« 天地人「史上最大の密約」 | トップページ | 財務諸表 »

2009年9月 7日 (月)

再生の町第二話

二回目も見てみました。
舞台の大阪の架空の町「なみはや市」
って門真とか泉佐野あたりがモデルなんでしょうかね。

区画整理や開発をめぐって利益と不利益を受ける人が
出てくるってのは、たしかにリアルでございます。
このドラマの焦点になってるニュータウン開発計画ですが。
地域活性化のための開発ってのは雇用も生まれるし、
人口が増えればそれだけ税収も増えるわけで。
プラスと考えれば簡単に支出削減のために取りやめにするわけにもいかんってことですな。
まあそれでも行政のカネの使い方はどうも一般と感覚が違うのでキライですが。
採算の合わない事業とか、優先的に使わないといけない事業の区別がホントについてんのかよ、と思うわけですよ。
支出のみで目に見えるリターンのない事業やイベントは最低限の支出で実施するべきだと思うのですよね。行政は既存の箱さえかせばあとは民にまかせる、そういう仕組みや体制が必要なんじゃないですかねえ。

そんな私的な主張はさておき、ドラマとしてフツーに面白いです。
多分NHKでしか作れなさげな内容です。

それにしても古くは米沢藩の財政再建に取り組んだ上杉鷹山を演じた筒井さんが今度は市の財政再建に取り組むとは。。。
わざとか!

|

« 天地人「史上最大の密約」 | トップページ | 財務諸表 »

コメント

私も見ました。
そして色々感じるところがありました。
ドラマの内容とは少し違うけど、
システムを作ったのはいいけれど、
恐ろしく使い勝手が悪いのに、
1度作ってしまったものは、
変えられない、とか。
無理がある計画と想像がつくのに、
降ってくるものは受け入れるしかない、とか。

そういうものをどうしていくのか
今後を見守りたいです。

投稿: なおっぺ | 2009年9月 7日 (月) 21時46分

>なおっぺさん
変えるってのは
難しいもんですね。
それがすぐにできるか否か
の行動力と判断力、
そして先まで見通せるかが
大事なのかなと思います。

投稿: rin2@朝 | 2009年9月 9日 (水) 19時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127690/46148701

この記事へのトラックバック一覧です: 再生の町第二話:

« 天地人「史上最大の密約」 | トップページ | 財務諸表 »