« マイナスのスパイラルに負けないよう | トップページ | 続く不幸とコスモスうたまつり »

2009年7月 5日 (日)

天地人「与六と与七」

兄弟ゲンカの回でした。

小沢真珠さまは孝太郎くんの恐妻役だったのですね(笑)
兄弟そろってムコ養子、兄とちがって手柄のないことを責められ肩身の狭い実頼くん。
源氏の流れの~というセリフ、「義経」では平家方だった孝太郎くんに対するあてつけでしょうかねっ。

ようやく景勝の名代として上洛し、官位に改姓を与えれられ有頂天(?)な実頼。
でもそれを上杉家の者としてどうやねん!と兼続につっこまれ、
「なんだよー!」
ってな感じで殴り合いの兄弟ケンカに発展するのでありました。

そして兄の下でやっててはおれは成長できない!と決意した孝太郎くんは京に残ることを決意します。

さり気に登場した深キョン茶々さんですが、なかなかわがままっぷりがステキですね。

そしてお船さんがようやくご懐妊。あき竹城さんの「床の用意ができましてございます!」には笑いました。どんだけ怖いねん!

来週は伊達政宗登場ですか。
妻の愛姫役は渡辺謙さんの娘さんだそうで。時代の流れですな~。
政宗のときに直江兼続って出てきたっけ?と思うこの頃です。

|

« マイナスのスパイラルに負けないよう | トップページ | 続く不幸とコスモスうたまつり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127690/45547693

この記事へのトラックバック一覧です: 天地人「与六と与七」:

» 天地人 第27回「与六と与七」 [あしたまにあーな]
今回はなんとなく考えさせられるテーマでした。兼続のいつも近くにいるからこそ、兼続の大きな存在の中に埋もれてしまって自分を出すことができない実頼は、ずっと思い悩んでいたのでしょう。奥方である小国家の娘とその父母のプレッシャーぶりもものすごいものがあります。ここまでいうとやり過ぎ感があるような気さえしてきます。特に奥方のしゃべり方、あんな奥さんがいたらストレスが溜まってしまうに違いありません。よく耐えました。 聚楽第の落成祝いで景勝の使者として上洛した実頼は、とにかく秀吉という大きな存在と雰囲気に飲... [続きを読む]

受信: 2009年7月 5日 (日) 22時14分

» 景勝の「天地人」第27話 [休羽捫虱堂]
#「与六と与七」 [続きを読む]

受信: 2009年7月 6日 (月) 22時56分

« マイナスのスパイラルに負けないよう | トップページ | 続く不幸とコスモスうたまつり »