« おかたづけ | トップページ | 歴史は続いていく »

2009年4月 6日 (月)

にくとてつやうたかいとさくら

大阪北部山岳地帯の某山荘にて、大学時代の懐かしい面々との徹夜歌会に参加させてもらいました。ちなみに私は仕事で遅れる幹事の野菜嬢の代理だったことが発覚いたしました。(笑)

徹夜歌会とはその名のとおり、徹夜で歌を歌うというO大学の某音楽サークルの名物イベントでありました。
この某山荘は学生時代の合宿に使っていたところで、とても辺鄙な山中にあります。夜なんか街灯がなくて真っ暗!季節外れの肝試しできます。誰がここで合宿やろうと見つけてきたんだろうか。。。
そしてここの名物といえば夏場は「回る」そうめん(!)そして肉肉肉の食事。
今回もジンギスカンにから揚げに、鶏肉に牛肉にと。どんだけ体力つくねんってかんじの。

↓これが大量の肉の一部
Niku

ひさしぶりに会う人たちもわんさかいて、家族連れな人もいてにぎやかな同窓会状態。
そして「乾杯の歌」からひたすら夜が明けるまで歌う歌う。
昔の社会運動系の名残の多々残る通称ピンク歌集から大曲(?)「十の詩」まで。
退団して7年たちますが、けっこう覚えているもんですね~。
流石に歌い続けて疲れましたが、楽しかったです。

で、そのあとは奈良に行って桜を見に行きました。元気だな~私。
御杖村で見つけた隠れた桜の名所の公園にいこうとしたのですが問い合わせるとまだ蕾とのことで、行き先を変え宇陀の又兵衛桜を見に行ってきました。

ここへは大河ドラマファンなら行くべきでしょう!(笑)
4日からライトアップされてまして、とても綺麗でした。
まだこれでも満開ではないそうですが、年月を重ねた静かな佇まいに自然の大きさを感じました。

明るい間↓

Image790

らいとあっぷ↓
Image793

いや~それにしても山中なので寒かったです。

|

« おかたづけ | トップページ | 歴史は続いていく »

コメント

てつやうたかい楽しかったですね

家帰ってフラ~フラ~で
死んだように寝てしまい
遅くなりましたが

車出動本当に助かりましたhappy01

ありがとうございます

投稿: らむね | 2009年4月 7日 (火) 00時13分

>らむねどの
熱い歌を久しぶりに歌いましたね。
命あればまた♪
>>くるま
どういたしまして。危険運転でも
無事に送り届けることができ、
安心しております。笑

投稿: rin2@ひさぽん | 2009年4月 8日 (水) 06時52分

こんばんは。
私も本当に楽しかったです。
でも、さすがにあの真っ暗な中、
あの崖のところでの肝試しは
とても遠慮したいです。
機能は会社のグループの花見でしたが
徹夜歌会の話題で盛り上がってしまいました。
またやりたいね。

投稿: なおっぺ | 2009年4月 8日 (水) 21時41分

>なおっぺさん
あの暗い中、携帯の光をたよりに
追いコンに行った記憶が(笑)
また歌いましょう。
結局「命あればまた」を歌ってないっすよ!替え歌まで作ったオキニだったのに。w

投稿: rin2@ひさぽん | 2009年4月 9日 (木) 22時59分

遅ればせながら、こないだはお疲れ様でした!
たぶん初めてまともに喋ったような気がしますが、
話ができてよかったですheart
また何かで会おうね♪

投稿: くのすけ | 2009年4月11日 (土) 00時10分

>きゃーくのすけさーん
お疲れ様でした。
そうですね~実はほとんどオンライン
つながりでしたね。(笑)
きれーな歌声もおそらくはじめて
聴かせて頂きました。
こちらこそまた会ってやってください。


投稿: rin2@ひさぽん | 2009年4月12日 (日) 11時02分

先週はお疲れさんでした。
まさかこんなに集まるとはっ!という人数でしたが、楽しかったですな。はるばる参加したかいはありました。
回るそうめんはなかったのは残念!?ですが、まあまだ寒いので。。。
また是非やりたいものですな。毎年の恒例行事にしてもよさそうな。。。

投稿: マサル@しんゆり | 2009年4月12日 (日) 23時22分

>マサルさん
ほんとにはるばる参加ですね(笑)
お疲れ様でした。
でもほんとたくさんの人が
集まりましたね。何年ぶりやねん!
って人もたくさんで。
企画のおなす嬢に感謝です。
>>回るそうめん
看板には「流し」そうめん
と書かれてるんですよね。

投稿: rin2@ひさぽん | 2009年4月13日 (月) 22時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127690/44588210

この記事へのトラックバック一覧です: にくとてつやうたかいとさくら:

« おかたづけ | トップページ | 歴史は続いていく »