« Saint Nicholas | トップページ | 人の輪の中で »

2007年12月24日 (月)

年末年始の時代劇

時代劇のシーズンです。

茶々(淀殿)を主役にした映画がやってますね。去年の大奥に続いて年末時代劇映画ですか~。

いっつも思うのですが、淀殿と北政所、どっちかを主役にすれば、どっちかが悪役になっちゃいますのはこれいかに。今度は淀殿が主役ということは、北政所は悪役なんでしょうね~。キャスティングみてるとどう見ても・・・そんな感じプンプン。なんで秀吉役の渡部さんに余貴美子さんが北政所やねん。(笑)NHKの大河もびっくりな年齢配置ですねっ!

寺島しのぶさん、アンタがど~う考えても淀殿でしょ。

千姫の着物の裾踏んでほしいぜ(w

で、富田靖子さんがお初(京極夫人)ですか。この人も茶々時代が似合いそうですね。

なんかこの面子だけで ((((;゜Д゜)))ガクガクブルブルな映画です・・・。どっちも狂った女の演技がすばらしいので。

どうせこの時代の女の人やるなら、浅井三姉妹より細川ガラシャやってくれよ!

司馬遼太郎氏の短編の放送禁止描写原作で。。。

***

で、再来年の大河主役。日刊スポーツのリークによると妻夫木聡さんが主役の直江兼続役だそうです。まだ正式発表されてませぬが。

・・・また民放路線に戻るのか・・・。

去年の仲間嬢・上川さん、今年の内野さん、来年の宮崎あおい嬢はどう考えてもNHK秘蔵っ子路線でしたのに・・・。

まあキムタクが来ないだけマシですが。(笑)こうくると、年上奥さん役は長谷川京子さんか井川遥さんのどっちかが来ると賭けます!

***

あと時代劇ついでに検索で多いので「無限の住人」22巻の感想です。

本巻の見所はなんといっても後顧の憂いを断つために散った吐の奥方と索太郎くんの自害シーンでしょう・・・。本誌で読んでて知ってたんですが、改めて読んで悲しすぎます・・・。脇の脇キャラまでほんと手を抜かない作者だ・・・。武家の奥方のかっこよさを見ましたよ。

つーわけで本筋は江戸払いを受けて常陸へ向かう逸刀流と、それを追う存在感の薄い主人公(笑)万次と凛、そして吐たち、久々登場の百琳と偽一。でも肝心の逸刀流ボスの天津さんたちは実は常陸には向かっていない・・・という展開。

知らん人がこの巻だけ読んだら主人公は天津さんだと思うわなw

あ、今回表紙の燎タンも健気ですよ。

誰と誰が戦うかが気になります。あと次巻であの変態も登場するハズ・・・えぐい。

多分加賀編と同じようにひとところにバラバラだった登場人物全員集めていくような気がします。とりあえず、くの一コンビは面白いのでもっと登場してください。(笑)

|

« Saint Nicholas | トップページ | 人の輪の中で »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127690/17465334

この記事へのトラックバック一覧です: 年末年始の時代劇:

« Saint Nicholas | トップページ | 人の輪の中で »