« 泣きたくて♪笑いたくて♪ | トップページ | start to work »

2009年1月 4日 (日)

天地人「五歳の家臣」

なんとなく、昨年から続く朝ドラの雰囲気のする大河ドラマです。

っていうか脚本がどんど晴れの人だから仕方ないのですがw

見た感想としてどうしても利家とまつみたいな感じがしております。

お話としては一昨年の続きにうまくなっているわけですね。

さて、豊臣秀吉からどんなに金を積まれても家臣になることを拒否した直江兼続。主君は上杉景勝その人しかいないといい放ち、秀吉はその気概を気に入ります。似たようなエピソードが伊達政宗の家臣片倉小十郎にもありましたが、思うに秀吉は結構色々な人にフラれてますよね。

時を遡り兼続と景勝の出会いから始まります。

長尾政景が溺死し、その黒幕は上杉輝虎(謙信)と疑います。

風説を説明しますと、この長尾政景は謙信と不仲説があり、謙信のことを思った宇佐美定満(風林火山では今は亡き緒形拳さん)が自らの身を犠牲にして共に溺死して政景を葬ったという説があるそうです。だから政景の子である喜平次は謙信を父の仇ではないかと疑っていたわけですね。

が、その喜平次の気骨を見抜いた謙信は喜平次を養子にすることに決めました。

どうでもいいですが仙桃院さんと謙信が同じフレームに納まってると

「結婚できない男」

を思い出してついつい吹いてしまいましたよw

ところでこれ、主人公は阿部ちゃん謙信にしか見えなかったです。

演出がありえないかっこよさなんですが。

太刀で丸太を真っ二つにしたうえ、飛んで来る矢を弾き返すという上田教授もびっくりな離れ業をやってのけました。(・∀・)イイ!!

なんてアニメ的演出やねん!(゚∀゚)アヒャ

こんなキャラなら阿部ちゃんには謙信より兼続の親友(と、一部の花慶ヲタに思われてる)前田慶次を演じてほしかった気が致しますが、まあいいや。

謙信の養子になることになった喜平次でしたが、あまり他人と打ち解けないご様子。それを心配したママの仙桃院さんは以前喜平次とケンカした与六であれば、と北斗七星のごとく喜平次に寄り添える家臣となれるのでわ、という勝手な思い込みと思い樋口家へ与六を迎えにいきます。当然のごとく嫌がる与六ですが、両親の出世してほしい願いは手元におきたい思いをころして与六を喜平次の元へ送り出します。

確かに親心あってのこの送り出しでしたよね、なかなか現実的な両親でした。

そして喜平次の家臣になるよう謙信たちと対面した与六。五歳ではまだ何も分かってないから当たり前ですが、

「こんなところへ本当はきたくなかった!」

といっちゃって第一回目終了。

これ、腐女子が喜びそうな設定ですよね~。以前も書きましたが今年の夏コミケで単独スペースが立ちそうな気がします。上杉景勝役に北村一輝さんって、北条時宗のときの同人誌乱立時代をわざわざ思い起こさせるキャスティングは狙ったとしか思えませんね。

げらげら。あ、今度は北村さんが主君の役だ・・・。

いや、当時同人ネタにされてたんですよ、時宗とハチがw

そういえば今年もクレジットは横書きですか・・・。

とりあえず大島ミチルさんはいつもいい仕事されてます、ハイ。

|

« 泣きたくて♪笑いたくて♪ | トップページ | start to work »

コメント

今朝、こちらへ帰ってきました。
渋滞に数度巻き込まれ、夜7時半過ぎに出て、着いたのが朝5時半。。。夜中の2時3時で10キロ以上の渋滞が発生するとは。。。
いよいよなおえさんがスタート!!
勘助に続く軍師シリーズ(笑)、竜馬の次は、本命・黒田官半衛、対抗・島左近、鍋島直茂、個人的には軍師ではないけど山中鹿之介とか、、、あと松永弾正とかおもしろいか、、、ありえないか(笑)
初っ端から笹野さんがいい年して(!?)吉川様の後を追っかける姿に痛々しさを感じてしまいました(笑)。
北村一輝といえば平頼綱ですか、、、私も思い出しました。ご主人は元劇団新感線の羽野晶紀の旦那やったね。
ところで、大河のメインテーマのサントラがまたもや発売延期、、、本当に発売されるのかいな?やはり健ちゃんのせい?(トミーズではなく!?)

投稿: マサル@しんゆり | 2009年1月 4日 (日) 22時17分

すっかり見逃しました(´;ω;`)
再放送を忘れないようにします(´;ω;`)

投稿: t.a.m.a | 2009年1月 4日 (日) 22時33分

>マサルさん
渋滞の中お疲れ様でした。
Uターンラッシュというやつですねっ。
>>なおえさん
軍師シリーズといえばやっぱり黒田さんが
次にきそうな気がします。司馬さんの小節
あたりをベースにして。松永弾正は・・・
最後はドッカンで終わるってやつですかw
笹野さん秀吉はなんか功名のときの柄本明氏
とかぶりますね~年齢無視は大河の醍醐味
ですかえ~
サントラについては健ちゃんでしょうね。
それしか考えられませぬ。。。。

>t.a.m.a
残念です。土曜日に見てください。
っていうか大河視聴は篤姫だけではないのね
ん。とりあえず阿部ちゃんの最終兵器ロボット
みたいな足音効果音とかギャグになってるので
おおいに笑ってください。

投稿: rin2@youtube | 2009年1月 5日 (月) 06時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127690/43639135

この記事へのトラックバック一覧です: 天地人「五歳の家臣」:

» 天地人 第1話 [一期一会の彩りを求めて・・・]
いよいよ始まりました『天地人』正直『篤姫』にのめり混んでいたので(笑)不安もありましたが、そんなことは稀有でしたね。 [続きを読む]

受信: 2009年1月 4日 (日) 22時25分

» 天地人 (妻夫木聡さん) [yanajunのイラスト・まんが道]
◆直江兼続 役の妻夫木聡さん(のつもり)昨日のよる8時、75分拡大版でNHK大河ドラマ『天地人』の放送がスタートしました。今回の主人公は、上杉景勝(北村一輝さん)に仕えた上杉家の家老・直江兼続(妻夫木聡さん)です。●あらすじと感想... [続きを読む]

受信: 2009年1月 6日 (火) 00時39分

» 溺死事件の真相!! [函館 Glass Life]
いよいよ天地人の始まりです{/fuki_oshirase/} 親・兄弟・親戚同士が血で血を洗う世の中で、愛を掲げ 戦国の世を生き抜いた直江兼続、戦国武将としては全く 稀有な存在ですね{/hearts_pink/}{/heartss_pink/} 上杉謙信とその継嗣景勝の影響が強すぎたのかも知れま せんね。 一説によると景勝は寡黙な人物だったと云われています。 唯一、心を許し話せるのが兼続だったのでしょうか?? 何れにしても、兼続自身にも主君と似た素養があったの でしょうね{/kaeru_love... [続きを読む]

受信: 2009年1月 6日 (火) 11時19分

» 大河ドラマ『天地人』第1回:五歳の家臣…初回は特に感想なし [子育ちP's 航生L(気分は冥王星)SQ]
大河ドラマ『天地人』第1回〜五歳の家臣  『篤姫』は初回からグイグイと惹き付けられるものがありましたが、『天地人』の初回はいかにも導入部って感じで、強い印象は残りませんでした。 【サルと三成に違和感】  若き日の秀吉=さる(笹野高史)に引いちゃいました。  笹野高史さんはイイ役者さんですけど、あの若作りはキツかった・・・。  それに柄本明、竹中直人みたいな強烈な秀吉のイメージが残っているから、笹野高史さんの秀吉は少しおとなしい印象でインパクトは感じなかったなぁ・・・。  ... [続きを読む]

受信: 2009年1月 6日 (火) 13時10分

» 大河ドラマ「天地人」第一話見ました。 [優しい世界~我が心に迷いあり(β)]
天地人 前編 (1) (NHK大河ドラマ・ストーリー)/火坂 雅志 ¥1,050 Amazon.co.jp どもっす。 昨日は正月休み最終日ということで、あのガンダム特番を見た後、TBをバシバシ飛ばしながら、「天地人」を見てました。 まあ、一言で言えば、主人公・直江兼続... [続きを読む]

受信: 2009年1月 6日 (火) 22時12分

« 泣きたくて♪笑いたくて♪ | トップページ | start to work »