« 風林火山「越後の龍」 | トップページ | 今、奈良が熱い! »

2007年6月18日 (月)

この土地に自由の日を迎えるために!

タイトルは訳詞したとあるトラッドの歌詞の一部。

アイルランドの歌はよいです。別れの歌、おかしな歌、希望の歌と歌の中に世界観がしっかりみてとれます。反体制運動のヒーローを歌った歌が特にかっこいいです。

県庁に行ってきました。鹿が一杯だぁ~。奈良県民はみんなうちに鹿を飼ってると言われても仕方がありませんね。(大嘘)

あ、私は大阪府民なので、ちゃんとたこ焼き器がありまっせ。

たこ焼きをひっくり返せない大阪人はモグリだぜい!

そんな府民の私が県民のためのまちづくりについてためになるお話を聞いて参りました。

何をするにも国→県→市町村という三段階があるので、なかなか一つの施策をするのも資金繰りやら法律との関係やらで大変です。行政が事を行うのには時間がかかる理由がよく分かりました。確かに時間をかけることで物事を慎重にできるという長所もあるのですが、移り変わりの激しいこの時代、地方分権を推進しようとする動きもよく分かります。

|

« 風林火山「越後の龍」 | トップページ | 今、奈良が熱い! »

コメント

奈良県民の拙者もたこ焼き器ありまっさ。

しかも引っくり返すの得意!カリッカリに焼くよん(^^)


国→県→市町村は道路一つとっても違いを感じるわ。

国道、県道、市道と管轄が違うけど、市民からしたら市にある道路やから何とかしろって感じなんやろね。

投稿: ゲーリー | 2007年6月18日 (月) 23時19分

>ゲーリーさん
>>引っくり返すの得意
おぬし、やるな!

>>市民からしたら
同じ道なのにいちいち管轄が違うのって市民からしたら面倒でしょうねえ・・・。こういう組織構造こそ一番効率悪いなあと思いますです。

投稿: rin2@ニセ吟遊詩人 | 2007年6月20日 (水) 06時48分

お久しぶりです。
いつも楽しく拝見しております。
「この土地に自由の日を迎えるために」
すごく懐かしいフレーズですね。名曲。。

投稿: しおり | 2007年6月21日 (木) 10時59分

>しおりさん
お久しぶり~。
わしもちょくちょく日記みてるよ~。
>>「家の女」
そういや一緒に歌ったよねー。
なつかすぃ~。思い出したようにたまに頭の中で流れます、この歌。

投稿: rin2@ニセ吟遊詩人 | 2007年6月21日 (木) 20時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127690/15480335

この記事へのトラックバック一覧です: この土地に自由の日を迎えるために!:

« 風林火山「越後の龍」 | トップページ | 今、奈良が熱い! »