« おのれとかげ | トップページ | ヤイリ »

2008年11月23日 (日)

篤姫「大奥からの使者」

大河ドラマって1年かけてやる分、でずっぱりなキャストな人って主人公以外では少ないので、当初のメインキャストが最終回にはそっくり入れ替わってることが多いです。当初の重要人物が久々に出てくると同じドラマの中でもすごく懐かしさを感じますね。

てなわけで初登場時と同じくわざとらしい雷鳴とともに現われたるはなつかしの幾島様。

徳川家存続に奔走する天璋院たち。

あくまで慶喜追討のスタンスの西郷さんを説得しようとして、面会を拒否された小松さんの前に現われた幾島さん。小松さんの天璋院を救いたい願いを聞き入れ、幾島さんは江戸の天璋院の元へ。

なつかしの場面が思い出されます。大分このときの天璋院(篤姫)って思い起こすと小娘演技で、一年での変化がすごいなあと思いました。

西郷への最後の望みの綱で天璋院自ら筆をとり、幾島に届けさせますが、天璋院の手紙をありがたくおもいつつも西郷の意思は固し。歴史は皮肉、とはいいますがまさしくそうですね。

どうでもいいですが見張り兵をかきわけて押し入る幾島さん、アンタ何歳だよ、

つ よ す ぎ

その話を聞いた天璋院、何か西郷を動かす術を見つけたようで、勝先生を呼び出します。

いよいよ、最後のどんでん返しがやってきます。

あと3回ですなあ。

何気にいまさらながら榎本武揚と松平容保が登場したことに驚きましたw

|

« おのれとかげ | トップページ | ヤイリ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127690/43203168

この記事へのトラックバック一覧です: 篤姫「大奥からの使者」:

» 篤姫#47 [MEICHIKUえんため・ぶろぐ]
今回の物語は、何と言っても幾島の再登場でした。で、登場したら完全に全てを食ってしまい、中盤以降は完全に主役と行っていい存在感でした。天璋院の貫禄も凄いが、幾島が出てくると、やっぱり違いますね。で、静寛院をはじめ、物語の前半に出てきたキャラクターは完全に吹..... [続きを読む]

受信: 2008年11月23日 (日) 22時42分

» 篤姫 第47回「大奥の使者」! [バレルオーク日記]
<幾島再登城!>「今宵は、酒と肴を用意させます」昼間から酒をあおる本寿院様は、アル中状態?でしょうか。天璋院様のお言葉に、安堵のご様子でした。「やはり、昔に戻ったようじゃ」天璋院様と幾島との再開、この二人に間には誰も入れないような雰囲気がありました。「...... [続きを読む]

受信: 2008年11月24日 (月) 09時46分

» 西郷の決意!! [函館 Glass Life]
ここまで来ると歴史と云うよりはドラマとして見た方が 良いのかと思い始めている僕なのです{/kuri_5/} 已むに止まれず京都まで来てしまった小松帯刀ですが、 事もあろうに西郷は面会拒否!! 帯刀は家老である自分が何故会えないのかと問い詰め ますが『自分達は薩摩軍ではありません。もはや朝廷の 軍なのです』と言われては返す言葉もありませんね{/kaeru_shock1/} 官軍となった薩摩軍、もはや家老と云えどもどうする事 も出来ないのです。 西郷にしても会えば必ず心が動く自分を分かっていたの でし... [続きを読む]

受信: 2008年11月24日 (月) 11時42分

« おのれとかげ | トップページ | ヤイリ »