« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月30日 (土)

平凡な夕暮れの帰り道

背後から犯されて殺された~♪

歌詞だけかくとひでえ歌だ。そんなBGM「霊柩車の窓から」。

金曜日は同期の男の子ばっかりとしこたま酒飲んでました。

飲み放題ときくと、元をとるために飲まずにはいられないっっ!ってことでひたすらバカ話をしつつ、杯を重ねてしまいました。最近は飲みに行っても2~3杯で済ませてたんですが、5~6杯は飲んだな・・・。そんな中、意外にも音楽に対する熱さがある人がいて。

「時の旅人」は合唱の名曲ですよね。(力説)

で、土曜日の本日は上司の親族のお通夜にいきました。珍しくブ○ーミアのライブを聴きに行こうかと考えたんですが。。。「満月の夕」を歌うとはネタを使われた!(笑)どんな感じにするのか聴いてみたかったのですが、残念。私の中でかなりの名曲なので。

で、よく考えたら葬儀に行くのは10数年ぶりぐらいで、喪服もないし、数珠もなく(アクセサリーならあるんだが。。。)親に借りました。、喪服ももってないし、この蒸し暑いのに黒スーツしかなくて暑かったです。もういい年なんで、こういう冠婚葬祭時の備えをしといたほうがいいですね。お通夜のお経は珍しく、真言宗でした。真言声明は聴かせてくれなかったのか・・・。んで上司は兄弟で幹部の方だから、なんかえらい人が多かったです。

とどうでもいいコメントをしつつご冥福をお祈りします。

そういえば、月曜も仕事でまたえらい人集会の受付なんで緊張します。

最近は髪がまた伸びてきてる上に太ってきたようで。。。先日、高校時代の友人の結婚祝いに久々に会う友人たちとご飯を食べにいったんですが、

「rin2、太った?なんか丸くなったで」

とクチをそろえていわれましたもん。(つД`)

うむむ、夏はやせるぞー。といいつつケーキ食ってしまった。ダメポ。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年6月28日 (木)

我に七難八苦を与えよ!

まさに島根の戦国大名尼子氏の忠臣山中鹿之介の執念ですか。

石見銀山がとうとう世界遺産に登録されたそうですね。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070628-00000024-maip-soci

「石見銀山遺跡とその文化的景観」

石見銀山のある島根県大田市役所には「石見銀山課」があるそうで。

ちなみに世界の三分の一の算出量だった銀の国、日本。

石見銀山が有名になることで、私が研究しとった近世貿易と世界システムの関係がもっと注目されるといいなあと思います。

さて、次はわが市の番ですかね!?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年6月27日 (水)

atheism

普通に落ちて柄が弾んで飛んできた包丁に刺さりそうになりましたが、間一髪でよけて足を擦っただけで済みました。血も出てないし、うむ本日も運がいいぜ!

思えば平和な日本で死にかけること数回、生きていることに感謝しつつ、本日も1日が終りそうです。

新聞にわが母校が新入生に対して宗教団体の勧誘対策の講義を開いているとの記事が。

「いかに生きるかをマジメに考える人ほど宗教にのめりこみやすい」

なるほどね。そういえばコ○○やカ○○などの集団は相変らず活動しているのであろうか。。。入学手続きのとき、後期合格だったから人が少なくて色々なサークルに狙い撃ちにされ、あちこちのサークルの勧誘名簿に名前と住所書いちゃった。あとで色々な噂を聞いて大学って怖いところだなあと思いましたよ。

そういえば東京でもウィークリーマンション住まいだった頃、怪しい宗教の勧誘にこられたっけな~。

本当の宗教とは自分教であること、自分のために生き、余裕があれば他人にも目を向けるくらいが丁度いいのです。無理に他人に教えを広めようとし、無駄にサディスティックな戒律で人間もまたただの生き物であることを否定しようとする考え方は好きではありません。

別に宗教論を語る気はないですが。

信じる信じないは自由だしね。

とかいいつつ、仏教の自己研鑽の考え方や日本のいかにも人間的なアニミズムは好きです。結局は自然の中で生きてる人間がどう生きるかは宗教なんて集団的なもんではなく、自己だけで済ませてりゃこと足りるんだと思います。

包丁が落ちてくるのもまた、森羅万象なのです。

うむ、オチがついたのでこの辺で。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年6月25日 (月)

No music,no life

最近のいけてた音楽。

「HIGHWAY 61 REVISITED」Bob Dylan

「DOUBLE」CHAGE&ASKA

「DREAMS:THE ULTIMATE CORRS COLLECTION」THE CORRS

"Like a rolling stone"また一つ名言を知りました。

CORRSのアルバムはベストアルバムに未収録のコラボ曲を加えた構成です。シン・リジィにボノにチーフタンズまで幅広くアイルランドしてますねえ~。ポップス曲にちょっと入ったアイリッシュテイストがいい感じです。

----

本日の昼休み、近くの某スーパーの本屋で漫画雑誌等を立ち読みしとったら、背後からお隣の課の方が!どうやら私に気がついてない様子です。私も立ち読みしてる姿をあまり見られたくないのでそそくさと立ち去りました。まあ互いに顔見知り程度なのですが。ごめんちゃい。まだananとかならよかったんですが。開けとったのが江古田ちゃんだったんで。(笑)多分ヤンジャンでも読んでらしたのかしら。あのスーパーの本屋はかなりの穴場なんですがね、私的に。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年6月24日 (日)

風林火山「非情の掟」

Gackt コネー(´・д・`)

姫様の和子様の四郎様を諏訪の跡取りにするよう画策する勘助。

もう四郎様を溺愛する様がおっさんのくせにかわいらしすぎる勘助。

(´Д`)

醜い自分にはない子供の美しさを守りたいというその思いが暴走していき、やがて武田の跡取りにとも考えはじめます。

それを板垣に見破られて釘をさされてしまいます。

一方晴信も三条夫人や大井夫人に子供をめぐる関係に釘をさされています。それを「跡継ぎを決めるのは自分だ」一喝する様に、結局は信虎と同じような道を歩んでいかないかと懸念する大井夫人。親子は似るのね。諸角さんの一言が的を得てます。

結局寅王丸は四郎との諏訪家の跡継ぎ争いを避けるため、駿河の雪斉の元で出家することに。

義元、雪斉、寿桂尼さんの駿河組トリオが並んでいる様は2年前の義経の朝廷の妖怪トリオを思い出しますねっ!

甲斐のやっかい者の預かり所になってる今川家。義元は勘助の心に潜む私心を見破ります。性格悪そうだけどなかなかやるな!な義元さんです。どうでもいいですが谷原さんと風吹ジュンさんを見てると弁護士と副校長に見えてしまいますわ。(w

そんな中、有名な甲斐の分国法、「甲州法度之次第」が完成。晴信もこれを守らなければいけないという斬新な法律です。ここは勉強になりますね~。

法度制定に活躍した優秀な香坂&駒井の若手コンビがいい感じ。

そんな波乱含みの中、佐久でまた戦の種が出始めたようです。

予告にまたGacktキタ━━━(゜∀゜)━━━ !!!!!

ギターがわりに琵琶弾いてるよ~♪

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年6月23日 (土)

水無月の読果

毎度毎度のヲタクネタなんで興味ない方はおもっきりスルーしてねw

ジャンプでやってる「サムライうさぎ」が気になります。なんだかネットで評判いいのを見かけるんですが、どうでしょう?ジャンプは読まなくなったなあ・・・。

--------

てなわけで、今回の2作品。

「無限の住人」21巻

てなわけで、花の慶次、るろ剣に続く、(私的)三大時代劇漫画です。でも前者2つよりはマイナーですよねえ。前巻から8ヶ月もたってまして、相変らず発刊ペースが遅いなあ。半分くらい本誌で読んでしまったんですが、女性キャラ全員をギャルゲーキャラにした絵がカバー下に隠れてたり、天津さんの白ガクラン絵など、毎度ふざけすぎたオマケがステキです。天津さんファンのそこのアナタ!買いですよ。武器屋24時間も久々復活。阿葉山さん(=ABBA)の武器の名が「断身九印」(=ダンシング・クイーン)ワロタ。

んなワケで本編。バイオハザードな腑分け話がやっと終って最終章。新キャラ増えさせてどうやってこれを終らせるねん!

・不死の実験の失敗から切腹を命じられ、残りの時間を逸刀流殲滅にかける吐のおっさんと新たな萌えキャラ候補、その隠し子(だったことが発覚)の燎(りょう)タンの親子愛に感動。ちなみにお母さんの名前が香(きょう)さんだって。ん?シティーハン(ry

・瞳阿と夷作が旅立ってしまった。(ノД`)・゜・。

・手をつなぐために布団を取りかえっこする万次さんと凜ちゃん。もう好きにしてください。つかこやつらのやりとりは読んでるこっちが恥ずかしくなる※「りぼん」漫画並の破壊力を持ってると最近気付たのであります。(*´Д`)これ、確か青年誌連載だよね・・・。あれ?

まあ容易に(ryないところがそこはかとなくエ(ryいと思います、ハイ。プラトニのほうが高次元で(ryです。

ん~でもなんだかんだいいつつ、この主人公2人が一緒にいるほうが面白いです。離れてること多いからなあ。まあ初期の用心棒兼保護者と雇用者みたいなノリが好きだったんですが。

※「りぼん」:少女漫画雑誌。「ときめきトゥナイト」「ちびまる子ちゃん」「天使なんかじゃない」「ママレードボーイ」などのヒット作を出す。女子小~中学生が主なターゲット。全盛期にはジャンプ、マガジンに次ぐ漫画雑誌としては3位の発行部数をサンデーと争ってた時期があったとのこと。少女雑誌ゆえか、表現の規制は色々と厳しかったらしい。それと読者層のせいか、コアな漫画好きが読むと、読んでて恥ずかしくなるラブコメが多い。最近は大きく発行部数を落として苦戦している模様。(一部wiki調べ)

ちなみに私は、上記作品と、「ベイビィ☆LOVE」を読んだことがあります。読むのに笑いこらえるのが大変でした。恥ずかしいったらありゃしない!

・錬造くんが尸良サマに折檻されてますよ、ますよ。腐の皆さん準備はいいですか?ショタでアッー!とはなんて鬼畜な。

・天津さんは幕府と話をして表向きは江戸払いということで薩摩に向かうことにしたようですが。槇絵さんのどーみても死亡フラグな吐血といい、なんか滅びに向かってるようですね。つかこの漫画のヒロインって天津さんだよね。。。ビジュアル的にも。

本来のヒロインのはずの凜ちゃんはキレっぷりのすさまじさや医者に向かって都合何ページにも渡ってジョジョのオラオラ並に暴行を加える様がとてもヒロインキャラとは思えません。監禁されてた主人公を抱えて助け出すヒロインなんて見たことねえ。

21巻は話の展開の下準備ってな感じでございました。

さて、次巻は今年中に出るのですかねえ。。

--------

「デトロイト・メタル・シティ」1~2巻

ネットで大人気のデスメタル漫画を流行に乗ってとうとう読みました。以前関空の本屋でおためし部分を読んだのですが、もう腹かかえて笑ってしまいました。

クラウザーさん(=根岸)が所属するデトロイト・メタル・シティ(DMC)はその過激な音楽で熱狂的なファンがいて、そこへ対バンを申し込む敵バンドやラッパーとのアフォな戦いが展開していきます。

デスメタルなんかやりたくないのに、ヤヴァイ社長にクラウザーさんをやらされている根岸青年。そんな彼はカヒミ・カリィファンでデスメタルとは全く正反対のおシャレな音楽を目指しております。

もう、センスが最悪ですよ。(誉め言葉)

「SATSUGAI」

「グロテスク」など

ワロタ。歌詞が。

最低でひどすぎる。基本はレイプなんですね・・・。(w

そんな悪魔系キャラのクラウザーさんの捏造された経歴と、素朴な青年の根岸本人とのギャップが最高です。

かなり過激な下ネタ(?)な歌詞をギャグにしてしまうところや、DMCの曲やPVのぶっ飛んだアフォさが最高です。

一番爆笑したのは、クラウザーさん(=根岸)の後輩で、オシャレ音楽をやっているその正体を知らない佐治くんとクラウザーさんのトイレでのデュエットの話。あんなメイクでお目目キラキラにしないでくださいまし~。(w

こういう主人公のキャラのギャップを生かした漫画って面白いっすね~。

てなわけで、バカ漫画語りでした。

次回の更新は風林火山の感想でしょう、多分。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

晴耕雨読

↑私の好きな言葉です。字面もいいしね。

定年過ぎても独り身だったら、どっかの田舎(沖縄か長野)に家と土地を買って畑と田でのんびりと自給自足の生活をしてみたいなーと考えております。

で、最近農地関係の仕事が立て込んでおりまして、法務局で謄本やら公図やらとにらめっこしたり、農地法を勉強したり、さらにコピーした地籍測量図を切り張りしたりと、図工の時間もやっております。将来の勉強になるのかね。。。

で、そんな農業な生活の中、テレビをつけたら近所の農家が取材されとりました。うちの母ちゃんは昔、ここでパートをやっておりました。近所ではかなり大きな農家だからたまにテレビの取材が来るようです。ヘタな芸人よりしゃべりのうまい奥さんが映ってなく、ご主人のみだったのが残念。んなわけで、うまいなすびやずいきをお求めなら、富田林にいらっしゃい!

ちなみに私はなすびは漬物くらいしか食べれません。

軽いアレルギーなので・・・。(T0T)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年6月21日 (木)

6年たってボーナストラック発見!

前もマッキーのCDで似たようなことをした記憶が。

ちょっと相当久しぶりに大学時代のサークルネタで。

新入生に配られるはずだったのに、何故か当時4回生の私が持っていた(え?もしかしてパクッてた?)2001年のサークル紹介テープ(当時の指揮者長の独断と偏見で選曲されたサークルのレパートリーが録音されたもの)をなんとなしに聴いていたら、ボーナストラックがあることをかなりかなり今更ながら発見しました。遅すぎ・・・。

・・・そういえばそんな話をきいたような。相当昔のことなので。

過去一度も聴いた事なかった曲で、すごくカッコイイ曲じゃないか!

と思いつつ歌詞を聴いて、・・・あれ?

なんか左向きにとても熱い、熱い、ジョジョの戦闘シーン並に熱い!

青歌集(これも何故か買った覚えないのに持ってる。。。)を調べてみたら、

「こうして我ら たたかおう!」

だったことが判明。タイトルからしてあの「うたごえ系」ですわな。(^^;

しかもそのあとお客さんに歌わそうとしてるし。

恐るべしFreund Chor(当時)

OPでここ見てくれてる方々、この原曲についてご存知でしたら教えてください。(笑)

テンポからしたら日本の曲じゃなさそうだし、フォルクローレですかね?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年6月20日 (水)

今、奈良が熱い!

映画祭か~。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070620-00000002-oric-ent

河瀬監督、是非実現させてください。

月曜に県庁行ったのに、惜しかったな~。(←ミーハー)

2010年は平城京遷都1300周年だし、なんかそれを記念して奈良を舞台にした大作映像作品の予定はないのですかね・・・。

大仏づくりを実写化する大作映画、「大仏開眼」とか、長ったらしい名前のキャリアウーマン「県犬養橘三千代(あがたのいぬかいのたちばなのみちよ)の活躍」、とか大型ロマンス(ぷっ)「道鏡と孝謙天皇の後世の噂を恨みます」とか「鑑真の海南島はパラダイス」とか「るろうに聖武ちゃん」とかとか。うう、ネタがイマイチ。

てなわけで盆地の奈良はとても暑いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月18日 (月)

この土地に自由の日を迎えるために!

タイトルは訳詞したとあるトラッドの歌詞の一部。

アイルランドの歌はよいです。別れの歌、おかしな歌、希望の歌と歌の中に世界観がしっかりみてとれます。反体制運動のヒーローを歌った歌が特にかっこいいです。

県庁に行ってきました。鹿が一杯だぁ~。奈良県民はみんなうちに鹿を飼ってると言われても仕方がありませんね。(大嘘)

あ、私は大阪府民なので、ちゃんとたこ焼き器がありまっせ。

たこ焼きをひっくり返せない大阪人はモグリだぜい!

そんな府民の私が県民のためのまちづくりについてためになるお話を聞いて参りました。

何をするにも国→県→市町村という三段階があるので、なかなか一つの施策をするのも資金繰りやら法律との関係やらで大変です。行政が事を行うのには時間がかかる理由がよく分かりました。確かに時間をかけることで物事を慎重にできるという長所もあるのですが、移り変わりの激しいこの時代、地方分権を推進しようとする動きもよく分かります。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年6月17日 (日)

風林火山「越後の龍」

さて、お約束。

Gacktキタ━━━(゜∀゜)━━━ !!!!!

キャストロールの

==============

長尾景虎

ガクト(Gackt)

==============

何故かカタカナ表記と英語表記を並べて

キタ━━━(゜∀゜)━━━ !!!!!

・・・・

・・・・・

出演時間1分程しかなく

キタ━━━(゜∀゜)━━━ !!!!!

・・・

・・・・

戦国時代なのに衣装は水干

キタ━━━(゜∀゜)━━━ !!!!!

・・・

・・・・

護摩炊いて変な呪文唱えてる

長尾景虎キタ━━━(゜∀゜)━━━ !!!!!

・・・

・・・・

どーみても漫画の中から出てきたみたいな

MALICE MIZERの元ボーカル

キタ━━━(゜∀゜)━━━ !!!!!

・・・・

・・・・・

2chの実況スレみたいなノリも、そろそろ皆さんも飽きてきたでしょうからこの辺で。

というわけで散々Gackt登場と煽っておきながら登場時間はわずかで(でも強烈)サギのようなサブタイトルでした。流石NHKクオリティ。実際のところ、今回の主役は真田幸隆のような気がします。

冒頭からホラー映画のような始まり方です。さすが組!で伝説の「源さんマトリックス」を演出した清水ディレクターの回ですねっ!

撃たれた勘助を寺まで運び、馬糞を食べさせて介抱した真田さん。たしかに当時馬糞は傷に聞くとかいう眉唾な話があったそうですね。なんともはやな表情の勘助がステキ。

で、周囲の反対を押し切り、武田に使えることを決意した真田さん。晴信から昔の城を与えられ、懐かしの故郷に帰ってまいります。そこには旧臣たちが出迎えてくれたのでした。いいですねえ、主従の絆。(ノД`)

一方四郎君(のちの武田勝頼)を産んだU姫。晴信が生きてるのは勘助のおかげだという姫に晴信は複雑な感情を覚えます。そして勘助なしで力攻めで敵方を倒した晴信。そんな晴信に板垣さんに甘利さんたちは慢心ではないかと心配します。

上田原の戦いの布石がどんどん敷かれていきますね。。。

おそらく前半の山場の上田原。

武田信玄でも結構インパクト強かったので今回はどう見せてくれるか楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (6)

2007年6月16日 (土)

君をのせて

何度目だラピュタ。

といいつつなぜかこの映画は見てしまいませんか?話はもちろん、セリフもほとんど覚えてしまっているというに。

がんばって「落ちていくムスカ」を探そうと思いましたが無理でした・・・。

当時の宮崎監督には何かが乗り移ってたんじゃないかと思えるくらい名作です、ハイ。

キャストロールみて気付いたんですが、その他大勢の声優の中に林原めぐみさんの名を発見。当時はまだデビュー間も無い頃だったのでしょうか。今の知名度からは考えられませんねえ。この頃のジブリはけっこうメインキャストにも声優さん使ってたのに、いつの間に俳優移行になったのか。。。パズーとシータはクリリン(ルフィー)とドラミちゃんだというに。

そして、色々な意味でヒロインとしての役割を完璧に備えているシータ。

男の子に守ってもらうヒロインは必ず三つ編みというセオリーは外せませんね。ついでに芯が強くてよい子で、言うことなしです。(*´Д`)

そしてビンタをくらわして三つ編みをひっつかんで引きずり回し、挙句の果てに撃ち切ってしまうムスカ様は真性Sのロリコンだと信じて疑いません。

ムスカの言う「当分二人っきりで暮らす」ことが現実になってたらどうなってたのやら・・・。

あな、おそろしや。

これ以上書くと変態がバレるのでこの辺でw。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年6月14日 (木)

教科書ドラマといじめ

「わたしたちの教科書」見てます。いじめに教師、学校に親と、どこをスポットに当てたいのか分かりにくい上、なかなか話が進まなくてイライラしてたんですが、菅野美穂演じる弁護士が学校側を訴える裁判がはじまってから面白くなってきました。

いやー菅野美穂がかっこいいです~。スーツにメガネは必須ですね。

まあそんな感じでいじめ問題が軸になってるのでタイムリーな話ではあります。大人になってちょっとばかし色々なものを見た今では正直、小~中学生が抱える友達関係や、クラブ、勉強の悩みなんてそんなに気になることでもないんですが、(友達いなけりゃ、1人で本読んでりゃいいし、学歴なんかどこいったって社会でてもそんなに通用するもんじゃないし。死ぬ気で勉強すりゃなんとかなると考えりゃ気が楽です。実践するかしないかは別にして。)中学生くらいまでにとっては学校という限られた人間としか接せず、周囲皆同じことをしているという特殊な場所が全ての世界みたいなもんですから、そこから弾かれることが恐怖なのでありまして、いじめに向かう人の心理ってのも防衛機制なんですよね。

そんな特殊な世界で教師は子供に対して常に上から指導する立場でないといけないし、模範的な立場を少なくとも学校では崩せない。勉強なんかどうでもいいじゃんと本心で思っててもそんなこと決して言えない。ほんと、本音と建前のバランスが難しい職業だなーと思います。子供の気持ちが分かっててもそれが間違ってたら諭すことができて、その言うことを聞かせるのが難しいもんですよね。

つきつけられた難題や困難を「割り切る」ことができるのが大人と子供の違いなのかもしれません。子供の間はどんなこともそんなもんだと割り切れないから、自分の中に抱えるジレンマをいじめにはしったり、暴力に走ったりすることで解消しようとするのかなと思います。じゃあ割り切ったことができるの大人が正しいのか、と言われれば一概にはいえませんが、「そんならこうすりゃいいじゃん」と思えることってこれから生きてく上で役に立つ考え方だと信じておるのです。

じゃあその割り切った考え方を持つにはどうすればいいか、と考えたときに、色々な考え方を否定的な意見を持たずに見ることです。そう、要するに周りのもの全てから学べということなんです。何も数学や理科や社会みたいな教科だけではありません、自分が見たり、聞いたり感じたこと全てを無駄なく自分の中に取り込むことをするだけです。

で、要するに学ぶことは大事ですってことです。

世の中まだまだ学ばなきゃいけないことが多すぎます。

ってなことでドラマネタからえらいマジメに書いてしまった・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年6月12日 (火)

大学統合

阪大と大阪外語大が合併し、東大を抜いて国立大の学生数ではトップになるそうな。

http://www.47news.jp/CN/200706/CN2007061201000179.html

ってことは阪大は漫画の神様手塚治虫と国民的作家司馬遼太郎という日本を代表する文化人を輩出したことになるわけですな!ここかなり重要!(笑)

わりかし大きな国立大学も、これからどんどん統廃合されていくんでしょうね。そしてここぞいうウリがない私立大学は淘汰されていくでしょうね・・・。大学全入時代に入るのに、大学の数は減っていくとは皮肉なものですな。

大昔みたいに大学は東大だけになったりして・・・。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年6月11日 (月)

迷いどころ

度々るろ剣ネタを書いてるので、分かると思いますが、ワタクシ、るろ剣も大ファンなのでありまして。(別に美形キャラてんこもりだからとかじゃないですよw)連載初期、ジャンプの後ろのほうに掲載されてた頃は打ち切られないかとドキドキしておりました。アンケートハガキだそうかとも考えました。

で、

剣心皆伝発売中。

http://www.j-rurouni.com/kanzenban/

ファンとして、これを買うべきか、う~ん古本屋に出回るまで待つか、迷うところ。でも10年たった和月さんのインタビューとか読んでみたいっす。(完全ヲタw)

るろ剣はじまったとき、操と同じ年齢(=16歳)だったのに、今は剣心と同い年だわ。

志々雄真実と斉藤一のカッコよさだけはガチ。(←非美形好き。)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月10日 (日)

風林火山「川越夜戦」

今川と武田の海辺での腹の探りあいな会談からはじまります。

鉄砲をみせびらかす今川義元は空に浮かぶ凧の真ん中を打ち落とします。ゴルゴ13並の射撃のうまさですね。

さて、後北条家の有名な合戦のひとつ、川越夜戦のお話です。上杉と北条の関東の覇権をめぐる戦いでした。

全然若造に見えず、貫禄抜群な北条氏康がカッコイイ!

そりゃ大衆演劇の重鎮松井誠さんですから(^^;

勝ち戦と踏んで、ねーちゃんよんでバカ騒ぎしているバカ殿上杉憲政は金売り吉次の市川左団次さん。けっこう知的な役が多いのに、こういうキャラやられると新鮮ですね、うちのおかんはこの人を「秀吉で千利休やってた人」といって譲りません。利休やってた人はこないだおいてけぼりくった武田信虎の人やって!(笑)

そんな中、夜襲を仕掛けた北条方が勝利し、上杉さんは逃げたのでありました。そして、のちに越後の長尾影虎を頼っていくことになります。

予告に

Gacktキタ━━━(゜∀゜)━━━ !!!!!

どう見ても腐女子狙いです、ありがとうございました!

一方、真田幸隆を味方にしようと上杉の陣にもぐりこんだ勘助は狙撃されてしまいます。

まあ、死なないけどね。

あとは、風魔一族とかくの一とか忍者ファンには嬉しいキャラが登場です。やっぱりここはボスの風魔小太郎も出してくれるんでしょうねえ!

真田に使えるくの一さんは千葉さんの娘さん、さりげに親子共演してますな。

そういえば去年、津川雅彦親子も共演してましたな~。宍戸開に柴本嬢といい、NHKは2世タレントが好きですね~。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

微妙に話題のカメオ出演

「エリートヤンキー三郎」というテレビ大阪で深夜にやってるドラマがあります。

ギャグマンガを原作にし、無駄にAV女優をお色気要員として登場させるというベタな手法を使ったこれぞB級ドラマ!ですが。特命係長に通じるものがありますね。w

謎の占い師役でどうみても仲間由紀恵さんらしき女優さんが登場してます。

キャストロールでもモザイクがかかっており誰だか分かりません。衣装も目だけを出してあとはすっぽりと隠れているのではっきり顔が分かりませんが、元アニメ声優をやってたほどの特徴的な声といい、どうみても仲間由紀恵様です。役者さんの最高ステータスである大河ドラマ主演をなさった仲間様です。劇中、下ネタセリフを容赦なく発したり、意味不明な本を読まされたり、何がコミカルキャラを封印だ!>ゲンダ○!

某ファンサイトでも言われてましたが、仲間嬢の自らの価値を安売りする仕事選びの様が逆・松嶋菜々子状態。(笑)

そんな仲間さんがステキです。

・・・

・・・またいつかトリックみたいなあ・・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

進軍ラッパエレジー

BGMはSFUの曲で。

昨日も同期と隣町の人と飲んでました。来週も飲む予定あるし、ほんと、アルコール漬けでございます。そんな中、同期のロックヲタ(?)に村八分っていうロックバンドを教えられたんですが、調べたら中々面白そうなバンドで。今度音源を捜してみよう。

そういえば来月はまた参議院選挙ですね。選挙にかりだされるのかドキドキですわ。

就任以来、ロクなことがないアベ政権、いったいどうなるのやら。

ところで、そのアベ政権にやんわりと意見を言う作家の永井路子氏の毎日新聞の記事を見かけ、やっぱり戦争時代を経験した在野の人は昨今の改憲(特に9条)の風潮に対してあまり賛同されてないなーと思いました。

http://www.mainichi-msn.co.jp/tokusyu/wide/news/20070608dde012040064000c.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 6日 (水)

名刺コレクション

うちの課には色々な会社の営業さんがきます。建築やコンサル関係が多いです。

配属されて2ヶ月、既にもらった名刺は数十枚!なんか偉いさんみたいです。

で、私はといえば、今日身内以外に初めて名刺を渡しました。県庁やら業務関連システム会社の人に会う機会があったのですが、なんか渡しそびれてしまって。やっと外部の人に渡す機会が!

でも相手は農地関連の相談に来た人で、連絡先教えるために渡しただけですがね。。。

せっかく作ったのにもらうばっかりで配る機会がないのはかなしなり。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月 4日 (月)

検索ワード2

累計アクセス数も20000を超えまして、みなさんご訪問ありがとうございます。

本当は各記事には色々突っ込んだ内容も書いてみたいとは思うのですが、読み返して自分のナルシズムにちょっと恥ずかしくなることもある自意識過剰人間なので。(笑)

20000超え記念ということで、再び面白検索ワード特集。

「ドッカーン ズンドコ 船 大河」

・・・つっこみ系大河ドラママニアの方ですね。しかも2ちゃんねらーとみた!お仲間のにおいがします。。。「船」は毛利元就ネタでしょうか・・・。あの最終回を考えついた人でてこーい!

「ベロ/ニカ 真/木/よ/う/子 」

「/」入れてるのは検索よけです。(二次創作サイトみたいだな・・・。)トラックバックのキャッシュや検索ランキングでひっかかってくるのがなんともかんともし難いものであります。どうも真/木さんは映画の「ベ/ロ/ニ/カ/は/死/ぬ/こ/と/にした」でお脱ぎになってるらしいですね。そのシーンを探してる人大杉!ここはそういうサイトじゃないんで、ここには動画はないですよ!そんなに見たけりゃyoutubeかニコニコ動画で探してください!(`Д´)

「PL病院 評価」

これは地元の方ですかね?いい病院ですよ。特にそばアレルギーを発症してお苦しみの方には。(経験者)

「拷問 漫画」

正統派拷問漫画をお探しなら「無限の住人」をお勧めします。特に4巻、6巻、10巻、18巻あたりがキテます。虐げられる女性の描写と画力は漫画界トップクラスの作者かと思いますです。精神的拷問漫画なら藤子・F不二雄氏のSF短編集をお勧めします。「ミノタウロスの皿」「カンビュセスの籤」あたりは傑作です。人類の根源的なものを見せられる鬱展開に凹みます。肉を食べたくなくなります。どっちも義務教育を終えてない方にはお勧めしません。特に後者はドラえもん好きな子供に読ませるとトラウマになるかと。

「イヴ スヴェン ほのぼの」

黒猫二次屋さんですか?古本屋に売っぱらう前にもう一回くらい読み返せばよかったなと後悔。キャラ萌えのみの漫画でした。昔、前の会社の人にこの漫画のパクリについてこんこんと語られました。

「バラバラにされ ヒロイン」

だから、ここはそういうモノを求めてこられては困ります。

「またもやったか亭主殿 小栗上野介」

「またも辞めたか」の間違いかと存じ上げます。

・・・以上、一部紹介。

なんで上記の内容でひっかかるのか・・・ほとんど謎です。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年6月 3日 (日)

風林火山「三国激突」

U姫の大暴れも一段落つき、無事彼女はご懐妊。なんとなく憑き物がとれたような笑顔になっております。その姫から懐妊を知らされた勘助はわがことのように大喜びです。

さて、今週はPRIDE並みの男祭りな大河に戻って参りました。今川と北条の激突です。

いつの間にかおヒゲを生やして貫禄がついてきた今川義元は北条に取られた領地を取り返すため、戦をしかけようとします。今川との同盟により援軍として出兵せざるをえない武田方は、それよりも今川と北条を同盟させて、関東にいる足利や上杉一門に対する備えにしたいと考えます。有名な武田・今川・北条の三国同盟の話ですね。

雪斉や勘助、そして晴信の腹の探り合いを経て、三国同盟は成り立ちます。北条と通じていたものの、雪斉の真意を読めずに小山田さんはおいてけぼりをくってハートブレイク。プライド高そうだもんね。久々に登場した北条氏康もヒゲがついてました。全般的に「つけヒゲだっ!」って感じなのが丸分かりなのはなんとかならんものか・・・。

一方、板垣師匠にU姫との関係を疑われた勘助は必死の弁解!(笑)「人は国であります!」は本心でしょうけどね。あの雪の踊る大捜索を伝兵衛に見られていたとはそりゃ疑われますって。

そして今川の女ボス寿桂尼さまは勘助に興味深々。なんか、名優・藤村志保さんのキラキラお目が恋する乙女チックな感じがとってもよろしい。(w

まさか、U姫と尼様が勘助を取り合う三角関係に発展するんじゃあるまいの!(ぜってーちがう)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年6月 2日 (土)

How Can Heaven Love Me?

↑10年くらい前でけっこう古い曲ですが、Sarah BrightmanとChris thompsonの声質のアンバランスさが逆にカッコイイですね。

昨日も飲んできました。ほとんど週末は飲んでる生活です。

課の先輩の知人のお姉さまと社会人としてのありようについて語っておりました。しかし、この年になると、人生、守りに入ったら一気にダメになるなあと最近思います。

ところでここ数週間、片目がずっと充血してて視界がぼやける上、たまに痛みが走るという状態だったので、眼科にいきました。かなり痛めてたらしく、「よく我慢してたね」と言われ、目薬を3つと飲み薬をもらいました。こんな状態なので、コンタクトレンズをするのもままならず、しばらく萌え萌え眼鏡っ子だったのですが、(大嘘)牛乳瓶の底みたいな分厚さのレンズの眼鏡も大分ゆるくなってるようでした。ほんと、目が悪いってのはいいことないですね。目つきも悪くなるし。親の言うこときいてファミコンするのやめときゃよかったと後悔することしきりです。

一番困るのは泳ぎに行ったときですね・・・。もうすぐ夏が来るというに!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »