« 虎穴にいらずんばボーリング | トップページ | そつぎょうろんぶん »

2009年2月22日 (日)

天地人「謙信の遺言」

別に長澤まさみ嬢がきらいでもないんですが、
原作小説に出てくるらしいから仕方ないんですが、
大人の事情で設定も変更になったそうですがw

ぶっちゃけ、いらんキャラじゃね?

まあ大河ドラマにはいろいろなオリキャラが登場するのがお約束ですが。
一昨年の平(ryとか、3年前の六(ryとか、4年前のうつ(ryとか。

まあこーゆーオリキャラは史実関係なく動かせるので、こういう歴史ドラマにおけるドラマの矛盾点などをうまく説明してくれる動かしやすいキャラなのでしょう。それにしても彼女が登場するたびに舞台演出になっちゃいますねい。

さてさて、上杉軍は織田を打ち破り、軍神謙信の健在をみせつけます。そして兼続くんもようやく蟄居を解かれ、いとしのらぶりぃ~だーりん、もとい景勝の元へ帰ることを許されます。もうホントに兼続が帰ってきたときのうれしさったら人一倍のくせに、ツンデレな態度の景勝サマにもう全国の腐女子サマのハートはずきゅーんとなったことでしょう。
(*´Д`)

最近このブログも検索でやたらBLなキーワードでひっかかるようになりましたが、私はそのテの世界のものではないので期待しないでくださいねっ(はあとw)

そして兼続の弟の与七くんも一緒に殿におつかえすることになりました。

兼続はようやく謙信と対面し、その義を説かれます。
「お前は迷いがあるから、迷ってその義を見つけられる、お前が一番私の義を継いでくれるものだ」と謙信からその信頼を伝えられ、いくら主人公フィルターかかっているとはいえ、感激の兼続くんでありました。あれ?もう泣きませんって先週いってなかったっけ?w

さて、こういう言葉があればお約束の退場フラグです。いよいよ来週謙信退場になります。
(´・ω・`)

どうでもいいですがOPクレジットのトメに来る人は一番の大物俳優、もしくは主人公に一番(ドラマ上で)影響を与えた人物だという法則だったのですねっ!

さて、今年のキーアイテムは「紅葉」ということで最終回まで引っ張ると思います!
何気に亡くなられたママが大事に持ってた干菓子、じつは紅葉の形だったことに気がつきました。今更。

|

« 虎穴にいらずんばボーリング | トップページ | そつぎょうろんぶん »

コメント

まさみ嬢、いらないほうに一票!

女スパイ的キャラってのは、女っ気ない戦場等で登場させすくて丁度いいんでしょうが。こりんこりんしたものを思い出してちょっと…

投稿: らむね | 2009年2月23日 (月) 14時41分

>らむね
確かにこりんこりんしてますなあ。
あんまり本筋に関係ないキャラだし。
前の辻と変わりばえしませんね。
おまけに時代まで一緒だし。
まさみ嬢は実在のキャラで使ってあげればよかったのにと思います。

投稿: rin2@ひさぽん | 2009年2月24日 (火) 20時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127690/44145420

この記事へのトラックバック一覧です: 天地人「謙信の遺言」:

» 天地人 第8話 [一期一会の彩りを求めて・・・]
いよいよ謙信VS信長 [続きを読む]

受信: 2009年2月22日 (日) 22時48分

« 虎穴にいらずんばボーリング | トップページ | そつぎょうろんぶん »