« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月31日 (金)

ミリオンセラー

約2名に合唱譜用意してくれるように頼んだら、どちらもピアノ譜。

・・・

・・・・・

確かにぱっと見間違えるかもしれん、と納得してしまいました。

ところで

「千の風になって」は、墓石屋さんが困る歌だとおもふ。(知り合いにいるので。)

個人的に、死後の姿を表現するには「風になる」より、「土に還る」ほうが言葉としては好きです。

「死」を美化しすぎというか、なんだろ、「土」のほうが生命の根源というか、なんというか。うまく表現できませんが。「人も神もただの生き物である」という神道の考え方が好きなんで。

でも「風」のほうが詩としてキレイなイメージにはなりますね。

こんなこと言ってますが、いい歌だし、好きですよ。

いい歌といえばかりゆし58の歌もよかった。アンマ~よ~♪

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2007年8月30日 (木)

最近は休肝気味で

まあ一杯くらいにしております。平日だしね。

最近太る原因が酒だけではなく、

「砂糖たっぷりミルクティー」

にある気がして。

砂糖抜きでコーヒーと紅茶を飲めるようにがんばります。

さて、駅前開発の話になぜか首つっこんでみました。(つっこまさせられたともいう)

とりあえず、安直な考えはやめとこうよって感じです。ギリシャの時代から、行政が何か行うにはリスクヘッジをうまく考えていたワケですよ。そういう考え方ができる人間がトップにいかないと、いずれは第二の夕張を出してしまうわけです。

その数時間後、新人のくせにそんな政策に突っ込みを入れる私のことが、人事のNさんに話が伝わっていたそうで。怖い怖い。世間は狭いようで。

----------------

話変わって。

風林火山のお堂のシーンを録画しておけばよかったといまさらに後悔する私でありました。24時間テレビや世界陸上の影響で、視聴率がじわりじわりと落ちてきているそうですが、ここまで内容や出演陣の演技がいい大河は久しぶりなんで、功名超えはキツそうですが、せめて義経並みの数字で終えてほしいですねえ。え?普段はとても内容をホメているような感想ではない?いや、基本ツンデレなんで。(w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月28日 (火)

ペ○ちゃんの呪い

好きなんですよ、ミルキーはママの味。しかしこいつはかなり強力な粘着なので、奥歯の銀歯がとれました。それにしばらく気がつかなかったので、

ミルキーにコーティングされて出てきました。(゚Д゚)<おえええ~

めでたく歯医者逝き。

ぎゅいぃぃぃぃぃいいいいい~ん

ダ━━━━━━/(。□。)ヽ━━━━━━ァ

歯医者は苦手です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月26日 (日)

風林火山「真田の本懐」

よかったね、真田さん、の回。

無事に越後から戻った勘助は景虎を

「ありゃ坊主です。」

と晴信に報告。

・・・あんな垂れ髪、狩衣スタイルでメイクバッチリの僧なんておるめえよ・・・。

村上に敗戦を喫した真田に、今度こそと勘助は策を授けます。

元主君の海野家の再興と引き換えに真田の敵となった弟の常田を味方につけようと、幸隆の奥方忍芽さんは息子とともに常田の元へ死をかけて説得に参ります。

そして寸でのところで幸隆がやってきてなんとか死なずにすみ、常田も味方になることを承諾。

「おぬしらに死なれてはわしが困る。」

妻子にそういう幸隆さん

いや~家族愛、家族愛。

「おれはそんなこと奥さんには言えん」とぼそっと突っ込む相木さんがステキ。

真田の夜襲をうけて砥石城は陥落し、村上は引き上げていきました。

そして真田の旧領を取りもどすことに成功したのでありました、めでたしめでたし。

村上が引き上げ、小笠原も京へ逃れたというナレをきいて思ったのですが。

・・・消臭プラグ将軍さまにもう会えないとおもうと悲しいです。再登場願ってるのは私だけではないはず・・・。かむば~~く!!!!!

てなわけで。次回はまたU姫がなんかやらかしてくれそうですね。

| | コメント (2) | トラックバック (5)

Get wildとStill Love Herは名曲

こち亀の最終回はどうなんだろうという話をしてまして、

「やたらシリアスな銃撃戦とかはじまったらどうする?」

「それ、なんてシティーハンター?」

そのつっこみワロタ。

てなわけで、シティーハンター実写化?

・・・男塾に続いてこっちまで・・・。(´ω`。)すごく好きだったのですが。

http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/entertainment/comics_and_animation/

リョウさんはアメリカ帰りとはいえ、日本人設定じゃなかったっけ?

なんで韓国スターやねん!昔ジャッキーがやったのはネタとして笑えますが。

あの下ネタ(特に前半)とハンマーは実写にするのだろうか。

あんなんが普通に連載されていた昔のジャンプはおおらかだったなあとオタの知人と話しておりました。加えて単行本の1~2巻あたりはかなり残虐だしねえ。その後ギャグ漫画になってしまいましたが、思い出したようにシリアスになってましたな。(たまに)

海原氏は志々雄並にかっこいい悪役だった・・・。

・・・あそこで終わっとけと思ったのは私だけではあるまい。(w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月24日 (金)

ハンドルネーム

このブログでは「rin2」「ニセ吟遊詩人」

mixiでは「ひさぽん」→本名から

その他では「とみたりん(tomita_rin)」→出身地から

ややっこしいですな。

ほぼメインになりつつある「rin2」だけが意味なし。自分でも使い分けがよう分かりません。

ということで、「rin」は「とみたりん」の「とみた」部分をとったものを2回重ねているということに今決めました。だから、「rin2」の「rin」は漢字で書くと「林」です。「林二」でも可。

以上、よろしくです。(笑)

・・・ひたすらどうでもよい話題である。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

10年越しのスラング理解

今から10年くらい前

イギリスのCHUMBAWANBAというグループの「Tubthumping」という歌が流行ってました。(数年前もビールか何かのCMで使われてました、そういえば)多分私と年の近い人は、ああ、あの曲かとすぐ分かると思います。

この曲の歌詞に出てくる

「pissing the night away」

の意味が10年ほどずっと分からなかったのですが、ようやく判明。

どうやら「一晩中飲み明かす」って意味らしいです。辞書で「piss」を引いても「おしっこ」って意味になっちゃうし。。。

英語は深いですねえ。

この曲流行ったとき浪人やってたもんで

「But I get up again You're never going keep me down」

って歌詞には励まされましたね~。

-------------

話かわって。

今日は市外の某所で行われた都市計画関連の研修に行ってきましたが、出席者の96%が男性というのはいかがなものでございましょう。ほんと、女性の少ない分野ですねえ。

いっつもこんなところばっかり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月22日 (水)

OS再インストール

先日は休んでパスポート取りに行ったり(期限が切れたので)、前から調子の悪かったノートPCのOS再インストールなどをやっておりました。

パソコンには写真やら音楽データなどをかなり大量に詰め込んでいたので、それをバックアップするだけでも結構大変でございました。さらにWindowsUpdateなど修正プログラムを入れていたせいで別のアプリが調子悪くなっていたりと。思うに修正プログラムやアップデートプログラムをそれが出るたびに入れるのってロクなことが起こらないです。

自分でセキュリテイ管理しとけば問題ないと思います、ハイ。

しかし、困ったことにブックマークのバックアップだけは忘れてしまいまして、怪しいサイトやらヤヴァいサイトやらのアドレスがわからなくなっちまいました。もぐりで検索よけしてるところとか苦労して見つけたのになあ。(何のサイトかはご想像にお任せしますw)まあ地道に探すしかないですなあ。(T0T)

PCといえば、いつぞや、「z」のキートップが外れたことを記事にしましたが、レジストリを変換してくれる便利なフリーソフトを見つけまして、普段使わない「無変換」キーを「z」に変換して代用しております。指使いがなれないですが、ペン先突っ込んで打つよりは楽になりました。

と、こんな記事を書いてたら・・・XP廃止だとぅ~(怒)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070822-00000066-zdn_n-sci

Vistaはイヤだといってるだろうがよぉぉぉぉお~

一番使いやすいOSはwin2000proかRed Hut Linux、これ常識。(私的)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年8月20日 (月)

風林火山「勘助捕らわる」

Gacktがどうみてもマンガキャラにみえてしまいます。

そんなわけで、景虎にも正体バレバレなのがやっとわかった勘助。

宇佐美にそれを指摘されますが、景虎がなぜか殺さないのはどういう考えがあってのことなのか。

その一方で景虎は一族の長尾政景との戦いに直面してます。宇佐美の助言もあり、うまく彼を従わせることに成功します。その見返りとしてシスプリバカ一代な景虎ちゃんはお姉ちゃまの仙桃院さんを政景に嫁がせます。なんだかシスコンって萌えどころですよね。しかも妹ではなく姉とは!!!(´Д`)

甲斐では晴信の長男の太郎君が元服。のちの義信です。彼が武田の跡取りとして大井夫人や三条夫人、飯富さんに期待されていることが分かりますが、のちの悲劇をしってるだけに、なんか悲しくなってまいります。まあ勘助の没後のことなんで描かれることはないと思いますが。

勘助を心配する大井夫人ですが、体調が思わしくなさそうですね。。。こ、これはフラグですね。。。

もう1人勘助を心配するのはもちろんU姫。前回は出番なくて寂しかったですよ。

「私ができれば勘助を助けにいってあげたい。」

ですって。(*´Д`)。*

もーっ姫さまったらツンデレなんだからっ!(・∀・)

ヽ(`Д´)ノ<この悪鬼が!

とドS全開にしていた頃が懐かしいわ。勘助が聞いたらそれこそ姫様萌えで倒れそうですよ。

そういえば勘助が「姫様」とよぶときのふりがなは、

「ひめしゃまぁあ~」

になります。常に。ええ。

すいません、どうも視点がアキバくさいですね。

あわや夕陽のガンマンチックな景虎に処刑されそうになったところを

晴信に頼まれて鉄砲100丁を持ってきてくれた根来の津田さんによって救われました。

この前後の景虎と勘助の自分の信じるものに関するやりとりはなかなか暑いですね、間違えた、熱かったですね。勘助にとっての信仰は晴信なのです。コラコラ腐女子が聞いたら喜ぶからやめなさいって。

てなわけで、このドラマのラスボスとの対面は終りました。次に直接会うのは川中島合戦でしょうね。ちゃんと4回やってくれるんですかね。

| | コメント (2) | トラックバック (4)

2007年8月19日 (日)

世界遺産の旅

あまりにも暑いから涼しいところへ行こうとことで

高野山に行ってきました。おそらく10数年ぶりです。

河内長野から南海電車で山間部をぬって行くこと1時間ちょい。

極楽橋でケーブルに乗り換えて山につくと、やっぱ涼しいです。

金剛峰寺にいってお坊さんの説法などを聞き、枯山水の立派な庭や狩野派の襖絵などを鑑賞しました。いいお話や見ごたえあるものに加え、お茶とお菓子も出してくれて、500円とはかなり良心的なところでした。

伽藍など見てまわったら、山の上で色々な儀式をするせいか、配置が広々としてました。金堂もとても大きいし。

昼食は精進定食を食べました。名物のゴマ豆腐がおいしいです。

↓有名な本塔

Ca5v8er4

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年8月16日 (木)

変色した爪とつれづれ

前回の記事でなんとなくCoccoブームでずっと聴いております。

Rainingも名曲だなあ。カラオケ行ったらよく歌ってました。

紙がなくて今度は腕を切ってみた♪

みたいな。

そういえば、詩集とかを読むと「雨」とか「森」という言葉の響きがすごく好きです。なんか神秘的なモノに魅かれるんですね。

かといって「星」とか「空」はあまりにもベタすぎなのですが。

ところで

山での筋肉痛はほぼ完治しましたが。(そりゃそうだ)

足の爪がおそろしい色に変色しております。む、紫よりもっと濃い、ドス黒いというかなんというか。私、偏平足なんで足の親指に力入れすぎた歩き方なんだよなあ・・・。これも生え変わったりするんでしょうか・・・。てな具合なんで、裸足でサンダルとか履けないです。夏なのに・・・。

私の山好きに感化されたのか、オヤジも今夜山へ行ってしまいました。自分だと大丈夫なのに、他人が単独で行くと聞くと心配になるのはなぜだろう。

山は素晴らしい、でも気を抜くとこわい、そんなところです。

ところで今日も運転の練習を兼ねて県庁往復しました。いちおう同期のK君についてきてもらったものの初めて全部運転しました。駐車とかあやしかったですが。一人前の公務員になるためにがんばります!

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2007年8月14日 (火)

ブラバン

NHKで「夏うた」とかゆーNHKらしい歌番組をやっていたワケですが。

珍しくCoccoが出ていてHeaven's Hellを熱唱。テレビ苦手そうなのが画面から分かりますなあ・・・。これ、結構貴重な気がしますよ。

何度か話題にしたことありますが、当時のブラバンとの共演はようつべで見つけてちょくちょく聴いてます。大人数のブラスバンド部っていいですよね。合唱もそうだけど、大勢でひとつの音楽を作る一体感が素晴らしい。決して1人ではできないものなので。

http://www.youtube.com/watch?v=w2f4cWu1k0w

Coccoを知ったのはFM802のヘビーローテーションでした。最近は聴かなくなったけど、昔は掘り出し物の曲一杯かかってました。今もそうなんでしょうか。私はこれ聴いて買ったCDが多いです。(音楽はラジオ派でした。)

ところで、アンジェラ・アキとaikoと秋川氏はNHKの企画系歌番組御用達になってる気がするこのごろ。これに夏川りみ氏も加わるのであります。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2007年8月13日 (月)

風林火山「越後潜入」

10時からのBSで視聴したので感想は月曜で。

とにかくGackt!Gackt!Gackt!

って感じの祭りでした。

どうも越後メンバー+勘助だとバガボンドとかむげにんのようなちょっと現代的な時代劇の雰囲気があります。この面子でなら実写化しても許す・・・かも。あ、バガボンドはもうしちゃったか。(笑)

鉄砲商人に化けて越後に潜入した勘助。どう見ても怪しいです。景虎も分かってて色々ためすようなまさに狐と狸の化かしあいですな。

景虎が何か動くたびにBGMにはじゃらん~って感じの琵琶の音が流れるのは仕様なんですかね。なんかトリックのチーンみたいな気もしないでもないですが気にしないでおきましょう。

鉄砲を試しうちする景虎。初めてでもうまくにっくき晴信にみたてた風林火山の落書きをヒット!ぜ~ったい影で練習してたにちがいねえ。

父を追い出し、諏訪を滅ぼした晴信は好かんという景ちゃん。欲を持つ人間は嫌いだという景ちゃん。いいですねえ孤高のヒーローって感じが。

宇佐美定満の元を訪れ、味方に引き入れようとする景虎。勘助も同行して対面します。名高い軍師の対面です。まあ山本勘助が長尾景虎に会いにいったなどという作り話は大河ドラマ仕様なので気にしないことにしましょう。(二度目)

鉄砲百丁用意するまでは返さんと人質にされた勘助。コレ幸いと探りますが、おもっきりみんなに疑われてますぜ。「厠はどこでござるか」はワロタ。ウソくせえ~。m9(^Д^)

そして最後には宇佐美さんには正体がバレてることが発覚。

一方晴信は再び村上攻めを開始。しかし義父を失い、もう雪代縁並の恨みを武田に抱く平蔵クンの機転で、村上はもう一方の対抗勢力だった高梨氏と素早く和睦して晴信軍を追撃。二度までも晴信を破る村上義清はたいした武将でしたね。そんな村上に立場上は上とはいえ、うまく調子に乗せられてる小笠原消臭プラグ将軍様が最高です。今井さんは小物キャラ演じさせたら天下一ですよ。さりげにOPクレジットでもいい位置で出てくるところが粋なはからいだNHK!

| | コメント (2) | トラックバック (5)

2007年8月12日 (日)

コックローチ君の住む箱と美術

3年前、実家を建てかえしまして、一時祖父のところに住んでたわけですが。

その時もって行った楽譜やら学部のプリント類をほとんどまだ置いたままにしてます。せっかくの4年分の学問がもったいねえということで大学時代、授業中にもらった大半のプリントやら論文のコピー、レポートはちゃんと残してます。理系学部と違って専門課程では教科書を購入することがなかったのもありますが。これがかなり場所をとるから持って帰られないんです・・・。

で、こないだ久々に整理しにその大量の紙の山に手をつけたわけですが。

ぎゃああああ~

コックローチ君が生息してやがりました。(ノД`)

たくましい奴です、ハイ。

--------------------

久々に論文類に目を通すと、教職の単位のためもあってか美術史関係もやってましたね。しかし、興味のある日本美術史はさておき、西洋美術史もちゃんと「優」で単位とってたワリには全く知識がないなーと悔しい思いをしております。色々美術展とかやってるのに、ちゃんと理解できてないから行けないのです。。。

雪舟の水墨画は他の画家とすぐに見分けつくくらい大好きなんですけどね。

そういえば夏の集中講義の美術史で、先生お勧めの画家として紹介されてた(と思う)会田誠氏は今ではかなり有名になってるようで。流石専門の先生は当時から見る目があったというか。

彼の作品はぱっと見はどう考えてもエロくてグロい絵が多いですが、見方によって色々分かれるのが芸術の面白いところですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月11日 (土)

風林火山「裏切りの城」

主人公はまるで真田な回。

真田一族といえば大阪の陣で活躍した真田幸村が有名ですが、よく考えたら幸村は徳川家と戦ったにもかかわらず、この一族はずっと残っていくワケで、考えたらすごいですね。

晴信は村上方の城攻略成功と引き換えに、真田幸隆の旧領安堵を約束します。

生まれた土地を取り返すため、村上方打倒に燃えます。

そして家臣の裏切りをうまく利用し、誘い込み作戦大成功。

その影でヒサ様と結婚した平蔵クンの義理パパの矢崎さんが村上方として見事な死亡フラグの回収をして討ち死にです。またも武田に恨みをもたされました。

最終的に第四次川中島の合戦で勘助を討つのはこの平蔵くんではないでしょうかねえ。今回で多分村上と一緒に越後に落ちて行きそうな雰囲気だし。

その主人公勘助は長尾景虎とはどんな人物か見極めるため、越後に鉄砲商人に化けて出かけます。そして景虎とご対面。

どうみても怪しいヤツにしか見えないよ勘助。m9(^Д^) プギャー

しかし坊主なのに剃髪もせず服装もボロボロだ・・・とスパイな勘助に対して怪しさを感じ、突っ込みを入れる景虎さんですが、どう見ても戦国時代の衣装設定じゃないあんたにいわれたくなかろうてw

なんか終わりのBGMが時代劇らしくなくてステキ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年8月 9日 (木)

夏は沸点が低いですね。

仕事で某所からきたメールのサイズが

圧縮して3MBでした。

・・・

ふざけておるのか・・・。ヽ(`Д´)ノ

メールの添付ファイルは1MB以下が基本であろう・・・。

しかもエクセルファイルの印刷の給紙設定はまちまちだし。余計なシートはつけたままだし。せめて印刷したときの紙のサイズはできるだけ統一してくださいな(泣)と無駄に短気をおこしておりました。

といいつつ暑い中現地調査行ったり、法務局行ったり、起案したり、意外とちゃんと仕事している自分に驚く私でありました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年8月 7日 (火)

わしが男塾塾長(ry

とうとう男塾まで・・・。( ´д`)ぇ~

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070807-00000060-sph-ent

宇宙すら褌一丁で泳ぐ江田島氏は密かにマンガ界最強の人間ではなかろうか。

もちろん民明書房は出てくるんでしょうね。

もうここまでくるとジョジョとかるろ剣とかキン肉マンとか変態仮面とかボンボン坂高校演劇部とか大相撲刑事とか幽白とか惑星をつぐ者とかジャングルの王者ターちゃんとかが実写化決定でも驚かないですよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

アルピニストへの道は遠い

今日から出勤です。

普段なんとも思わない電車の乗り換え、役所内の移動、

階段地獄です。筋肉痛で痛くて痛くて登れません。歩き方が怪しさ全開なので、通りすがりの色々な人に「大丈夫?」と聞かれました。

そんな今日に限って、3階に登る用事が多くて多くて。(うちの課は2階)

階段下るたびに悲鳴あげてました。。。

まだ数日は続きそうな悪寒。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 6日 (月)

篤姫の出演者

キャスト一部発表

http://www.mainichi-msn.co.jp/entertainment/geinou/200708/graph/06_4/

篤姫:宮崎あおい
小松帯刀:瑛太
西郷吉之助:小澤征悦
大久保正助:原田泰造

島津忠剛:長塚京三
お幸:樋口可南子
島津忠敬:岡田義徳
菊本:佐々木すみ江

近衛忠照:春風亭小朝

小松清みち:沢村一樹
お近:ともさかりえ
肝付兼善:榎木孝明
有馬新七:的場浩司
大久保フク:真野響子

島津久光:山口祐一朗
島津斎興:長門裕之
お由羅:涼風真世
調所広郷:平幹二朗
島津斎彬:高橋英樹

小澤Jrキタ━━━(゜∀゜)━━━ !!!!!

ビジュアルで西郷隆盛に選ばれたんじゃなかろうか・・・。月照さんとのアレは(ry

小澤さんは再来年の主役のような気もしましたが、これで可能性がなくなってしまいました。再来年は脚本家が不安なんで、頼むからそこそこいい俳優さん持ってきてくださいよ。

で、来年は相手役(?)の小松帯刀役に瑛太さんですか・・・。まあ無難な感じはしますかね~。

福士誠治さん出演はいまんところないみたいで。

高橋英樹様の島津斉彬に調所広郷で平幹二郎さんもご出演ですか、ここは義経キャストからの流用ですかね。原作が同じ宮尾登美子さんだしねw

大久保利通役に原田泰造て!相変らずお笑い枠は健在でございますな。

・・・そういえば、今年はお笑い枠の人いませんね~。もしやGacktのことか!

何気に真野響子さんはムスメのU姫@柴本幸さんと親子リレー・・。

全体的に演技的に手堅い出演者って印象です。義経をピークに年々キャストが地味な印象をうけますな~。あとは未発表の和宮と徳川家定役が気になるところです。

去年のあぶ長様みたいな当初のアンチをマンセーに変えるようなキャラがでてこないかな~。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

真夏の夜の夢

今日まで第一弾の夏休みです。

・ユーミンのコンサート(シャングリラⅢ)

・中央アルプス縦走登山

に行ってまいりました。

ユーミンのコンサート@大阪城ホールは、シンクロとサーカスが一緒に見れて中々すごかったです。ステージがプールになったり、元に戻ったり、一体どういう仕掛けなんでしょうか・・・。室内で花火まであがるし。ただただびっくりでした。でも知ってる曲はラストの「真夏の夜の夢」だけだったり・・・。^^まりおさーん。(佐野史郎さんw)いろんなものがいっぺんに見られて中々見ごたえあるコンサートでした。

さて、そのあとは電車に乗って岐阜県中津川まで。そこで一泊して翌朝雨の中始発に乗り、木曽福島へ。台風が来ているというのに、登山しようとするこのチャレンジ精神の素晴らしいこと!台風の進行の予想図を見たらうまいこと長野県だけ外れてたので、なんとかなるかもと思いまして。案の上、木曽福島についたら雨は降ってなかったのです。

が、登山口についたとたん雨がじゃじゃ降り。

ついてねえ。

が、どーせ樹林帯だし、なんとかなるでしょうということで、登山開始。目指すは名峰木曽駒ヶ岳(2956m)。こんなお天気だから登ってても誰にも会いやしない。7時間後、樹林帯を抜けて稜線上へ出たとたん、霧と突風の総攻撃をくらいました。恐るべき台風の影響力。雨は降ってないのに、霧の湿気で全身びしょ濡れ。さらに急勾配のザレ場で振り向けば断崖絶壁。こわいのなんののてんこもり。この日中に登頂しようかと思ってましたが悪天候のため、9合目の山小屋で宿泊。客は私含めて3人しかおらず、夜はご主人さんも交えて酒盛り。教育について語ってまして楽しい夜でした。

翌朝も天候は最悪。風がガタガタなってます。このまま山を下りるか、予定通り、縦走して空木岳(2863m)まで行くべきか。

・・・行っちゃいました。

突風の中、木曽駒を登頂し、有名な千畳敷カールを抜けて、空木岳方面へと3000m近い稜線を風に煽られつつ行きました。この高度だと風が強烈です。さらに岩場やクサリ場が多い上に、霧の湿気で岩がツルツルすべりまして、何度か落っこちそうになりました。いやー怖かった・・・。実は結構怖がりなんですよ、私。どう見てもロッククライミングやろって場所がいっぱい。足より腕の力が要りますね。こんな天候の中縦走してる人はほとんどいないのか、1パーティーにしか会わなかったです。なんとか空木の山頂手前の山小屋にゴール。ここでは逆方向から来た人が多いのか、小屋は満員。布団は2人で1つということに。私と同年代の単独行の女の子に出会いました。珍しい!話を聞くと、彼女も遭難体験があるそうで、かなりの親近感がわきました。^^

翌朝は霧は少し晴れ、風も止みました。福岡から来たというパーティーの後に続き、空木岳に無事登頂。これで日本百名山を2つ同時クリアです。

ここから恐怖の6時間下山の始まりです。できるだけ早く下りて大阪に帰ろうと思ってたので、ダッシュです。危ないです。転びまくり。やめましょう。しかも登山は登りより下りのほうが足に負担がくるので、2年半ぶりなのもあいまって足が痛くて痛くて。さらに最後の2時間は階段地獄。下りでも一番階段がヒザにくるので、半泣き状態。最後の登山口まであと4.9kmの標識と階段の連続を見たときはまだあるのかよとほんまに泣けてきました。

それでも根性で5時間後、標準タイムより1時間早く下山できました。もうフラフラ。戦場から帰ってきたジョニー状態ですよw。

その後、近くの温泉「こまくさの湯」で3日分の汗を流し、路線バスで駒ヶ根駅を経て、高速バスで名古屋まで。名古屋駅の新幹線乗り場にあるきしめんが美味しいので、それを食べて無事帰還。久々の登山はしんどかったです。しばらく階段の上り下りができません。筋肉痛地獄にあっております。もう若くね~な~。私。

てなわけで、風林火山感想は土曜日以降になります。m(_ _)m

霧と雪の千畳敷付近↓

Komayuki

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年8月 2日 (木)

風林火山「天下への道」

ガクト祭りでした。

キタ━━━(゜∀゜)━━━ !!!!!

キタ━━━(゜∀゜)━━━ !!!!!

キタ━━━(゜∀゜)━━━ !!!!!

三連発でもしておきましょう。

OPの内野さんによる風林火山の朗読もちょっと変化した第三部の始まりです!

暑い夏場なのに越後の雪の描写。涼しそうですね。

守護の上杉さんのとりなしで、兄晴景の後を継いで越後守護代となった景虎。

だからいつまで衣装は狩衣&垂れ髪なんですカ!毘沙門天に祈る姿は陰陽師とか結界なんちゃらとかにしか見えぬでござるよ。「正義」が彼の原動力。伽にやってきた侍女Bにも「何故だ!」と怒るちょーマジメ人間景虎クン。伽の代わりといって忍法秘伝の書(大嘘)を渡す不犯の武将、長尾景虎様でございました。

そして景虎に対し、不穏な動きを見せるは一族の長尾政景。そんな彼との和議を考え、姉を彼に嫁がせようという策略が。。。あー西田尚美さんだ~~。

10年前、NHKで「寺子屋ゆめ指南」というなかなか面白いドラマがありまして、(テーマ曲の笛のメロディーを採譜してしまったくらい好きでした。)馬場信春役の高橋和也さんと西田さん、そして千葉さんが出演しておりました。直接からみはなさげなんが、惜しい!

以上、余談。

そんな景虎の動静をうかがうのは、宇佐美定満@緒形拳さん。

元尼子経久の名優キタ━━━(゜∀゜)━━━ !!!!!

千葉ちゃんと入れ替わりに大御所が来ると、やはり画面がしまります。

一方勘助は鉄砲を買い付けに根来へ。何故かためしうちをいやがる勘助がカワイイ。

そしてそれを運ぶ港を借りるため、久々登場今川悪巧みトリオのいる駿河へ。今川との盟約も義元の正室(晴信の姉妹)の体調がおもわしくないことで、雲行きがあやしくなっております。それでも勘助Fanクラブ会長(w)の寿桂尼の好意で港は借りられることに。

そういえばクレジットの寿桂尼(藤村志保さん)→宇佐美(緒形さん)のトメの流れは、太閤記などをを知るオールド大河ファンにはニヤリとさせられるはからいですね~。って私はうまれてない時代のことなのですが。去年の一豊と三成といい、こういう共演とか見るのも大河の面白さですわ。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »