« 正月の過ごし方 | トップページ | 実質的なしごとはじめ »

2008年1月 6日 (日)

篤姫「天命の子」

新しい大河が始まると見るか見ないに関わらず、新年を迎えた気になりますね。

さて、第一回のサブタイからして、何か義経の雰囲気なんですが。キャストがやたらかぶっているからかもしれませんね。(義経の第一回目のサブタイは「運命の子」w)最後に江戸城ドッカンはやめて下さい。歴史が変わります。

親父が戦国時代じゃないし、女性主役ということであまり視聴に乗り気ではないのでチャンネルゲットできるかどうか分かりませんが、一回目はぶんどりました!

私も正直幕末史は苦手なんですが、脚本家が田淵さんということで。さらにいうと幕末はどっちかというと幕府側のほうが好きなので、最終的には幕府側の人間として活躍した篤姫に期待しております。頼むから「ちょっと待ってください」で話を片付けてないでくださいよ。

序盤は薩摩藩が舞台の今年の大河です。

OPクレジットが縦書きに戻っておる!

おととしと去年はなんだったんでしょうね。

弦一徹さんが関わっているキレイな曲で。「大河のOP」ぽくないなとおかんの談。なんとなくCGが北条時宗っぽい。主人公がタイトルロールに出ているのはあのとしま(ry

ストーリーは

一(かつ)と名づけられたのちの篤姫が生まれる少し前からです。懐妊中の樋口さん演じるお母さんの前に現れたのは大駱駝鑑主催の人ですねっ!(w

肝付さんちの子も同じ頃に生まれるということで、篤姫の父、今和泉島津忠剛は島津本家の嫡男の桃太郎侍斉彬から肝付さんちと一緒にそろいのお守りを授けられます。これ、最終回のアイテムになるわけですねっ!組!におけるコルクとか義経における屏風とか功名における弾丸とか風林における摩利支天とかこの辺は大河ドラマお約束ですな。

おてんば娘に成長する姫とともに、薩摩藩と当時の幕末の社会情勢が同時進行していきます。キーになるのは薩摩の名家老、後白河法皇平ミキさん演じる調所広郷。薩摩藩の財政を立て直したという点ではかなりの手腕だったそうですが、実際農民に重税をかけていたことには変わりなく、正義の主人公於一は父にも無理難題を言う調所宅に乗り込みます。しかし、調所は密貿易をしていることをバラし、自分なりの正義を説きます。

いやーこういう人物好きですね~。

第一回目は人物の紹介ということで、みんな顔見せ程度に登場。これもお約束な展開です。

トリビアですが島津久光役の山口さんは「葵徳川三代」でも先祖の島津豊久だったり、島津義弘も麿赤兒氏だったり(大駱駝鑑の人)、さらに高橋英樹氏は「飛ぶが如く」では島津久光役だったり、大河ファンにはニヤっとする配役でございましたねえ。

まあ、全体的なノリは

朝ドラ

ですけどね。

|

« 正月の過ごし方 | トップページ | 実質的なしごとはじめ »

コメント

幕末、未だにちゃんと勉強した事がありません。
授業では適度に飛ばされ、なぜ新撰組や坂本龍馬が人気なのか未だに勉強中です。

なんしか「るろうに」で幕末が動乱期だったって知った位で。。。。。←単なるバカかも。

篤姫も名前知らなかったし・・・・うーさんから「将軍を次々と毒殺する話やったらおもしろいのに」という情報を入手しましたが。。。。

そうなんですか?

投稿: うぇた | 2008年1月10日 (木) 18時58分

>うぇたどの
幕末の有名人が人気なのはほとんどが司馬遼太郎氏の小説がベストセラーになったからだと思います。「竜馬がゆく」が流行る前は坂本龍馬もマイナーな人物だったそうです。
思想や組織が複雑に絡み合ってるので難しい時代でもありますが、はまると面白いですよ。

篤姫は、多分大河ドラマでも1,2を争うマイナー人物かと。(笑)毒殺の件は聞いたことないですが、多分江戸中期の別の人物のことでわ?ただ、人物としては女性ウケするキャラだなーと思います。なんというか潔さと面倒見のよさがこの人にはあるので。

投稿: rin2@ねるまえ | 2008年1月10日 (木) 22時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127690/17601379

この記事へのトラックバック一覧です: 篤姫「天命の子」:

» 大河ドラマ・篤姫!! [函館 Glass Life]
いよいよ篤姫が始まりましたね{/kirakira/}{/kirakira/} 幕末は得意ではないのですがネタが続く限り 書いてみようかと思っている僕なのです{/hiyo_do/} 篤姫に関する幼少時代の資料は殆ど無いとい います{/cat_5/} 兄が三人、妹が三人の七人兄妹だったといい ますが、あくまでも系図上で確認するだけな のです{/ee_3/} 今の処、脚本家のイマジネーションで構成されている のでしょうね。 篤姫は徳川家定に嫁いで、次の将軍に一橋慶喜 を推す事が最大の使命だったと思... [続きを読む]

受信: 2008年1月 7日 (月) 10時50分

» 篤姫〜第1回・篤姫生誕! [一言居士!スペードのAの放埓手記]
篤姫ですが、思った以上に面白いです。幕末維新において江戸を救った天璋院という触れ込みですが、薩摩の誕生から始まります。桜島が綺麗ですが、懐妊中の母親(樋口可南子)の前に妙な僧侶が現れ「その女の子は江戸に行く」など予言をします。(篤姫、第1回・天命の子、感想以下に続きます)... [続きを読む]

受信: 2008年1月 7日 (月) 16時36分

» 篤姫 第1話 [一期一会の彩りを求めて・・・]
さあ大河ドラマ『篤姫』が始まりました。日本史が苦手な私には着いていくのがやっとですけど(笑)、宮崎あおいさんが頑張ってるからしっかり観たいと思います。早速オープニングの宮崎あおいさんは凄い綺麗ですね。 ...... [続きを読む]

受信: 2008年1月 7日 (月) 20時51分

« 正月の過ごし方 | トップページ | 実質的なしごとはじめ »