« 夜に見る朝ドラ | トップページ | 「サムライうさぎ」2巻 »

2007年10月 7日 (日)

風林火山「三国同盟」

「あほぅ」

この寿桂尼さまの一言が今日の名言。

義元の嫡男、氏真クン、さっそくおバカ路線驀進中。現代に生まれればワールドカップ出場も可能だったサッカーの腕前だったのにもったいな~いw

勘助の策略により、武田・今川・北条の三国軍事同盟が成立。

この三者が一堂に会するシーンをみて、

濃いメンツ(顔が)

と思いましたよ、ハイ。

腹の探り合いな感じがまたステキ。氏康さんの額のキズは治らないのですかね。十字傷とかのほうがよかったと思う私でありますが。

一方長尾Gacktは上洛して天皇に拝謁。この天皇役の人って市川亀治郎さんのお父さんらしいですね。千葉親子といい、NHKが好きなさりげに親子競演ですな。

どうでもいいですが、このときの天皇は「後奈良天皇」確か実際に「奈良天皇」はいなかったのに何故か「『後』奈良天皇」なんですよね。

けっして「おなら」と読まないよ(ry

勘助の嫁とり話がうごめいておりますw。相木さんのセクハラ発言は毎度面白いですねえ。日曜夜8時にする会話ではないぞよ。

さて、とうとう同盟に奔走した名軍師デスラー総統雪斎と、われらが両津U姫の死亡フラグが立ちました。こうなってくると最終回が近いんだなあと思います。

雪斎の臨終シーンにはチラっと松平元信、のちの徳川家康を出してくんないかな~。

|

« 夜に見る朝ドラ | トップページ | 「サムライうさぎ」2巻 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127690/16690501

この記事へのトラックバック一覧です: 風林火山「三国同盟」:

« 夜に見る朝ドラ | トップページ | 「サムライうさぎ」2巻 »