« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月26日 (日)

天地人「直江兼続誕生」

ようやく主人公が主人公の名前になりましたね。

・・・

信綱さん・・・かわいそうです。(´・ω;`)うう。

信綱亡き後、直江家の後を絶やしてはいけないということで景勝の命令により、兼続がお船のムコとして直江家に入ることに。

なんかどっちもすぐハイと言うあたりなんかそこへの葛藤はないんかい!ってツッコミがございますが。そこは史実との辻褄合わせにて時間をさいているヒマではないということですってかね?

しかし婿入りとは今的にいうと書類の上の話。
今までさんざん密会(笑)をしてきたお船と兼続ですが、婿入りしたとたん織田軍との戦で会わないという。
そんな感じでようやく初音との黄昏トークシーンのみから違うシーンになった信長。秀吉の部下の石田佐吉と対面して気に入り、

お約束の

「おれの部下になれ」

です。それを断る気概のあるオグリッシュ佐吉くん。
兼続と同じ目をしてる・・・と初音がいうのは少年漫画の分かりやすい伏線ですねっ。

加えて魚津行きといい、フラグが分かりやすいです。

というわけで信長も明智さんをキックして本能寺フラグもたちました。

さて織田軍が上杉に迫ってきます!

・・・そしてひっそり滅亡した武田・・・え~ん。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2009年4月25日 (土)

イベント実施のコスト削減

イベントやるごとにポスターとかビラとかパンフレットを作ることになっておりますが。

内容はともかくとして、ワードがそこそこ使えたら私らみたいなド素人でも作れるもんだなーと思います。それでもデザインなどはプロにはかなわないと思いますが。

イベント事業を行ううえで意外とコストがかかるのが宣伝や広告費用らしいです。
確かに新聞広告などに手を広げたらそこそこかかります。
インターネット時代といえど、まだまだ年配の人には紙媒体が一番強いなあと、先日とある方とお話して思いました。
でも先に述べたとおり、パソコンがあれば一番自前でできる部分ってのはこの広報活動なんですよね。

地域づくりの勉強をして思ったのは
「いかにお金をかけずに自分たちでできるか」
ってことなんです。
物事始めるにはまずはお金の問題がどうしてもついてまわりますが、なんでもプロにたのめばいいと考えるより、まずは自分たちにできることを探してみれば誰でも何かを起こすことができるかもしれないと思いました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年4月20日 (月)

姉妹木締結

縄文杉とNZの木がですってよ。

http://373news.com/modules/pickup/index.php?storyid=16394

両方ともじかに見たことあることは自慢になるかな。(笑)
英語が全く分からんかったから当時ガイドの兄ちゃんの説明も分からなかったのですが。
なるほど、そういう木だったのか。(今更)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月19日 (日)

天地人「信玄の娘」

ココログニュースで
「ブロガー唖然!?『天地人』」という記事がございますが。確かに御舘の乱でひっぱりすぎな感が否めないというか。なんとなく戦国時代の雰囲気がなく、会話劇なんですよね。

そんなわけで今回も信玄の娘菊姫が景勝に政略結婚で嫁いでまいりましたが。いつだって政治の犠牲になるのは女の人よ~ハシダスガコ先生っぽい展開を迎えております。

気の強そうな菊姫さん。武田を必ず助けるという約束はできぬという正直な景勝さんに心を閉ざすのでありました。そこへなんとか心を開いてもらおうとがんばる主人公兼続クン。御舘の乱を起こした責めを感じてしまいますが、主君ラブリー景勝様の「責めをおうのはむしろわしじゃ」との言葉になんとしても殿の役に立ちたい一心です。なんか後ろに尻尾が見えてしまうのは私だけでしょうか。。。ワンこ。
雪割草とともに菊姫の心を開いたのは亡き華姫を思う仙桃院様の涙でした。

一方で活躍を認められた兼続は家老に抜擢されます。
直江さんもみとめた!な心強いバックアップを受けますが、これもまた分かりやすい退場フラグですね。。。

そんわけで

・今日は序盤に登場する信長と初音

・さりげに登場した松方弘樹さんの徳川家康@ラスボス。時代劇の大物なのに、この人をリアル大河で見たのは初めてかもしれません。過去に渡哲也さんの代役で勝海舟の主役だったそうですね。

・どうでもいいんですが菊姫と山下真司さんとくれば「TRICK劇場版!」(このネタ分かる人いますかね(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (3)

出前公演?

来月の10日に出稼ぎ先の市内の某福祉施設にて出前公演をやることになりました。
じいちゃんばあちゃんとみんなで歌っちゃえ!てなプログラム構成なんで、コーラス5曲とみんなで歌おうが10曲です。
ここに踊りを入れたらどっかの合唱団のサマーコンサートみたいな体を成してきましたね。。。
何か方向がどこに向かっているのかよく分かりません。(笑)

ちなみに6月の7日にも市内某所にてとうとう単独コンサートをやることになりました。

聴きに行ってやろうって方は連絡下さい。ちなみにどっちも無料です。が、福祉施設のほうは施設入場料(風呂代)が必要です。

さらに秋にはコスモスうたまつりの第二回開催に向けて調整中で日程は来週には決まる予定です。

・・・昨年あたりから本業は何をしているのか分からなくなってきました。都市計画に財政と地域イベントには全くかかわりのない部署にいるんですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月18日 (土)

つれづれと遷都祭

歓送迎会等で2週間に飲み会が4回ありました。。。
うち一回はけっこうサプライズな方に連れて行ってもらいました。
春の素材を使ったご馳走を頂きました^^

そうそう、新しい職場の人に年齢をカミングアウトするまでそーとー若く見られていたみたいです。これは喜んでいいのか悪いのか?

さてそんな中、大阪で私が一番好きな場所へ行ってきました。緑がきれいです。

Higasi

わいわい大勢で騒ぐのも好きですが、一人で手当たり次第、本に囲まれて興味あるものを乱読するのも好きな時間の過ごし方です。

こんな大阪好きな私が奈良で働いているワケですが。いや、決して奈良が嫌いではありませんよ!

奈良といえば2010年の平城遷都1300周年祭の知名度ってどんなもんなんでしょうかね?せんとくん騒動で多少は知名度アップしたとは思いますが、大阪に住んでいるものとしての立場からすれば、何それ?という感じなのですが。

奈良だけ(それも県下の自治体とその周辺だけ)で盛り上がってるような気がしてなりません。

http://www.1300.jp/news/2009/04/1300-11.html

イベント企画をみてもなんとなく毎年やってるやつに遷都祭の冠をつけてるだけじゃねーの?と思うわけです。資金繰りとかもあるかと思いますがなんとなくパワーに乏しいなあと。

この灰皿の中の残り火を見ているうちにこれだと思った。この残った火が火種になるのだ。火種が次々に新しい火を起こしていけば火は絶えることなくやがて大きな炎となる。

さる名君の言葉であります。

火種はあれどちゃんと燃えうつらせていかないとな~と思います。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年4月15日 (水)

ぼくはどうして大人になるのだろう

アニメ映画史に残る名曲↓
http://www.youtube.com/watch?v=3-KG0CzLQSU&feature=related

そういえばもう公開も終わってるだろうドラえもん映画、
今年は宇宙開拓史のリメイクでした。

原作ではギラーミンとのび太の対決シーンが旧作の映画では変えられてたりしてましたが、今回ではどうなってたのか気になるトコロです。

恐竜→魔界大冒険→宇宙開拓史とくれば

次は大魔境か日本誕生あたりかなと思いますがどうでしょう。
大魔境のラストのどんでん返しは子供心にすごく感心しました。

作品としての質は旧作の10作目あたりまでのレベルを一から作るのは難しいと思うので、リメイクも仕方ないだろうなともう最近は思いますが、鉄人兵団だけは昔のままに置いといてほしいのが正直な気持ちです。

ドラえもんでも、アラサー世代にしか分からない話題ですね。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月12日 (日)

天地人「黄金の盟約」「御舘落城」

更新したのに反映されてねえ~~~ので泣けます。
ええ枕で涙を浮かべます。間違えた。。。
しゃーないから書き直します。

二週分のつっこみ

・お船さんダンナさんの前で「兼続どの」はNGワードですってよ!
あわれ信綱様。見るたびに哀愁が・・・。

・兼続くん、牢屋に入れられる!

・どんど晴れ!な脚本家つながりの武田の姫登場。
 上杉にも「おもてなしの心」をお伝えして参ります。

・金で釣られた武田勝頼。

・毎週終わり近くになると登場する信長と初音さん。
 ぶっちゃけ本編にからんでないからいらなくね?

・かっこいいぜ仙桃院サマ

・裏切られて裏切られてかわいそうな人物NO1景虎さん。

・・・てなわけで感想になってませんね、すいません。

武田との同盟に成功した景勝軍は優勢に転じ、景虎の自害という後味の悪さで一応の収束を向かえる御舘の乱でございました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

桜をみたいので拉致

先週に引き続き、夜桜を見に行きました。

↓のメンバーを無理やり拉致するという強引ぶりで。(笑)

(^・ω・^)<おっかしいのねん?

(#゚Д゚)<びょ~いん~いかせて~(花粉症)

(。。)<・・・夕ご飯作るつもりなのに~

以上のクレームを無視して。

で、御杖村の丸山公園に向かったのですが、まだ惜しくも三分咲き。
いや~国道369号は山間部に至ると街灯もなく怖かったです。ガス欠になったらどうしようかとヒヤヒヤ。
てなわけでせっかく来たのでそっから三重県美杉町の三多気の桜へ向かいました。御杖村が県境付近なので三重県といえど御杖村から車で10分もかからない位置になります。

着いたのが20時頃だったので昼間のような交通規制もなく、人も少なく、街灯もほとんどなく、ほのかに浮かび上がる満開の山桜が綺麗でした。最近知ったのですが桜の名所なんですね。

Mitaki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月10日 (金)

花祭りの週

某名曲の一節

My feet is my only carriage

So I've got to push on through

But while I'm gone, I mean

Everything's gonna be all right


悲しげな、でも前向きな。

たとえ私がいなくなっても、うまくやってほしい、そう思います。

自分で色々なことを初めるほうですが、一番うれしいのはそれが他の人の手によって改善されていってずっと続いていくことです。物事を最初にやるのは意外と簡単なのですが、それを人にゆだねて続けていくこと、これはずっと難しいことなんだなあと思いました。

なんかあっとゆーまに一週間が過ぎていきました。
職場も変わり、年はくってるが、まるっきりのピカピカ新人さん状態なので覚えることが多くすっごく疲れました。(^^;
まだ今の職場に落ち着くまで今月一杯はかかるでしょうね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月 8日 (水)

歴史は続いていく

しらんまに「その時歴史が動いた」が終わって「歴史秘話ヒストリア」になっておりました。
まあ中身は同じ歴史番組ということで、松平アナがあゆさんに代わっただけで、あまり変化はないですが、篤姫から増えてきたひそかな歴史番組ブームの中で歴史番組枠はNHKの得意分野として、そして大河ドラマの宣伝枠として残っていくんでしょうね。

その時歴史が~を見て一番インパクトがあったのは2005年放送の「民を救った義士たちの物語 ~宝暦の治水・薩摩藩士の苦闘~」でした。堤防工事にかける薩摩藩の面々にすごく感動しましたよ。歴史の面白さや感動は政治劇や戦乱だけではないと思いました。

で、後番組の一回目は北条政子と源頼朝夫妻の夫婦ゲンカて。どういうセンスしてるんでしょうか。使い古されたネタやん。うわなり打ちなんかちょっと歴史好きな人ならみんな知ってるでしょうし。まあ古代から中世封建制度への転換という位置づけで考えるならどちらも日本史でも五指に入るべきかつ世界史的に見ても重要な人物たちなのに、何故か人気がないという。(笑)

まあ戦国や幕末人気にはどうあっても鎌倉時代は勝てないからいいんですが。
(´・ω・`)
鎌倉仲間(屮゚Д゚)屮 カモーン

ちなみに私の卒論は江戸時代というたいそうな矛盾は無視してください。

・・・ギターとピアノの練習しないといけないのに、ヲタ話かいてて時間がねえ。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2009年4月 6日 (月)

にくとてつやうたかいとさくら

大阪北部山岳地帯の某山荘にて、大学時代の懐かしい面々との徹夜歌会に参加させてもらいました。ちなみに私は仕事で遅れる幹事の野菜嬢の代理だったことが発覚いたしました。(笑)

徹夜歌会とはその名のとおり、徹夜で歌を歌うというO大学の某音楽サークルの名物イベントでありました。
この某山荘は学生時代の合宿に使っていたところで、とても辺鄙な山中にあります。夜なんか街灯がなくて真っ暗!季節外れの肝試しできます。誰がここで合宿やろうと見つけてきたんだろうか。。。
そしてここの名物といえば夏場は「回る」そうめん(!)そして肉肉肉の食事。
今回もジンギスカンにから揚げに、鶏肉に牛肉にと。どんだけ体力つくねんってかんじの。

↓これが大量の肉の一部
Niku

ひさしぶりに会う人たちもわんさかいて、家族連れな人もいてにぎやかな同窓会状態。
そして「乾杯の歌」からひたすら夜が明けるまで歌う歌う。
昔の社会運動系の名残の多々残る通称ピンク歌集から大曲(?)「十の詩」まで。
退団して7年たちますが、けっこう覚えているもんですね~。
流石に歌い続けて疲れましたが、楽しかったです。

で、そのあとは奈良に行って桜を見に行きました。元気だな~私。
御杖村で見つけた隠れた桜の名所の公園にいこうとしたのですが問い合わせるとまだ蕾とのことで、行き先を変え宇陀の又兵衛桜を見に行ってきました。

ここへは大河ドラマファンなら行くべきでしょう!(笑)
4日からライトアップされてまして、とても綺麗でした。
まだこれでも満開ではないそうですが、年月を重ねた静かな佇まいに自然の大きさを感じました。

明るい間↓

Image790

らいとあっぷ↓
Image793

いや~それにしても山中なので寒かったです。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年4月 1日 (水)

おかたづけ

とうとう辞令が発令されてしまい、異動が現実になってしまいました。(笑)

辞令受けるときは普段着でいいよ、と周囲から言われたのに、同じく異動になる別の課の同期T氏はスーツ姿。

・・・他の人もほとんどスーツ・・・異動先の係長にもつっこまれる始末。

が、うちの課の人々から作業着が制服やからそれでいいやん、とのありがたい励ましのお言葉を頂き、堂々と作業着で辞令もらいました。ヤケ(笑)浮いてる・・・。

それにしても人の異動で何故か異様にテンションが上がって笑い続ける同期妖精K(#゚Д゚)は公私共に同じことをしているのに何故彼女も異動にならないのか不思議でたまりません。

それに対する某レディの名言が
「いっつもいぢめられてるから復讐を果たした気になったんじゃないですかね」
ですってよ。ひでえw

さらに私が異動すると分かったらひたすら急にノートまで買って勉強しだす上、人のパソコンを分捕る引継ぎ相手の同期K(・∀・)がわけのわからん張り切り方をしております。

新人さんも今日から来てうちの課も一人若い男性がやってまいりました。
庶務系の係に配属になり、延々と業務説明を受けるという。

お役所用語が色々あるから大変ですよねえ。

内示後はここ2年間で一番忙しくなりましたが、なんとか机は片付きました。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »