« 関東の旅 | トップページ | カッコーの巣の上で »

2008年4月14日 (月)

篤姫「姫、出陣」

いやー、緋村剣心の中の人の悪女雰囲気が決まっててナイスですねえ。

斉彬の周囲で不幸が続き、それはお由羅の方の呪詛によるものだといううわさに。それを聞いた西郷らはお由羅の方の暗殺を企てます。多分、天翔龍閃で返り討ちにあうでしょうけどねっ。しかし、斉彬にそれを諭され、その人物としての大きさを改めて知ることになります。

一方篤姫もそんな話をきき、直に斉興とお由羅の方に会いに行きます。ま、

あ り え ね え 展開だけどね!(`_ゝ´)アッソ

ステキな相棒幾島とともに乗り込む篤姫は、二人に釘を刺すことに成功。

おまえはごくせんか!

まるでヒーローものの主人公さながらのわざとらしい展開!

(と、お由羅の方事件は史実だそうですよw)

おかげで病気の斉彬も快方に向かいました。

いよいよ将軍家への輿入れに向けて動き出しますなあ。

|

« 関東の旅 | トップページ | カッコーの巣の上で »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127690/40877845

この記事へのトラックバック一覧です: 篤姫「姫、出陣」:

» 篤姫 第15話 [一期一会の彩りを求めて・・・]
今回は、すっかり島津本家に慣れてきた様子の篤姫、虎寿丸とも楽しそうに遊んでいましたね。そして、斎彬から庭方役に抜擢された西郷どんとの意外な再会。 [続きを読む]

受信: 2008年4月17日 (木) 23時56分

« 関東の旅 | トップページ | カッコーの巣の上で »