« 満身創痍 | トップページ | いい加減やめようとおもいつつマンガ »

2009年10月 4日 (日)

天地人「三成の遺言」「上杉転落」

石原お天気良純さんはなにげにおいしい役をされるなあという感想です!

関ヶ原で無念の敗北を遂げた三成。
たとえ敗者として勝者に貶められようとも、正義はどちらにあったのかはのちの歴史を学ぶ人が判断してくれます。
私は関ヶ原の闘いだけは三成のほうに義があった、と思いますよ。
時流に逆らおうとした意地みたいなのもひっくるめて。

親友の処刑の報を聞いた兼続ですが、その正しさを守るため、家康の前ではのちのちに語り草になる悪びれない堂々とした態度でのぞみます。

その上杉の危険性からなんとか取り潰しにしようという家康ですが、なんとかして上杉を残すため、兼続は直江の家督を本多正信の息子に継がせるよう進言します。
嫡男がいるにもかかわらず。

「わしは視聴者サービスに再登場しとうはなかった!」
といいそうな竹くんですが。笑

苦渋の決断ですが、上杉を残すためという兼続。

そしてまた福島、小早川も上杉を残すため、あちこちにとりなしを頼むこの最期にいい人フラグでした。

そんな影の努力の甲斐もあり、30万石に減らされたものの上杉家は存続することになりました。
そして石高の大幅減にもかかわらず家臣を一人もリストラすることなく米沢へと旅立ちます。

このノーリストラがのちに上杉家の財政を圧迫し、やがて上杉鷹山による改革が行われるわけです。

それにしても関ヶ原で西軍方において戦闘に参加した島津家はほぼ石高を現状維持で残ったのに対し、上杉はまともに参加してないのに石高大幅減とは結果論としては一番損な役回りでしたね。それでも義を通したのにはちょっと心惹かれるものがあります。

西軍の主要大名のうち、島津、毛利はのちの幕末で倒幕の中心となり、関ヶ原のリベンジを果たすわけですが、上杉(米沢藩)は幕末では左幕派にまわるという、ここでも旧体制側について義理を通した、という歴史なんですね。

てなわけで。

|

« 満身創痍 | トップページ | いい加減やめようとおもいつつマンガ »

コメント

あー、幕末の佐幕派に関しては
私も同じことを感じたなあ…。
それも義、からきているのかな。
でも、米沢も確か英学がそれなりに
興隆していたはず。
新しいものを取り入れようという
動きはあったんだよね。
越前などと同じで。

投稿: なおっぺ | 2009年10月 5日 (月) 21時24分

>なおっぺさん
米沢藩も学問はさかんだった
みたいですね。
幕末は幕府への義理立てのような
感じで奥羽列藩同盟に加わった
ようです。

投稿: rin2@朝 | 2009年10月 6日 (火) 19時49分

>奥羽列藩同盟
これって、陸奥入っていたっけ?

いや、陸奥も英学が盛んで、
伊達と上杉が反目しあったことを考えると
世の中の巡り合わせって分からないなあと思って。
もちろん、実学思考と捉えれば
いいのかもしれないけど。

投稿: なおっぺ | 2009年10月 6日 (火) 21時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127690/46394703

この記事へのトラックバック一覧です: 天地人「三成の遺言」「上杉転落」:

« 満身創痍 | トップページ | いい加減やめようとおもいつつマンガ »