« むげにんとか拷問とかその他漫画 | トップページ | お不動さん »

2007年3月26日 (月)

風林火山「勘助仕官」

連続投稿でお送りします。ブログはテーマ毎のカテゴリに分けてるので出来るだけ話題によって分割投稿していきます。

で、今週の見所。

オヤカタサマからステキな直垂を頂いて喜びの絶頂の表情の勘助。

゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚<ヤター

もうホントにホントに嬉しそう。よかったねー。齢42歳にしてやっと就職できて。

なんか、私の身にもつまされる思いでございます。

策をめぐらし、板垣信方と渡りをつけ、就職にこぎつけたわけですが、なんか斬られ損な青木さんが不憫でなりません。さて、もらった直垂を着て武田家臣団の重役との対面にやってまいりましたが、どうも皆さんからはどこの馬の骨かよ!ってな冷ややかな視線。

隻眼で片足引きずってますから、当然といや当然。丹下左善じゃないしね。

挙句の果てに剣術の腕に関して大嘘(?)ぶっこいてしまい、それを「誠かどうか試そうフフフ・・・」という甘利@竜雷太の悪役ニヤリ顔に、立合いに連行される始末。なんとか避けようと「真剣でならやるぞこらぁ!」とハッタリをかましたものの、現れた晴信に「じゃあ真剣でやってみな!」と発破かけられ、ムチ打ち大好きな鬼美濃さんと真剣で勝負する羽目に。さらに状況が悪くなるっていうか自ら墓穴を掘る勘助がステキ。彼は天然ギャグキャラなのか??

晴信が試そうとしているのがミエミエですな。

|

« むげにんとか拷問とかその他漫画 | トップページ | お不動さん »

コメント

お久しぶりです☆
やっと仕官できるのね!って思いました。
晴信さまの器の大きさばかりが目につき
勘助さんはいつになったら軍師らしいこと
してくれるのかしら。。。と毎回
じらされてます。
でも、結構「風林火山」気に入ってます。

投稿: つぐみ | 2007年3月26日 (月) 23時38分

>つぐみどの
ご無沙汰にござる。
>>やっと仕官
なっかなか就職できないかわいそうさが漂ってましたからね。ようやく!って感じで。(^^)
原作は読んでないんでどっから活躍すだすのかなーとガクト謙信の登場と共に楽しみです。まあ一年の長丁場で、どんどん軍師として勘助が成長していくのかなーと思います。いやー予想外に面白いですね。風林火山。

投稿: rin2@ひさぽん | 2007年3月27日 (火) 11時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127690/14407580

この記事へのトラックバック一覧です: 風林火山「勘助仕官」:

» 風林火山〜第12話・山本勘助、武田家仕官! [一言居士!スペードのAの放埓手記]
風林火山ですが、やっと主役の山本勘助(内野聖陽)、武田家に仕官します。最初は、信虎追放後の武田信玄(晴信・市川亀治郎)の所信表明演説から始まります。 晴信は、自分が間違っていたら諫言して、それでもダメなら追放してもよいなど気前のいいことを言い、その上で俺に従えと言うわけです。そして、「御旗盾無もご照覧あれ!」という武田家に伝わる呪文をみんなで唱えます。(風林火山、第12話・勘助仕官の感想、以下に続きます)... [続きを読む]

受信: 2007年3月26日 (月) 17時08分

« むげにんとか拷問とかその他漫画 | トップページ | お不動さん »