« 秋の観光地 | トップページ | 天地人39~43話 »

2009年10月24日 (土)

おわりよければいいかなあ。

なんとかかしはらコスモスうたまつり、終わりました。

色々調整つかなかったりホールや出演者とのやりとりなど反省点は多かったです。
今年は盛りだくさんな上、時間が過密スケジュールかつ人数が多くそれを把握していくのだけでもけっこう難しかったような・・・。
一番の難点は時間管理かなあ。。。

それにしてもハイレベルな方々が多かったです。
司会者Iくんもいってましたがこんなハイレベルな方々のあとでトリをするにはもうちょいうまくならんとな~。

あーとにかく疲れた。(笑)
自分らの出番のときがすでにフラフラでした。
緊張もあってかピアノ弾くとき足がガクガクしていたし。
よく最期まで弾いたな、自分。

まあでもなんとか閉会できたのでよしということで。

お客さんに出演者など様々な方から続けてください、という意見をたくさん頂いたのでまた色々反省しながら来年のことを考えます。

というわけで出てくれたみなさん、来てくれたみなさん、スタッフのみなさんありがとうございました。

|

« 秋の観光地 | トップページ | 天地人39~43話 »

コメント

「出てくるまでどんな毛色のグループなのか分からない」ドキドキ感も含め、楽しませていただきました ←主催者的にはヒヤヒヤものだったと思いますが(苦笑)

参加者の年齢層も広く、分野も琴のような日本的なとこからアイリッシュやハワイアンのような世界的なとこまでフォローする。音楽の間口の広さを感じさせてくれるコンサートだったと思います。


ほんと、お疲れさまでした!

投稿: きゅ〜 | 2009年10月24日 (土) 23時34分

おつかれさまでした!!
運営に、歌にピアノに大活躍やったね(笑)
一からイベントを作り上げるというのは、なかなかすごいなあ・・と思いました。
プログラムにスタッフのコメントとかいっぱいあって、人間味(?)が伝わってくる感じがよかったですhappy01
あと、ちゃんと舞台にコスモスが飾ってあったのもいい感じでした♪

みらびーとしては・・ホールはやっぱ音響いいっすね!!客席も暗くて見えなかったし、とっても気持ちよく歌えました♪
ありがとうございました~note

投稿: くのすけ | 2009年10月25日 (日) 10時35分

>きゅ~さん
ご来場ありがとうございます。
お客さんが最初は少なくてヒヤヒヤ
したのですが、後になるにつれ、たくさん来てくれたみたいで、予備のプログラムまで配布することになったのでよかったです。
確かに今年はジャンルの幅広さは
去年以上でしたね。

>きゃーくのすけさーん
ありがとうございました。
ステキな歌声で感動しました。^^
現メンバーのミラビーの演奏は
初めて聞いたので新鮮でした。
(ライブいけずすみません。)
響くホールはいいですよね。
コスモスはプログラムコメント
記載のとおりの入手経路です。
今年は大量で助かりました。
よければ観光でも橿原におこしくださいね。笑

投稿: rin2@自宅 | 2009年10月25日 (日) 16時50分

遅くなったけど、昨日は本当に
お疲れ様でした。
途中からの参加になったけれど
楽しませていただきました。
ピアノ、本当に良かったよ。
私は個人的にスタッフや裏方の作業も
好きなので、懐かしく見ていました。
本当にお疲れ様。
そして、ありがとう。

投稿: なおっぺ | 2009年10月25日 (日) 20時19分

>なおっぺさん
そういって頂ければ嬉しいです。
でもコードアレンジ弾きしかできないの
は分かる人にはバレてました。苦笑
裏方として
お客さんの「楽しかった」の
一言が一番嬉しいですね。

投稿: rin2@自宅 | 2009年10月25日 (日) 21時32分

遅くなりましたがうたまつり
楽しませていただけてありがとうございました。
管理人さんがひときわ光っていましたよ。
明日から仕事が大変だけど
共にやっていきませう。

投稿: Nにゃん | 2009年10月26日 (月) 01時24分

>Nにゃんさん
ご来場ありがとうございます。
ロシア曲がなかったのが残念ですが。笑
仕事が加速度的にあわただしくなってきた今週です。

投稿: rin2@自宅 | 2009年10月26日 (月) 20時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127690/46572653

この記事へのトラックバック一覧です: おわりよければいいかなあ。:

« 秋の観光地 | トップページ | 天地人39~43話 »