« 風林火山「孫子の旗」+election | トップページ | 季節の変わり目 »

2007年4月10日 (火)

たまには字ばっかの本とか

面接等で「好きな作家は?」と聞かれれば「司馬遼太郎」は必ず入れて答えておるワケですが、(ちなみに堅そうな場では「坂口安吾」と「ニーチェ」と答えてます。)ぢつはワタクシ、司馬先生の作品なら誰でも知ってる代表作であるはずの「坂の上の雲」と「竜馬がゆく」だけは読んだことがないんです。しかも両方うちに全巻あるのに!(おじさんとオヤジが買った)(^^;

ちなみに初めて読んだのは10年前に読んだ「功名が辻」。その次が「夏草の賦」だったかな。。。

例えれば藤子F不二雄ファンといいつつ「ドラえもん」と「オバQ」を読まず、「エスパー魔美」や「パーマン」を先に読んでるようなもんですかね?

てなわけで、やっとこさ「坂の上の雲」を読み始めました。明治中期の伊予から出た秋山兄弟と正岡子規の3人の人生を辿った小説ですが、流石、司馬作品の傑作とまで言われるだけあって面白いです。で、人物が出てくる度にその人物の余談に話が飛びまくるあたり絶好調です。読み終わったらまた感想でも書こうかと思いますが、「写真が残っている以降の時代」に興味がなかったのですが国際情勢や、なんとかして近代化しようと必死な日本の姿があるこの時代も面白いと思えるようになってきました。年齢と共に読むものの嗜好も変わってくるもんだなあと思います。

---------

ところで

「ヤッターマン」まで実写ですか。もーどーにでもしてくれって感じです。主人公よりドロンジョをどうするかがカギかと。真の主役は彼女。どう考えても彼女。反論は受け付けません!(力説)

ちなみにドロンジョの声は小原乃梨子さん(旧のび太の声優)なのはトリビア?

|

« 風林火山「孫子の旗」+election | トップページ | 季節の変わり目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127690/14635572

この記事へのトラックバック一覧です: たまには字ばっかの本とか:

« 風林火山「孫子の旗」+election | トップページ | 季節の変わり目 »