« ボーナスで使うもの・・・ | トップページ | うたばんぐみ »

2007年12月 9日 (日)

風林火山「死闘川中島」

霧の予言を信じた勘助は、挟み撃ちにする啄木鳥戦法発動。しかし、あのばあさんは上杉方にも情報を売っており、作戦は見破られてしまいました。

別働隊のほうに人数を割いてしまったため、ひそかに渡河した上杉軍を迎え撃つことになった武田軍。しかも別働隊に真田や飯富軍がいるという、なんか新撰組の池田屋事件のときと似てますね。

いや~上杉軍のほうが底抜けに強そうです。

そりゃ尼後経久宇佐美がいるからねw

決戦前に信玄と語り合う信繁には死亡フラグが確定。いや、知ってるからよけい分かってしまうシーンでした。

そして、決戦に臨む勘助のモノローグは第一回の冒頭につながるわけですね。

夜が明けて霧の中から現れたるは上杉軍。

勘助は作戦が失敗したことの気がつき狼狽。それを叱咤する信玄はやはり大物です。

久々に回想で登場した千葉さん@板垣の言葉を思い出し、陣形の維持を指示。

関が原の陣の西軍のイメージが強いのか、この鶴翼の陣って、負ける側が使う印象なんですよねえ・・・。

別働隊の到着までの時間を稼ぐためうってでた信繁と諸角さん。

奮戦むなしく討ち取られてしまいます。( ´Д⊂

兵たちが首をとりに群がる描写がリアルでした・・・。

その2人の討ち死にを聞いた信玄・・・。いよいよ最終回です。

頼むから平蔵が勘助を討つ役にだけはならないでほしいな・・・。

さて、篤姫の予告も楽しみですね。

|

« ボーナスで使うもの・・・ | トップページ | うたばんぐみ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127690/17323341

この記事へのトラックバック一覧です: 風林火山「死闘川中島」:

» 風林火山 第49話 [一期一会の彩りを求めて・・・]
前回、地味な形で始まった川中島の戦い…老婆おふくの言葉ですっかり血気盛んになった勘助…   [続きを読む]

受信: 2007年12月10日 (月) 23時25分

« ボーナスで使うもの・・・ | トップページ | うたばんぐみ »