« 夏は沸点が低いですね。 | トップページ | コックローチ君の住む箱と美術 »

2007年8月11日 (土)

風林火山「裏切りの城」

主人公はまるで真田な回。

真田一族といえば大阪の陣で活躍した真田幸村が有名ですが、よく考えたら幸村は徳川家と戦ったにもかかわらず、この一族はずっと残っていくワケで、考えたらすごいですね。

晴信は村上方の城攻略成功と引き換えに、真田幸隆の旧領安堵を約束します。

生まれた土地を取り返すため、村上方打倒に燃えます。

そして家臣の裏切りをうまく利用し、誘い込み作戦大成功。

その影でヒサ様と結婚した平蔵クンの義理パパの矢崎さんが村上方として見事な死亡フラグの回収をして討ち死にです。またも武田に恨みをもたされました。

最終的に第四次川中島の合戦で勘助を討つのはこの平蔵くんではないでしょうかねえ。今回で多分村上と一緒に越後に落ちて行きそうな雰囲気だし。

その主人公勘助は長尾景虎とはどんな人物か見極めるため、越後に鉄砲商人に化けて出かけます。そして景虎とご対面。

どうみても怪しいヤツにしか見えないよ勘助。m9(^Д^) プギャー

しかし坊主なのに剃髪もせず服装もボロボロだ・・・とスパイな勘助に対して怪しさを感じ、突っ込みを入れる景虎さんですが、どう見ても戦国時代の衣装設定じゃないあんたにいわれたくなかろうてw

なんか終わりのBGMが時代劇らしくなくてステキ。

|

« 夏は沸点が低いですね。 | トップページ | コックローチ君の住む箱と美術 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127690/16076254

この記事へのトラックバック一覧です: 風林火山「裏切りの城」:

» 風林火山〜第31話・太吉一族! [一言居士!スペードのAの放埓手記]
風林火山ですが、武田の信濃攻略は順調のようです。小笠原・村上二大勢力の弱い方から崩して行くのですが、小笠原長時の逃げるシーンは使い回しのような気もします。今川義元の正室が亡くなった為、武田から新しい人質を出す必要もあります。(風林火山、第31話・裏切りの城の感想、以下に続きます)... [続きを読む]

受信: 2007年8月11日 (土) 21時42分

« 夏は沸点が低いですね。 | トップページ | コックローチ君の住む箱と美術 »