« いい歌ですわ。 | トップページ | つれづれ文月の日々 »

2008年7月27日 (日)

篤姫「天璋院篤姫」「将軍の母」

2話一緒に感想です。

とりあえず、家定さま~~~泣

ウワァァ━━━━━。゚(゚´Д`゚)゚。━━━━━ン!!!!

ウワァァ━━━━━。゚(゚´Д`゚)゚。━━━━━ン!!!!

ウワァァ━━━━━。゚(゚´Д`゚)゚。━━━━━ン!!!!

悲しみにくれる篤姫。

が、一月近くも大事な人間の死を知らされなかった悔しさを母である天寿院サマにまで味あわせたくないと、真実を告げる篤姫。

息子の死を突然知らされた天寿院サマは悲しみ怒り嘆き、その矛先は篤姫に及んだのでした。まさに迫真の高畑さんの名演。それを甘んじて受ける篤姫の凛々しさもよかったですね。悲しいシーンですが、なんか見入ってしまいました。役者さんってすごいです。散らばる花がそのむなしさを誘います。

一方、井伊大老による安政の大獄が始まり、西郷さんや月照さんにも幕府の追っ手が。

そして頼みの薩摩藩も斉彬亡き後、悪代官そのものの斉興がしゃしゃり出てきてしまい、幕府から逃れるため、二人を幽閉し、挙句の果てに月照さんを西郷さんに斬れと。しかし、殉死をとどめた恩人である月照さんを斬れない西郷さんは、思いあまって心中を図ります。が、西郷さんのみ生き残り、奄美大島へ潜居することに。

しばらく井伊大老の独壇場が続きます。

一方将軍に就任した家茂は、篤姫あらため天璋院を母と慕います。

家定をなくした今、新しい家族だという家茂。天璋院の希望となるのです。

そんな中、篤姫のM-1グランプリ漫才の相方、幾島さんが使命を果たせなかった責任をとっての暇願いを突然申し出ます。

この人との掛け合いが大好きだったのに、いなくなっちゃうのですかね~~。

折り返し地点を過ぎてキャストが入れ替わっていくのは寂しいです。

|

« いい歌ですわ。 | トップページ | つれづれ文月の日々 »

コメント

確かに、目を離せない迫真の演技でしたね。
荒れだけ思いっきりはたかれたら
あざもできてそう…。
でも、あの直後のなぜ母を置いて逝く…と
号泣したシーンとあわせて、
結構好きなシーンでした。

投稿: なおっぺ | 2008年7月27日 (日) 22時45分

>なおっぺさん
まさに迫真の演技ですね。
「花」という生命力のシンボルみたいな
ものを使って「死」を演出するという
センスもなかなか皮肉かかって
いいシーンだなと思いました。

投稿: rin2@ひさぽん | 2008年7月28日 (月) 23時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127690/41986968

この記事へのトラックバック一覧です: 篤姫「天璋院篤姫」「将軍の母」:

» 篤姫 第30回「将軍の母」 [あしたまにあーな]
今回まず感じたのは、天璋院を演じる宮崎あおいのメークが前回よりも確実に白くなっており、余計歳をとったことが強調されていたことです。なんせ、このままずっとこの人で行くんで... [続きを読む]

受信: 2008年7月27日 (日) 21時50分

» 篤姫 第30話 [一期一会の彩りを求めて・・・]
次期将軍の家茂が江戸城に入城します。そして大老井伊直弼は『安政の大獄』を始めます。 [続きを読む]

受信: 2008年7月29日 (火) 06時08分

« いい歌ですわ。 | トップページ | つれづれ文月の日々 »