« おどろうくべき会合 | トップページ | 夏休みの未定 »

2007年7月 3日 (火)

勘違い。

何度かネタにしていますが、映画やマンガや小説など中身を知らないうちは、タイトルだけ聞いて、勝手にイメージしてしまいませんか?

実際を知るまで、こんなイメージだった代表といえば・・・。

「日出処の天子」→日の出食堂を舞台にした人情モノ。(何度か書いてるよね)

「家庭教師ヒットマンREBORN」→勉強のできない男の子に、超すごい家庭教師がやってきて勉強させるドラゴン桜みたいな話。

「ダンサー・イン・ザ・ダーク」→失明しながらもミュージカルに生きがいを見出す希望に満ちた女性の物語。

「カッコーの巣の上で」→大自然の中で、村の人々が交流していく話。

「いまを生きる」→スクールウォーズのアメリカ版。

「博士の愛した数式」→博士の数式の謎を解いていくミステリーな話。

「春日局」→郵便局の群像劇。

「逮捕しちゃうぞ」→SMを明るく描いたギャグなお話。

「世界の中心で、愛をさけぶ」→反戦の話。

「愛人(ラ・マン)」→香港舞台の三角関係のコメディ。

ううむ、覚えてるだけでこんなにたくさん。

|

« おどろうくべき会合 | トップページ | 夏休みの未定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127690/15641942

この記事へのトラックバック一覧です: 勘違い。:

« おどろうくべき会合 | トップページ | 夏休みの未定 »