« 愛宕山 | トップページ | 四月の雪 »

2008年3月30日 (日)

篤姫「江戸の母君」

女祭りな様相を呈して参りました。

江戸へ向かう篤姫一行。

どうしても船にゆられてる幾島(=松坂慶子さん)を見ると壇ノ浦の合戦を思い出してしまいますね。トリビアですが、松坂さんは過去の大河ドラマの壇ノ浦の合戦で2回共平家方で入水する役をされてるそうです。

一方篤姫も船酔いモード全開ですねっ!

京都で最近離婚した春風亭師匠と対面し、いよいよ江戸に。

母上(=斉彬の正室)から反物やお菓子を贈られ、いい人だと思い込みますが。

モノをいろいろくれる人ほど怪しい人はいないって!w

なかなか対面をゆるされず、ようやく対面かなっても御簾の向こうから、

「分家の娘を将軍家の嫁にだすなど、皆が反対じゃい」

と冷たい言葉を頂戴してしまいます。しかもこの母上はお顔を隠しております。まるで、カカシ先生のようですがな。

こんなんいいつつ、じっつは篤姫にツンデレな母上だったりしてね。と思ったりもしつつ。

そんな状況をはじめて聞かされ動揺する篤姫ですが、幾島さんは、なんとしても姫を守ると心強いお言葉。も~幾島さんもツンデレなんですからっ!(w

あ、尚五郎さん、江戸にいけずスネてます。西郷さんは連れてってくれるのにね~。今も昔も東京に行くことがなんだかステータスなのは変わりませんね~。

それにしても和菓子がおいしそうでしたとのことよ。

|

« 愛宕山 | トップページ | 四月の雪 »

コメント

篤姫を守るっていったところの
幾島さん、本気でカッコよかった。
あの覚悟が凛とした強さなのでしょうね。
見習いたいなあ。

投稿: なおっぺ | 2008年4月 1日 (火) 22時26分

>なおっぺさん
いや~年をとってあんな女性に
なりたいですなあ。

投稿: rin2@ひさぽん | 2008年4月 2日 (水) 19時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127690/40693584

この記事へのトラックバック一覧です: 篤姫「江戸の母君」:

« 愛宕山 | トップページ | 四月の雪 »