« 来年の予定 | トップページ | 道といえば路 »

2007年12月16日 (日)

風林火山「決戦川中島」

最終回です。

毎年回想部分が多いのは目をつぶるとして、(w

最後が第一回の徒然亭若狭ミツちゃんの言葉「心の花~」の言葉でしめるとは!

志半ばで散っていった漢のロマンでした。(´∩`。)

武田信玄の軍師として必死に戦い生きた勘助。戦死のシーンはそんな人間の一生が集約されておりました。ヒーローじゃなく一人の人間という描かれ方だったような気がします。

一方で繰り広げられた信玄と政虎の一騎討ちは、清水DなだけにバリバリCGかとヒヤヒヤしましたが、わりとオーソドックスな感じでしたね。お約束を踏んだという視聴者サービスですね。

結局平蔵が勘助を討つという役回りは回避でしたが、彼も矢に刺さって生死不明。でもあのおふく婆さんに助けられたんだろうな~。

瀕死の勘助が見たのは妻女山から来る真田の援軍。この六文銭が最高にかっこよかったです。

戦い終わって勝ち鬨をあげる信玄たち、カメラアングルがアニメ三銃士を思い出してしまいましたが、泣けましたよ。(/Д`)・゜・。うわぁぁぁぁん

一年間お疲れ様でした~。

てなわけで今年の大河も終了です。

二年連続私的には及第点の最終回だったのでよしとしましょう。(笑)

さて、来年の「篤姫」。なんか朝ドラのノリなんですが、どうでしょうね。

とりあえず第一回は見てみようと思います。

|

« 来年の予定 | トップページ | 道といえば路 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127690/17386189

この記事へのトラックバック一覧です: 風林火山「決戦川中島」:

» 風林火山〜最終回・見果てぬ夢 [一言居士!スペードのAの放埓手記]
風林火山ですが、武田信繁、諸角虎定(加藤武)と相次ぐ討ち死にで、武田軍は劣勢に立たされます。本陣では武田信玄(市川亀治郎)が「勝つのじゃあ、勘助!!」と気合を入れますが、山本勘助(内野聖陽)は何かを決意したかのように自ら前線に向かいます。(風林火山、最終回・決戦川中島感想、以下に続きます) ... [続きを読む]

受信: 2007年12月17日 (月) 20時04分

» 頼山陽が見た川中島!! [函館 Glass Life]
いよいよ最終回ですね{/hamster_6/} 勘助の進言した「啄木鳥の戦法」が実行に 移されました。 「啄木鳥の戦法」は表面的には失敗だった のかも知れませんが、膠着状態の両軍を動 かしたと言う意味では、満更失敗とは言え ないのです。 何せ、人数の上では武田軍が有利なのは間 違いないのですから{/face_fight/} 上杉軍にはすっかり見破られていましたが、 見破った上杉軍も背後に控える武田軍の別 働隊が到着するまでの間に勝敗を決しなけ ればならかったのです。 両軍共、時間と戦っていた訳ですね... [続きを読む]

受信: 2007年12月17日 (月) 22時13分

» 風林火山 第50話 [一期一会の彩りを求めて・・・]
いよいよ最終回、信繁、諸角を失い動揺する武田軍ですが… [続きを読む]

受信: 2007年12月18日 (火) 01時42分

« 来年の予定 | トップページ | 道といえば路 »