« 風林火山「運命の出会い」 | トップページ | 検索ワード »

2007年4月24日 (火)

緑の中を歩いてみる

仕事が終って役所を出る時間帯は、帰りの電車の接続が悪く、待ち時間が長いので、思い切って次の乗り換えの駅まで2駅分、歩いてみました。最近長い距離を歩くということをしてなかったのですが、某古墳や某神宮を片手に夕暮れどきの奈良を歩くのはいいもんです。40分くらい歩いて丁度いつも乗り換える急行が出る時刻に到着しました。芽生え始めた新緑がいい感じでございました。歩いてダイエットにいそしもうかと画策してます。

就職して気をつかってやせるかなーと思ってたのですが、そんなに気を遣うこともなく、やせません。(ノД`)・゜
課の先輩方や上司から「落ち着いてるよねー」と言われる始末。色々な場所や環境を転々とした経験からか、知らない人の中に行くことに慣れてしまい、環境の変化に対して鈍感になっちゃったみたいです。デブのヲタOL路線にはならないようにせねば。ヲタは辞めませんので。やっぱ流行のコスパ行くべきかねえ?

--------------
話変わって。

いつの間にかBonniePinkが復活してる・・・。この人10年くらい前にデビューして、いつの間にか消えてたのに。事務所かレコード会社でも変えたのかな。Heaven's Kitchenとか好きだった隠れファンでしたが、今更オリコンチャートに入ってくるとは!こういう売れ方するのって珍しいっすね~。外人に髪の毛染めてたのを「おかしい」と言われて黒髪にした話はすんごい納得。日本人は黒だ!黒だ!髪は黒にせい!(茶髪撲滅派w)

|

« 風林火山「運命の出会い」 | トップページ | 検索ワード »

コメント

Bonnie Pinkはちょっと前から復活してますねぇ。
「A Perfect Sky」あたりから勢い付いてきていますw

投稿: わい。 | 2007年4月24日 (火) 22時13分

体重がやせないのは私も一緒。体重がやばし!!

投稿: バスケ☆ | 2007年4月24日 (火) 22時20分

日本人は黒だー。(笑)
私は美容院の人に、髪の色変えないんですかって一時期何度も聞かれましたよ(~_~)
ウィーンに旅行したとき、黒髪さいこーって感じだったので、この色は手放せないって思ってます。

(あ、でも髪の色、髪型は個人の自由だと思うので、日本人という理由で黒髪に強制すべきだとは思いません。)

あと、最近ではアイプチ(アイテープ)の仕方がYouTubeにあり、欧米と思われる人らから、
なんで二重にすんの、ばかげてる、欧米の真似しなくていいじゃん、
とのコメントがありました。

(確かにそうだけど、ばかにしてるのは、あんたらちゃうんかと思ってしまいましたよ。)

投稿: しゃる | 2007年4月25日 (水) 09時03分

>わい。殿
たしか「完璧な空」で去年の紅白出てましたよね?
ラップもどきや色物歌手が多い中、普通の歌手としてがんばっておりますな。

>バスケ☆殿
スポーツやってると筋肉つくから、体重はなかなか減らないっすね。筋肉って重いらしいから。しかし、それが脂肪に変わったときが地獄w

>しゃる殿
なんでもかんでも西洋のマネしてよし!てのが大昔から続いていてそれが滑稽に見えてしまうのがイヤなんですよね。まあ何色にしようが自由なんだろうけど、それが自分のアイデンティティーの確立になってんのかと問われれば大半がそうではないんですよね。

投稿: rin2@ニセ吟遊詩人 | 2007年4月25日 (水) 20時22分

俺の家から職場まで歩いて40~45分だから、ちょうど神宮前まで40分くらいですかね。
今度図書館寄って帰るときに歩いて帰ってみよ。
前は御陵前から電車乗ったし。
ちなみに役所から万葉ホールまで10分くらいでした。

Bonnie Pinkはエビちゃん効果もあり、ブレイクしましたね。
2003年の春に難波ハッチに、友人に連れられてライブに行ったときにはこのままマイナー路線を歩んでいくと思ってました。
恐るべしエビ効果です。

投稿: ゲーリー | 2007年4月25日 (水) 23時19分

思ってたより神宮まで時間がかからなかったです。
しかし通った道が、寄り道できるような
ところがなかったのが寂しいです。

>>Bonnie Pink
あ~エビちゃん効果か~。
ちなみに私は過去、エビちゃんと押切もえの区別が
つきませんでした。(笑)

投稿: rin2@ニセ吟遊詩人 | 2007年4月27日 (金) 06時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127690/14834477

この記事へのトラックバック一覧です: 緑の中を歩いてみる:

« 風林火山「運命の出会い」 | トップページ | 検索ワード »