« 叫べ | トップページ | 偏屈者のキライな言葉 »

2009年9月13日 (日)

天地人「家康への挑戦状」

スペースキーがだんだんとやばくなってまいりました。

さて、とうとう家康がいいがかり作戦大炸裂。

城の修理をしたからといって
謀反の疑いって、もうなりふりかまわずですな。

ちなみにこの城の修理の許可制度がのちの
江戸幕府の武家諸法度までつながるという、
ステキな辻褄あわせになってたりしてますね。
しかものちにこの城修理で失脚するのが東軍に味方した
福島正則というのが歴史の不思議というかなんと言うか。

おっと余談はおいといて。

とんでもないいいがかりに対し
堂々と正義がこちらにありと宣言したのが
かの有名な直江状。
いったいどこまでの人にまで送ってん!
と突っこみたくなりますが。

これに激怒した家康は会津討伐に動きます。

そして家康を迎え撃つ準備を始めた上杉。

が東軍が兵を挙げたと同時に石田三成も親友
大谷刑部とともに毛利を総大将に挙兵。

その動きを受けた家康は大阪へ小山から
引き返します。

それを好機として追い討ちしようとする
兼続たちですが、
そこに「義はない」と景勝が止めます。
あくまで義を貫こうとする景勝に
兼続たちも従います。

なかなかいませんよ
「どうしても追いたいならわしを斬ってからにせよ!」
(・∀・)イイ!!

そして関が原の合戦は始まるのでした。

|

« 叫べ | トップページ | 偏屈者のキライな言葉 »

コメント

「どうしても追いたいならわしを斬ってからにせよ!」

↑本当に斬りそうな勢いだったね。
自分の中の気持ちを斬っていたのか。
あの辺のかっこよさは、やっぱり
男だからかなあって
思ったりします。
殿の内面って分かるようでいて読めない部分があるから、あの時どういう気持ちだったのか
聞いてみたい気がします。

投稿: なおっぺ | 2009年9月13日 (日) 23時43分

>なおっぺさん
たとえ家臣に斬られても
殿の義を通す!の信念でしょう。
あそこは。
かっこよかったです。

投稿: rin2@朝 | 2009年9月14日 (月) 20時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127690/46202568

この記事へのトラックバック一覧です: 天地人「家康への挑戦状」:

» 天地人 第37回「家康への挑戦状」 [あしたまにあーな]
関ヶ原の戦いに向けて導火線に火が付けられる時がやってきました。家康から謀反の疑いがあるというので上洛して申し開きをせよという内容なのですが、上杉からみると完全に言いがかりとしか言いようがない内容のものでした。道路を整備し、武具を集めて、城を築くことが謀反に当たるというのです。 上杉としては、都から会津へ帰るときにすでに分かっていたことなんですよね。逆賊の汚名をきせて上杉を攻めるシナリオはすでに家康の頭の中では固まっていたことで、それを口実にしようとしただけなのかもしれません。あとはいかに誰の目か... [続きを読む]

受信: 2009年9月13日 (日) 22時52分

» 勝海舟の情報 [勝海舟ブログ]
江戸幕府の幕を引いた男勝海舟情報 [続きを読む]

受信: 2009年9月15日 (火) 03時06分

« 叫べ | トップページ | 偏屈者のキライな言葉 »