« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月28日 (月)

寒い寒いさむいっ!

どうせなら雪が降ってくれりゃいいのに寒い上に冷たい雨というひどい天候の本日でした。誰やねん暖冬とかぬかしとったのは!

県からの調査照会のデータも再提出してくれといわれて、昨年との数値の合わなさにイライラしてしまったり、石油がなくなり、ストーブも点けられなくなった職場。(何故かうちの課にはストーブがあったりする・・・)

寒いのはイヤです。

はやくあったかい夏になんないかなあ。

すでに私の目は夏休みの旅の予定です。今年こそ海外に行きたいなあ・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2008年1月27日 (日)

篤姫「名君怒る」

府知事選挙結果のテロップがドラマ中に出てくるとwktkしてましたが、きませんでした。

結果は橋下弁護士でしたね。新知事がんばって下さい。

150年前の薩摩でも新しい藩主斉彬と姫の対面。典型的朝ドラのヒロイン於一は、女だてらに質問攻め。パパにご対面の練習までさせられたにもかかわらず、ついついお由羅騒動の久光派への処分がなかったことについてなど。

まあ、あ り え ね え 展開だけどね。

(このツッコミは今年何回書くことになるのだろうか)

幕末の名君島津斉彬を演じる高橋英樹さんはいつもおいしい役だねえと思いつつ、自身の考えを姫に伝え、大久保さんの赦免を約束します。

天真爛漫な娘の於一にあたふたする忠剛パパが面白いです。

そして、お目付け女中の菊本さんと言われたことそのまんまなお兄さんも面白い。

いやー今週、朝ドラでしたねえ。主人公のキャラがネガティブという朝ドラにはあるまじき「ちりとてちん」と交代してはいかがですか?(笑)

| | コメント (5) | トラックバック (3)

2008年1月26日 (土)

絵筆をとろうと思いつつ

風景画を描くのも趣味です。新しいポスカのセットを買ったのが去年。まだまともにちゃんと描いていないので、今年こそは絵を描こうと思いつつ。結構趣味が多いほうだとは思うのですが、どれも中途半端で、数年単位でメインになる趣味のサイクルが変わっております。夏季限定で登山ぐらいなんですよね。継続的なのは。趣味をするにも意思が必要だと痛感するこの頃です。

さて、体調がいまいちなので今週は禁酒週間にしてみました。そういうときに必ずお誘いいただくのが常ですが、ここはこらえてすいませんと辞退。それにしても一週間、家でもまったくアルコールを摂取しないのは久方ぶりです。

来週は課の旅行なんで、多分飲まされるんだろうな。。。あちこちからとみたはよく酒を飲むといわれるんですが、そうでもないんですよ。ぢつは。もうすぐ定年の部長のお好みで、けっこうあちこち寄ることになってしまいました。でもこういう機会でもないといけないところばっかりなので、ちょっと楽しみだったりします。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年1月20日 (日)

よしもと

大阪に生まれて29年。

初めて花月に行ってきました。

思ってたより劇場がこじんまりとしてたのでびっくり。でもあれぐらいでないと芸人さんの表情がよく見えないからちょうどいいんでしょうね。

横山やすしの13回忌ということで、西川きよしの漫談が聞けました。他にも阪神・巨人に仁鶴師匠など。みんな面白かったけど中でもシンクタンクの漫才が一番面白かったです。やっぱ音楽もそうだけどライブはいいですね。いや~行って良かったです。

そのあとミナミの街をうろうろしてたんですが、なんばはけっこう久しぶりだったんで、OIOIことマルイができていたのをはじめてみました。なんばパークスも立派になってたし。予備校に前職となんば拠点だった時期が結構長かったのですが、月日とともに街も変わってました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

篤姫「薩摩分裂」

島津斉興が悪代官にしかみません。涼風真世さんのお由羅の方も悪役オーラそのまんまでステキです。とても緋村剣心には

てなわけで薩摩の家督相続争いのお由羅騒動は続き、大久保家も災難が。

そんな状況を梅沢由香里さん監修の囲碁をしながら肝付クンからきいた姫様は、正助のお母さんの中の人が姫しゃま(w)のお母さんが演じる大久保家に勝手に台所からごちそうもちだして、お見舞いに。

しかし、大久保母に「家格の低いものにもプライドがある」といわれ、自分のしたことが、逆効果だったと思い悩む姫様。そんな姫様を母上は「その人が強く生きているなら、それは誇りを傷つけたわけではない」、と諭します。古典的な話ですが、なんかいい言葉ですね母上!(・∀・)イイ!!

薩摩藩ではやっとこさ斉彬が藩主に就任。

薩摩の改革が始まっていきます。そして島津とゆかりの深い近衛家の老女、幾島さんが登場。今度は松坂慶子さんですか、大物が続々でてきます。ますます義経とキャストがかぶってきている気がします。来年は功名とキャストがかぶって出てくるんですかね(w

最後のいたずら姫にはワロタ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月14日 (月)

篤姫「桜島の誓い」

大河の序盤はロケが多くて画面がきれいです。

どうせ江戸へ行ってからは大奥のスタジオ撮影だらけになっちまうので、今のうちに桜島の風景を堪能しておくが吉。(笑)

肝付くんと西郷さん、大久保さんあたりが仲良くなったみたいです。このメンバーがのちの薩摩藩を動かしていくわけですね。

さて、調所広郷はとうとう密貿易がバレてしまい、一人罪かぶって自害し、家を守ったわけです。いやー阿部正弘に平伏している、調所さんの絵は、3年前の後白河法皇と平知康と逆でございまして、オマケにあとで御舘(藤原秀衡)まで登場するサービスっぷりです。ワロタでしたわよ。

調所の自害を聞かされた主人公篤姫は、調所から渡されたニセ金を弔いのため、桜島の見えるところに埋めてしまいます。

朝ドラ大河の今作で、唯一大河らしい雰囲気をかもし出していた平幹さんの退場はもったいないですが、入れ違いに平時子様松坂慶子様が登場されるみたいですね。なんか大河常連になりつつある気がするのですが、久々に岩下志麻様も出てほしいなあ。

主役周辺がやっぱり朝ドラなんは仕方ないっすかねえ~。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

精神科医と温泉

香山リカさんの講演を聴いてきました。ミーハーなので。

「うつ病とは」「どうすれば治るか」などなど、自分の精神科医としての経験の話でした。最後のまとめとしてうつ病を克服するには

「がんばらないこと」「休むこと」

・・・やっぱりそうなんでしょうね。

「休むこと」も大事ですね。

てなわけで奈良県を調べると温泉がいっぱいです。

てなわけで翌日は御所市の某温泉に行ってきました。

祝日だからか人が多かったですが、長いこと入ってまったりしました。冬場はやっぱりあったかいところでまったりするのがいいですね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年1月13日 (日)

「名探偵コナン」60巻

とうとう60巻到達です。

一応ここ数巻で色々な種をばらまいた本堂くんがアメリカに行ってしまうようです。で、その本堂くんに自分の正体をバラしたコナン。だんだん正体を知る人が増えていくけど、大丈夫なんですかねえ。新しく登場した黒の組織のメンバーの可能性がある人物が、阿笠博士の家に居候することになりました。組織のほうから「バーボン」という名の探り屋を送り込んだと、赤井秀一事件で再びスパイとして組織に戻ったキールから入手。その人物の可能性があるわけですね。

また新たな展開になりそうです。

・・・

・・・はよ終われ!(笑)←いつも言ってるw

もひとつマンガネタで・・・

・・・いつも通勤途中に寄るK駅の本屋に「ブラッドハーレーの馬車」が平積みされておりました。・・・ここの店員はどういうセンスしてるんですかね?!(内容ははっきりいってエログロの極み)同じ作者のむげにんの新刊は積んでないのにねえ・・・。ワロタ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月12日 (土)

実質的なしごとはじめ

今週が実質の仕事はじめの週なので、一週間フルではたらくとしんどかったです。やっぱり6日も休むと生活のリズムを元に戻すのは結構しんどいもんがあります。

加えて、職場の部活でライバル登場!?なインフォメーション事件もあったり書類作成なども溜まってたり疲れる要素がいっぱでしたわ。

そんな一方で同期に誕生日祝いにドラえもんセットやTシャツ、他に風呂セットなどをもらいました。カレンダーといい、ドラえもんグッズがあふれかえる部屋になっております。

サプライズだったのでびっくりでしたが。みんな、ありがとう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 6日 (日)

篤姫「天命の子」

新しい大河が始まると見るか見ないに関わらず、新年を迎えた気になりますね。

さて、第一回のサブタイからして、何か義経の雰囲気なんですが。キャストがやたらかぶっているからかもしれませんね。(義経の第一回目のサブタイは「運命の子」w)最後に江戸城ドッカンはやめて下さい。歴史が変わります。

親父が戦国時代じゃないし、女性主役ということであまり視聴に乗り気ではないのでチャンネルゲットできるかどうか分かりませんが、一回目はぶんどりました!

私も正直幕末史は苦手なんですが、脚本家が田淵さんということで。さらにいうと幕末はどっちかというと幕府側のほうが好きなので、最終的には幕府側の人間として活躍した篤姫に期待しております。頼むから「ちょっと待ってください」で話を片付けてないでくださいよ。

序盤は薩摩藩が舞台の今年の大河です。

OPクレジットが縦書きに戻っておる!

おととしと去年はなんだったんでしょうね。

弦一徹さんが関わっているキレイな曲で。「大河のOP」ぽくないなとおかんの談。なんとなくCGが北条時宗っぽい。主人公がタイトルロールに出ているのはあのとしま(ry

ストーリーは

一(かつ)と名づけられたのちの篤姫が生まれる少し前からです。懐妊中の樋口さん演じるお母さんの前に現れたのは大駱駝鑑主催の人ですねっ!(w

肝付さんちの子も同じ頃に生まれるということで、篤姫の父、今和泉島津忠剛は島津本家の嫡男の桃太郎侍斉彬から肝付さんちと一緒にそろいのお守りを授けられます。これ、最終回のアイテムになるわけですねっ!組!におけるコルクとか義経における屏風とか功名における弾丸とか風林における摩利支天とかこの辺は大河ドラマお約束ですな。

おてんば娘に成長する姫とともに、薩摩藩と当時の幕末の社会情勢が同時進行していきます。キーになるのは薩摩の名家老、後白河法皇平ミキさん演じる調所広郷。薩摩藩の財政を立て直したという点ではかなりの手腕だったそうですが、実際農民に重税をかけていたことには変わりなく、正義の主人公於一は父にも無理難題を言う調所宅に乗り込みます。しかし、調所は密貿易をしていることをバラし、自分なりの正義を説きます。

いやーこういう人物好きですね~。

第一回目は人物の紹介ということで、みんな顔見せ程度に登場。これもお約束な展開です。

トリビアですが島津久光役の山口さんは「葵徳川三代」でも先祖の島津豊久だったり、島津義弘も麿赤兒氏だったり(大駱駝鑑の人)、さらに高橋英樹氏は「飛ぶが如く」では島津久光役だったり、大河ファンにはニヤっとする配役でございましたねえ。

まあ、全体的なノリは

朝ドラ

ですけどね。

| | コメント (2) | トラックバック (3)

正月の過ごし方

元旦は映画見に行きました。

見たのは「ナショナルトレジャー」の続編。一作目から見てたんで面白かったです。現代版インディー・ジョ-ンズですね。突っ込みどころも満載ですが、家族みんなでみるにはいい映画ですね。何よりテンポがよく、飽きさせないような仕掛けになってます。それに配役が映画マニアには色んな意味で豪華でしたね。評判いいようなんでまた続編やりそうですね。

2日~3日は親戚一同集合。

2日は毎年恒例花札大会。

Y家のローカルルールが適用です。人数が多いもんだから手持ちの札は2枚というギャンブルにちかい状態です。夕方から深夜まで続けられております。

3日は帰省中の某氏と近況報告。正月と盆に会うのは恒例になりつつありますな。(笑)しかし彼の新職場が私が勤めていた前の会社と同じビル内にあるとは世間は狭い!

4日から普通に出勤。年末から溜まってた書類の処理で意外と忙しかったです。

夜は大学同期の婚約披露(?)飲み会。いらんことをバラしてしまったと、あとで突っ込みを受けましたが反省してません。それでいいじゃん。(笑)

5日も大学サークルの恒例新年初詣@京都

八坂神社~下鴨神社のはしご。3ヶ日も過ぎたというに祇園は人が多かったです。おなす氏から誕生日祝いにドラえもんカレンダーもらいました。ありがとうございました。

夕方は職場の同期と新年会(?)例の有名なアノ歌を動画に収めることに成功しますた。(内輪ネタですね、すいません)

あと、年賀状もらったのに返せてない人すいません。近日中に送ります。

今年はほとんど送ってなかったので・・・。パソコン入れ替えで住所録が消えてしまい・・・(言い訳)

Image185

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年1月 2日 (水)

栗きんとん

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

ほぼ同時に20代最後の年齢にもなってしまいまして、三十路でも独身が確実になりました。(笑)まあどうなるかわかりませんが、いい年のとり方をしようと思います。

さて、大晦日はおせちつくりの手伝いに、紅白と毎年同じ迎え方をしておりますが、もう十何年も、栗きんとんを作るのが私の仕事になってます。今年は手早くしようと考えて普段サツマイモをゆでていたのを電子レンジ使用で手抜きをしてしまいました。しかし、パサパサになっちゃいました。水を加えたりしてなんとか元にはもどせたのですが、料理に手抜きはいけないな~と痛感いたしました。

紅白はGacktがやってくれました!未見の方は是非。

http://www.youtube.com/watch?v=sQK_d95GatU

突き抜けたここまでのパフオーマンスをやってくれるGacktのプロ根性は尊敬いたします。芸能人という立場を分かってくれてますよね。マイクは自前だそうですよ。

風林火山を見てない人のほうが衝撃かもw

おおむね、今年の紅白は余計な応援合戦とかがなくてよかったと思います。

では今年一年がんばるぞ~!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »