« Swin' dat hammer | トップページ | 緑の中を歩いてみる »

2007年4月22日 (日)

風林火山「運命の出会い」

はい、サブいサブタイトルですね。もう勘弁して下さい。運命って。
今更ながら井上靖氏の原作の概要を知ったのですが、なんだか去年以上にロマンス満載な話なんだそうですね。しかもバカップル夫婦にもなんないから余計始末に終えません。PRIDE並に男祭り大河だと思ってましたが、そうではないのでございますね。まあいいや、それはそれで。てか突っ込みやすいのでもっとやって

のっけから参院の補欠選挙結果のテロップで始まりまして雰囲気ぶち壊し!(w)

前回の諏訪攻めの続き。降伏した諏訪頼重は甲斐に連れてこられ、再度の同盟を持ちかけますが、切腹に追い詰められます。器量が晴信にはるか及ばなかったのが無念でしたが、諏訪の将来を勘助に託し、潔く腹をお召しになります。切腹シーンで介錯人がいないのはいいんですかいの?首斬ったほうが楽じゃねーか?と突っ込みましたが。奥さんの桜井さっちゃんと別れを予感しながら手をつなぐシーンが泣けました。
どうでもいいですが、桜井幸子さんは不幸な役がおおいですねえ。頼重の死を知ったシーンでの号泣は往年の名作ドラマ「高校教師」の公園で真田広之の慟哭を聞いているシーンを思い出してしまいました。ハイ、これがすっと出る人は、私と世代が同じですね?ねえ?BGMは森田童子でお願いしますよ。

さらにどうでもいいですが、頼重さんの遺児「寅王丸」の名前から

どうしても「魔神英雄伝ワ○ル」を思い浮かべる私は80年代のアニメ世代。

さて、諏訪の血は寅王以外絶とうともくろむ勘助。頼重の娘である由布姫をも殺そうと思います。いいよ~ダークヒーロー!!もう殺す気マンマン殺る気マンマンで、桑原城に乗り込みます。

途中葛笠村の同窓会になりましたが、ムシの方向で。

その由布姫は口うるさいババァ侍女たちに自害を勧められます。身分の高い人って大変ですねえ。が、彼女は死ぬ気ナシ。そりゃ死にたくないだろうよう。周りがあんなおばはんばっかりじゃねえ・・・。

そこへ乗り込んでくるは勘助と板垣さん。さっさと死ね!といわんばかりの態度でございます。なかなか自害しない姫の体面を保つため、どうでもいい言い訳をとっさに作る侍女Bの時代的忠義が素晴らしい!(w
そして板垣にへっぴりごしの長刀で応戦するものの、一瞬にして負けてしまう侍女さんも素晴らしい。一閃でやられて、さらに神輿担ぎで連れて行かれるオマケつき。不覚にもワロタ。あの後の彼女がどうなったか、かなり知りたい私です。

せめて道連れに・・・と勘助に切りかかる姫。ん・・・なんかどっかで見たことあるようなこのシーン。。。
こんな既視感を覚えつつ、先いきましょう~。

あ、こっから先のBGMはベッド・ミドラー「The Rose」でお願いしますよ。(違

(・・・分かる人にしかわかんないネタフリだな・・・)

要するにドイツ近代哲学のハイデガー、ニーチェあたりの実存主義の原型を400年以上前の日本の甲信越地方で語る姉ちゃんがいたわけですよ。

「死ぬことは恐ろしくない、だが生きていたい」

生への執着を勘助に訴える姫。

いやーカッコイイセリフですね。(・∀・)イイ!

そんな姫をミツちゃんと重ねる勘助。

その強烈な生への意志に一瞬で彼女を生かすことに決めてしまいました。

そしてあまりの強烈なすぴりちゅあるオーラビームを放ち、疲れたのか、一瞬気を失った姫を連れ出す勘助。
ここはお姫様だっこがよかっ

・・・既視感の理由が分かりました。

去年の「炎の中のプロポーズ大作戦」と同じしちゅえーしょんだった。。。

まあともかく、いや~いいシーンでございましたよ。鬼気迫る迫力でした、もう両津姫の顔の怖さが、去年の永作淀並に最高です。由布姫(=諏訪御寮人)のイメージは以前のナンノ(w)の儚げな感じだったんで、いい意味で裏切られました。もうドS姫最高です。これからどおんどおん勘助を振り回してくださいネ!(違

|

« Swin' dat hammer | トップページ | 緑の中を歩いてみる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127690/14815373

この記事へのトラックバック一覧です: 風林火山「運命の出会い」:

» 風林火山〜第16話・由布姫! [一言居士!スペードのAの放埓手記]
風林火山ですが、今回は武田家の諏訪占領です。由布姫の柴本幸が前回以上の大活躍でしたが、思った以上に良かったです。先週までは山本勘助(内野聖陽)を睨んだくらいでしたが、今回怒ったり、笑ったり、泣いたり、哀しんだりするわけです。(風林火山、第16話・運命の出会い、感想、以下に続きます)... [続きを読む]

受信: 2007年4月23日 (月) 20時29分

« Swin' dat hammer | トップページ | 緑の中を歩いてみる »