駒レベルだそうですが、登山道の厳しさはすごいかったです。の、のぼりてえ~。

|

« NEET満喫な1日 | トップページ | 風林火山「勘助討たれる」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127690/14119679

この記事へのトラックバック一覧です: 弥生な日の1000回:

» 真実を見分けるのが教養(永六輔) [お金はないけど知恵なら少し]
「永六輔その新世界」に、「テレビは嘘になれきっている」という題で「真実を見分けるのが教養」という記事があります。一部を要約すると、 『テレビのレポーターがカメラに向かって 「一人になってしまいました!」というが、  カメラも照... [続きを読む]

受信: 2007年3月 4日 (日) 21時41分

« NEET満喫な1日 | トップページ | 風林火山「勘助討たれる」 »