« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月30日 (日)

篤姫「無血開城」

日本の歴史には外国と違って、「クーデター」はあっても「革命」はない。

たしか岩倉具視の言だったような気がします。

明治維新が「革命」という説もあります。実際のところ、鳥羽伏見の戦いや上野戦争と戊辰戦争はこのあと続いていきますが、この江戸城無血開城をもってして一応の政権交代を考えれば、勝・西郷会談による江戸城無血開城はイギリスの名誉革命のようなものではないでしょうか。

天璋院が西郷との会見に赴く勝に託したのは亡き斉彬の書簡。御館ぃ~という黄色い声援が聞こえそうですが、西郷のもっとも敬愛する人物の残した言葉に江戸城総攻撃は中止され、天璋院の徳川家存続の願いは叶ったのでした。

そんな天璋院の元に現れたのはなつかしの上様!

ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ<亡霊!

「残したかったのは徳川の心じゃ」

という言葉に動かされ、城を明け渡し、大奥の歴史に幕を閉じる覚悟をした天璋院。

「最後の1人までめんどうみたる!」

そう宣言する大奥の頂点に立つ一人の女傑の姿がそこにありました。こういうめんどうみのいいトップってすばらしいですよね。

いやー前にも書きましたが、大河ドラマの一番の見せ場が合戦ではなく、合戦を避けることというのは過去初めてではないでしょうか。少なくともここ10年ではメインの合戦がありましたよね~。

てなわけで。あと2回!なんだかんだいいながらコンプリートできそうですね。そして最終回には菊本さんが再登場する予感w

| | コメント (0) | トラックバック (2)

何年ぶりですか

諸般の事情で駅伝に出ることになりまして。

何年走ってないのやら・・・。さらにここ一週間体調不良でもありましたが、お医者さんが2kmくらいならまあなんとか大丈夫でしょとのことで、強行出場。一部の人に散々バカだのいわれましたがw

奈良県の某所にて開催された駅伝ですが、今日に限ってむちゃくちゃ寒かったです。霜月の末日は木枯らしといっていいほどの冷たさ。

私は第二走者でしたが、コースに長くて急な坂が2つも・・・。誰やねんこんなコースにしたのとつっこみつつ・・・。

いやあ、し ん  ど か っ た で す・・・。よそのチームの人が坂では歩いていたくらいですから・・・。ロクに練習もしてないので苦しかったです。が、そこは元体育会系根性でなんとか走りきりました。しんどいけどなかなかの爽快感。

そんなこんなでみんななんとか完走。山道だったのでまっさかりな紅葉がきれいでした。普通に紅葉狩りで訪れたかったです。(笑)

送迎してくれたゲーリー兄さん、ありがとうございます!

とりあえず筋肉痛が続きそうです・・・。肺と喉もちょっと大事にしないとね。

まあ一番うれしかったのは同じチームの人の

「25歳くらいだと思ってました」

です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月29日 (土)

鹿さんはトナカイだ

用事で奈良市内へ。

商店街の一角に、せんとくんとまんとくんのパネルが並べて置かれていたのは友好的な証でしょうか。(笑)

やっぱりせんとくんの角は季節柄も手伝ってかトナカイに見えて仕方ありません!ここはやはり、せんとくんサンタバージョンなどを売り出してはいかがでしょう。

奈良公園周辺は紅葉がきれいでした。鹿さんも観光客へのサービスにがんばっておられました。出店が出てるとなんとなく無駄遣いしたくなりますね、わた菓子買いたかったです。

それにしても、体育館は外よりも寒かった・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月26日 (水)

ええっ~うっそ~!

「文学部卒なんですよ。」

と言えばほぼ100%の確立で言われるセリフ。

今日もとある人に話の流れでそんな話になり、言われてしまいました。

そんなに文系女子に見えないのか、私は。

文学部卒を否定される代わりに、工学部卒に見えるとよく言われます。

今となっては文系学生であった期間より理系的な仕事に就いてる期間のほうが長いので、もう技術者でしょ、と言われても間違いではないかなあと思います、ハイ。

まあ学生時代の理系と文系の垣根なんて社会にでたらあまり関係はなくなる気はしますがね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月25日 (火)

紅葉と雨

秋雨の京都は寒かったです。大阪のほうが暖かいなあと帰ってきて思いました。

まあでも雨の中の紅葉も風流だということでよしとしませう。

Image585

長岡京市の勝龍寺城跡公園にも行ってきまして、細川ガラシャゆかりの地を訪ねてみました。絶世の美女にあやかれるように。(笑)

そういえば最近の急激な気候の変化のせいか、職場のパソコンがえんえんとフリーズする現象におちいり、仕事がすすみません。EXCELを開くたびに20分ほど固まるという不条理さよ!資料作りしないといけないのになあ・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月23日 (日)

ヤイリ

のギターを買ってみました。弾きやすかったので、つい。一瞬、バンジョーを買おうか迷ったんですが・・・。一足早い自分へのクリスマスプレゼントってことで。それにしてもソフトケースに慣れてるせいか、そして微妙に病み中なせいか、ハードケースが重くて仕方なかったです。店の人いわく、保証書が行方不明らしく、あとで郵送されるとのことで。

それにしても久々に梅田に出ると、都会だなあと感じます。

出てくるたびに駅周辺の工事が進行してて、出入口がようわかりません。

東京在住の人に言わせれば、

「大阪のほうが地下はややこしい!」

らしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

篤姫「大奥からの使者」

大河ドラマって1年かけてやる分、でずっぱりなキャストな人って主人公以外では少ないので、当初のメインキャストが最終回にはそっくり入れ替わってることが多いです。当初の重要人物が久々に出てくると同じドラマの中でもすごく懐かしさを感じますね。

てなわけで初登場時と同じくわざとらしい雷鳴とともに現われたるはなつかしの幾島様。

徳川家存続に奔走する天璋院たち。

あくまで慶喜追討のスタンスの西郷さんを説得しようとして、面会を拒否された小松さんの前に現われた幾島さん。小松さんの天璋院を救いたい願いを聞き入れ、幾島さんは江戸の天璋院の元へ。

なつかしの場面が思い出されます。大分このときの天璋院(篤姫)って思い起こすと小娘演技で、一年での変化がすごいなあと思いました。

西郷への最後の望みの綱で天璋院自ら筆をとり、幾島に届けさせますが、天璋院の手紙をありがたくおもいつつも西郷の意思は固し。歴史は皮肉、とはいいますがまさしくそうですね。

どうでもいいですが見張り兵をかきわけて押し入る幾島さん、アンタ何歳だよ、

つ よ す ぎ

その話を聞いた天璋院、何か西郷を動かす術を見つけたようで、勝先生を呼び出します。

いよいよ、最後のどんでん返しがやってきます。

あと3回ですなあ。

何気にいまさらながら榎本武揚と松平容保が登場したことに驚きましたw

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2008年11月22日 (土)

おのれとかげ

タイトルは映画をテーマにした某テーマパークに行ってきまして、トカゲみたいな恐竜の水鉄砲直撃に怒る同期の名言です。ジュラシックパークにて、いきなり水をぶっかける仕儀に出るとはなかなかの兵でございます。

3連休の初日ということで、朝の7時半過ぎに奈良を出発して着いたのは10時半。恐るべき渋滞でございました。

絶叫マシン好きの連れ2人と共にジェットコースターなる乗り物に7~8年ぶりくらいに乗りまして。

お っ と ろ し か っ たです。(;´Д⊂)

始終目をつぶってしまいました。降りるとき微妙に涙目になってました。

自分の力でどうにもできないものは本当に怖いんです!!

私の顔色が本当に悪かったそうでw

まあ天気もよくてひさしぶりの遊園地もなかなか楽しかったです。以前にここへ来たのは前の会社の同期と一緒でした。そのころのつらかったことや楽しかったことなどがよみがえり、思い出の場所でもありますね。

その後、某所に移動しようとするがいいが、目的地は見えてるのにたどり着けず、かつ約一名が途中で体調不良のためリタイヤとかいうアクシデント満載でしたがw

掃除をして帰ることができなかったのが心残りです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月21日 (金)

発熱中

水曜日くらいから体調悪くて、木曜日の夜、体中が痛くて熱を測ったら38℃超えでした。

平熱が低いのでこれはなかなかの数値です。(・∀・)イイ!!

喉が切れてて吐血までしてしまいました。

どんなにしんどくてもある食欲も減退気味でした。

敗因は寒い中雨に打たれたことと過労でしょう。

珍しく職場で風邪薬をもらいに行きましたが、行った先で水を器官に詰まらせて床を水びたしにしたのはここだけの秘密です。

富田林まで送ってくれたYリーダーと、ようわからん差し入れをくれたびゅーてぃーぷりんせすに感謝です。

ここ数日の寒さは12月並だったそうですね。みなさん健康には気をつけませう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年11月19日 (水)

世代を超えて残る曲

そうえいば、最近、そういう歌が生まれないですね。誰でも知っててすぐ歌えるような歌が。「千の風になって」「世界に一つだけの花」くらいかなあ。でも後者は、誰でも歌えるかといわれれば難しいです。

ヒット曲、といわれても翌年になったら、すっかり忘却の彼方になってしまいます。

ノリやメロディーがそのときはよくても後に残らない、何か時代をうつしているような気がしてなりません。

まあ”音楽”が簡単に手に入って簡単に作れるようになってしまったせいもあるでしょうが。

でも、そんな時代に入る一歩前のこの曲は残っていくかなあと久々に聴いて思いました。↓

http://jp.youtube.com/watch?v=5017lbf43OQ&feature=related

夜明けだ朝だと騒ぎ立てずにその目を開ければいい!

そうだとも!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月18日 (火)

映画の撮影?

じゃあありませんが、仕事で事業を行う某所の現状写真を撮ることに。

人が歩いていたほうがいいや、ということでうちの課の若手4人が通行人としてかりだされることに。いそいそと作業着から着替えさせられ、移動して皆で撮影会。

男女ペアがいいだろうと、私は先輩と歩道橋やら歩道を行ったりきたり。

こだわりな課長の演出が冴えまして「そこもっと自然に!楽しそうに歩けよ~」

と、監督のこだわりの映像を取るため、何度もテイクを重ねて撮影しました。通行人の方は「何しとんねんこの人ら。」ですよね。(笑)

いつ、どこに掲載されるかはひみつ、ということでw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月16日 (日)

篤姫「慶喜救出」

年末に近づくにつれ、紅白につぎ込むためか、予算のなさがあらわになっていくのも大河ドラマの醍醐味でしょうか。wikiで調べると、篤姫の一話あたりの予算は近年ではかなり安上がりだそうです。合戦シーンが少ないせいかなとも思いますが。

その合戦シーンである鳥羽伏見の戦いが行われ、幕府=慶喜は朝敵に。

予算不足で西郷さんが陣地で睨んで、旗を掲げるだけで歴史のワンシーンがなりたつあたり、それが年末NHKクオリティ(笑)

戦で負けた慶喜は大阪から江戸に逃げ帰ります。勝にその弱さを諭された慶喜は、主人公天璋院に会うように勧められます。

大奥ではギャグ担当天寿院サマを筆頭に、逃げ帰った慶喜を朝廷に差し出して徳川を守るよう主張。なんて、強硬派なんでしょうか。コロコロ変わる人だw

そんなカオスな中、慶喜に会った天璋院。

「徳川を守る」という使命感に迷いなく邁進する天璋院は慶喜に

「ひたすら生きて、生き恥をさらせ、恭順の意を示すために」

とヤンクミばりのタンカで(?)諭します。

いや~なかなかかっこいいっすよ!(・∀・)イイ!!

「徳川」という家に集った血のつながりのない人たち、それでも私の家族を守る、というホームドラマ大河のテーマを貫き通す天璋院でした。

慶喜はその言葉を受け、謹慎に入り、あとは勝先生に託すことに。

薩摩軍による江戸総攻撃が始まろうとしております。

予告では、なんと懐かしい人物が!幾島さ~ん!(´∀`) 

| | コメント (4) | トラックバック (7)

赤い壁

昨日、レッドクリフの話をしていた矢先、見に行くことになりました。(笑)

とりあえず、三国志は全く知らないし、「赤壁の戦い」という名前と、人物では劉備と諸葛孔明しか知らないという無知でしたが、分かりやすくてよかったです。よく歴史好きだから三国志も大好きでしょ、と言われるのですが。

4月に公開予定というパート2が実質のクライマックスなんで、肝心な赤壁の戦いの前に終わっちゃいましたが。

中国の人海戦術のすばらしさはこういう史劇映画で存分に発揮できるなあと。CGも多用されてましたが、それでもエキストラの多さがよくわかる映像でした。

音楽担当が岩代太郎氏だったんで、微妙に「義経」なテーマ曲やBGMでした・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月13日 (木)

最近のやりたいこと

・ギター購入:今まで使ってたモーリス君は妖精に進呈しましたので、今度はもうちょっといいのを物色中。

・英語を使うボランティア:本気で英語力の低下を懸念中。何かそういうのあれば教えてください。

・秘湯でまったり。紅葉の素敵な季節ですね。

今日は久々に休暇をとりました。まあ平日でないとできない用事があったんで、そのついでに。なぜかテレビでムーミンがやってたので、ついつい見入ってしまいました。ムーミンのパパってタイムマシンを作れるそうです・・・。OP曲がやたらノリノリでおどろきました。

来月末までにあと12日有休とらないと、繰り越されずに消えてしまいますが、これはちょっと無理ですね。公務員はさすがに、どこぞの企業みたいにお金で買ってくれないですもんねえ。(笑)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年11月11日 (火)

何度目だ!OS再インストール

もうこのPriusのノートPCを使用して何回目でしょうか。なぜかネットワークにつながらない現象が続くので、思い切ってOS再インストールに踏み切りました。去年やったところなのに・・・泣

IP周りを調べてみるとローカルにしか届いてなくて、グローバル用のIPを取得できてないんですよね・・・。何かのデータ破損の影響か、はたまた何かのウィルスか・・・。原因不明でしたが、再インストールすると直りました。

で、OS再インストール用のCDが1枚なくて探し回り、本の間になぜか挟まっていたのを発見してようやく実行にうつすことができました。最悪、Linuxにしようかと考えたり、ソフトを持っているWin2000にしようかと思いました。・・・でも元がXPだと2000を入れるのはできないんですねえ。退化はできないってことで困ったもんです。

あ、今年になってso-netのアドレスを再びメインで使うようになりました。放浪に出たときをきっかけにhotmailメインにしてましたが。もうかれこれ10年使ってるアドレスです。

そういえば、いくつメルアドもってるか自分でもわからなくなってきましたよ。

gooとかyahooでも取得していたはずなんですよね・・・。

OS再インストールすると、最低限使うソフトのインストールやドライバも入れなおさないとつらいので、めんどくさいです。パーティション切って退避させるとかいう方法もあるんでしょうけどねえ・・・未だにやったことがないので原始的な方法をやらざるを得ませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いったりきたりな日曜日

てなわけで2つのイベントに出演させて(?)もらうことになり、U駅と某県立ホールをいったりきたり。

最初はU駅(バレバレだなw)で朝から出演。

前日から約1名の都合で朝っぱらから練習する羽目になり超不機嫌な朝に弱い約2名。

役所の駐車場で練習することになりました。朝から。通行人に怪訝な目で見られるというッステキな経験でした。

そして本番は外でマイクなしで歌うというのはとてもきついものがありました。途中でスタッフの人がマイクもって来てくれたときは笑うしかありません。(笑)

そしてそのあとはうちの市初めての合唱祭。某県立ホールの今度は大ホールで1000人収容の大舞台。出演は市内の合唱団10数組。

で、私らは浮きまくりでした。(w 浮いている原因として

・衣装なし(全員私服)

・おそらく出演団体で唯一のアカペラ曲

・指揮者がいない

・人数が出演団体のうちでもっとも少ない(推定)

あとで服装ぐらいまともにして出ろと怒られるような気がしてなりません。

まあこれもマイペースな人が集まった結果、ということで。

でも大きなホールで歌うのはテンションがあがりますね。おそらく今まで出演した舞台では最大規模の場所だった気がします。

まあこれまで合唱祭がなかったのが不思議なくらいでしたが、奈良の田舎街にちょっとでも音楽発表の場が増えていけばいいなと思います。

そして、そのあと、なぜかU駅に戻り、自動的に某音頭を歌う手はずになってたりしました。今後、れぱーとりーになったりしてとか、そういう予定はまだありませんと思いたいです。

帰宅したのは6時くらいだったのですが、とてもとても長い1日でした。

さて、今年最後のイベントはイルミネーションです。なんと5曲も歌います。完成するのかとても不安です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月10日 (月)

篤姫「龍馬死すとも」「母からの文」

二週分の感想です。

大政奉還という誰でも知ってる歴史の大事件、
それを成し遂げたのは鹿男、こと坂本竜馬。
戦をせずに政権を交代するという、画期的な案を出します。それを徳川家の存続のため、受け入れた慶喜。

薩長と幕府の様々な思惑入り乱れる中、大政奉還は実現します。
しかしそんな竜馬は暗殺されてしまいます。
小松さんにとっての盟友の死はとても衝撃のものでした。
一方徳川が政権を降りたという知らせは大奥にも届きます。
徳川将軍あっての大奥、勤め先がなくなってしまうやも、と
女中さんたちは動揺。しかし、大奥のドンとしての覚悟をきめた
天章院は「徳川と大奥はわたしが守る!」と高らかに宣言しました。
和宮も同じ決意をし、動揺していたにも関わらずオチとして、
私もですわよ!と強がる天寿院サマがステキです。

そんな影でほどよいイヤミ鬼ババ庭田さんが退場してしまいました。
いや~さびしくなりますなあ。。。

一方薩摩は大政奉還では生ぬるいと倒幕の動きにでます。
ケガで動けない小松さんが薩摩でじっとしている中、薩摩は幕府を挑発。

この中に相楽隊長が混じっていたことをるろ剣ファンはご存知ですよね?(笑)

そんな動きが大奥にも報じられる中、大奥三人衆は薩摩出身の天璋院を気遣い、薩摩に帰るよう説得。小松さんに促され、母親としての久々の登場なおかーさまの故郷へ帰っておいでな手紙にも心動かされましたが、天璋院の心は変らず。
さり気に久々登場の小の島さんに懐かしさを覚えました。
「私の家は大奥」だと菊本さんに説かれた「女の一本道」を貫く覚悟を宣言します。

いや~意思の強いな女の人ってステキですっ!
いよいよ戦が迫ってまいりました・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 8日 (土)

石見銀山世界遺産の旅

はい、ということで昨夜帰ってまいりました。

行き先は松江と石見銀山で、都市計画の全国大会と視察でした。

で、世界遺産の石見銀山ですが、地元の方曰く

「ガイドさんの話を聞かないとただの竹やぶと山ですよ」

とのこと。

確かに普通に歩いただけではその世界遺産としての価値が分からないものですね。同じ世界遺産でも宮島や屋久島などのように見てその価値がわかるものではなく、長い歴史を重ねている背景があるからこその遺産だそうです。

確かに足を運ばれる方は勉強していったほうがいいかと思いました。

いや~それにしても島根は何度か行ったことがあるとはいえ、遠かったです。江戸にいくほうがはるかに時間はかからないですね。。。山陰に新幹線が通ればいいのでしょうが・・・。

どうでもいいですが、荒神谷遺跡にて足をすべらせてすっころんでしまいました。腕をすりむいて痛いです。はずかし~(><)

そんな休むまもなく明日はまちおこしフェスタとかしはら合唱祭に出演です。いや~アカペラ曲の恐怖が今日になって発覚しまして、当日大丈夫かなあ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年11月 4日 (火)

ショックなので旅に出ます。

小室先生がタイホされてしまいました。

何を隠そう私はTMネットワークの大ファンだったりします。

7日間戦争なんて名曲ですよ。泣けますよ。こないだもyoutubeで聴いてしまいました。

マイナーだけど浜ちゃんのFriendshipもいい歌です。「時代が必ず正しいとは限らないから」青春の言葉ですよ。

まあ詐欺をはたらいたということで当然でしょうが・・・。

マッキーみたいに逮捕されて、戻ってきて原点復帰して名曲書いてくれることを願います。

と、いうことで西のほうへ旅に出てきます。

・・・いや、ただの出張なんですけどね・・・。6km歩く現地調査だそうです♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年11月 2日 (日)

日曜日でした・・・

篤姫感想は月曜日以降になります。

職場同期のゲーリー兄さんの結婚二次会に呼んでもらいました。体育会系な兄さんらしく、ノリが体育会系でした。まあ、それに加担していたのは、まぎれもなくうちの職場の同期(男性陣)ですけどね。(笑)楽しい二次会でした。お幸せに~。

てなわけで。

篤姫のテーマのピアノ譜を買ってしまいました。いつか弾ける日がくるのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 1日 (土)

ガス欠への挑戦

奈良県の山中を運転して帰ってきて、給油メーターが点滅したのが、太田交差点付近。(葛城市)

給油したのが堺市美原区と富田林市の境にある某GS。

かなりの距離走ってもちますね。ちなみに30L入るはずなんで、給油は28L強でした。てことは残り2L弱。

燃費が15km/Lなんで、なかなかもちました。ガソリンの値段が下がってきて嬉しい次第です。

まあガス欠なんてなった日にゃあ・・・ガクブルですけどね。どうにかしてできるだけアクセルを踏まないように運転してました。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

霜月です。

と、いいつつ霜はまだ見てないです。

今週は毎日書こうと思ったんですが、昨夜終電帰りで日付が変わってしまいました。。。

で、昨夜は鍋パーティー&同期の誕生会でした。鍋は今秋初めてです。毎度ネタなプレゼントを渡されるという主賓です。(笑)

ケーキのクリームが中々出ないとか、ホットケーキでできたケーキを冷ますため、ベランダに追いやられる家主とか。

んなわけで鍋のおいしい季節になりました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »