« 天地人「家康への挑戦状」 | トップページ | くろーずあっぷげんだい »

2009年9月13日 (日)

偏屈者のキライな言葉

社会人の挨拶常套句
「お疲れ様です」
ぢつはキライなんですよ。
あまり使いたくないです。
(つい、使ってるけど)
目上から目下へ使う言葉みたいですし。

そもそも「疲れ」ってなんやねん!
と思うわけですよ。

基本的に日本語って
骨折りとか苦労をかけさせて
ごめんなさいというへりくだりが念頭にあって
よくイベントとかでの挨拶で来場者に
「お忙しいところ来て頂き・・・」
なんていいますよね。

ヒマやからきとんねん!
といつも突っこみたくなります。
「忙しい」
「疲れるほど仕事する」
がステータスと思わせてんじゃねーかと
思うわけです。

それに反するのが以前の
職場の先輩から言われた
「忙しい=要領が悪い、と思いなさい。」
でした。
確かにと納得しました。忙しいということで
自分の要領の悪さを露呈させてるようで。
そしてヒマをつくるってのも大事な仕事なんだと
思うわけです。

できるだけ言わないようにしないとな
と思います。
とかいいながら結構言ってますが。

ま、偏屈もんの突っこみです。

でも一番ムカッとくる魔法の一言は
コンビニにて
「○○でよろしかったですか?」
です。
一瞬どついたろうかと思いました。

いつ過去形になるようなこと言ったよ!

|

« 天地人「家康への挑戦状」 | トップページ | くろーずあっぷげんだい »

コメント

はっはっは、ほとんど同じ感じ方ですね。
イベント冒頭の、お忙しい中・・云々なんてのは嫌味かいなと。
でも、いっぺん本当にメチャメチャ忙しい時に、万障繰り合せて行った時には、そのコトバが妙に胸に染みて落ち着きました。
勝手なモンです。

お疲れ様です、は違う意味で私もイヤです。そのコトバを聞くたびに、私生活も健康も犠牲にしてアリンコのように働くのが当たり前みたいな、社会の惨状を共認しているかのようだから・・。

投稿: TAKE | 2009年9月13日 (日) 23時24分

以前一緒に遊びにいった
人から帰り際に「お疲れ様」といわれて、
愉しくて疲れていないから、
そんな言い方しないで、といったことがあります。
あれはまだ若かりし大学生の頃。

投稿: なおっぺ | 2009年9月13日 (日) 23時40分

ご苦労様ってどう思う?
お疲れ様より、ご苦労様って言う方がしっくりくるときあるねんけど。

どっちもどっちか。

投稿: しゃる | 2009年9月14日 (月) 06時56分

私のなかでザラキに匹敵する魔法の言葉は
「○○させていただきます」

なんで許可がいるねん!
なんで二重敬語やねん!

と・・・・

投稿: うぇた | 2009年9月14日 (月) 13時14分

>ぎゃあ~TAKEさん
身を粉にして働いても、なにか
そこに精神的生産的なものがないのは
ただの過労働ちゃうんかいって思います。
>>万障くりあわせ
たしかに本当に忙しいときにいったときは、そうだと思いますね、私も。笑

>なおっぺさん
ひかえめすぎるサガというか。
何しても基本は体力使ってるから
疲れるのはそうかもしれませんが、
心は疲れてないっす!といいたいです。

>しゃるどの
ご苦労様。
う~ん、同じかな。苦笑。
同じ立場のときはそっちのほうが
確かにしっくりくるかも。
でもこっちは目上の人から度がお疲れ
より強いかなあ~

>うぇたどの
>>ザラキ
うおっ!確かに二重敬語ですやん!
これもイラッときますよね。
マホカンタではねかえして
イオナズンあたりをかけてやりたく
なります。

投稿: rin2@朝 | 2009年9月14日 (月) 21時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127690/46203894

この記事へのトラックバック一覧です: 偏屈者のキライな言葉:

« 天地人「家康への挑戦状」 | トップページ | くろーずあっぷげんだい »