« 窓7 | トップページ | キルケゴールのパラドックス »

2009年11月 8日 (日)

天地人「大阪の陣へ」

どうでもいいですが、後番組の「坂の上の雲」にて阿部ちゃんが、主人公の一人、秋山好古役だそうで。

上杉謙信から明治時代の騎馬軍司令官に鞍替えするというわけですねっ!

天地人最終回~坂の上の予告につながると思われますが、最終回には回想で謙信はきっと出てくるという予測の元、NHKのキャストの固定具合がよくわかりますね。

てなわけで天地人本編です。

久しぶりに登場されたと思ったキャラはお亡くなりフラグ、というこのパターン。仙桃院ママが今回はラストでした。よく考えたら70歳はゆうに越してるような。さすがに高島さん、老けメイクでしたが。それでもまだ若いやろ!

前に亡くなられた樋口パパといい勝負の影の年間出演キャラでしたね。

景勝を跡取りに・・・という嘘のマコトをカミングアウト。

息子に跡を継がせたい、誰でも持つ、そんな親心でした。

一方政局では徳川の豊臣イジメが加速化。

有名な方広寺鐘銘事件。日本史上指折りのいいがかりだと思うのは私だけではないですよね。家康の高笑いがいまどきいねーよ!並みの悪役笑いです。この大河のMVPは松方さんだと思います。ここまでベタな悪役な家康も珍しいですよ。

あと2回とのことで。
今年もなんとか完走できるかな?

|

« 窓7 | トップページ | キルケゴールのパラドックス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127690/46710827

この記事へのトラックバック一覧です: 天地人「大阪の陣へ」:

» 天地人 第45回「大坂の陣へ」 [あしたまにあーな]
今回は豊臣家の生き様について考えさせられました。徳川家康が嫡男の秀忠に将軍職を譲り自分は大御所として実権を握り続ける道を選び世の中は徳川の世に完全に移行していることが明らかな状態になっていました。 この場面で、上杉家はかついて石田三成との約束の中でも自分たちは生きて自分たちがやってきたことの正しさを世の中に伝え続けることが大切と考え、その時々で自分たちがどのようにしたら生き延びることができるかを考え続けていました。時に自分たちの気持ちとは反することもやってきたと思いますが、すべては上杉家を存続さ... [続きを読む]

受信: 2009年11月 8日 (日) 23時05分

« 窓7 | トップページ | キルケゴールのパラドックス »