« 事業仕分け | トップページ | 文化祭とリーマン »

2009年11月15日 (日)

天地人「大阪城炎上」

大阪の陣が終わってしまいました。

千姫を救え!の回でした。

真田幸村がその救出劇にからんでいたらしいです。

まあ、ドラマですから。笑

この救出劇にはおっとろしいエピソードがありますが。まあそんな作り話はさておいて、ドラマのとおし、千姫は淀殿と秀頼の分も生きました。たしか四代将軍家綱の時代くらいまで生きていたような。

どうしてもこの大阪の陣には年を取るにつれ、豊臣がたに肩入れしてしまいますね。

千姫が生き残ったエピソードは確かにドラマのとおり、そのプライドを守り通した証拠かもしれません。

さて、今度こそ戦のない時代を迎え、来週はいよいよ最終回です。

歴女向けに真田十勇士のチラ見せくらいサービスしてほしかったですな。

|

« 事業仕分け | トップページ | 文化祭とリーマン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127690/46772962

この記事へのトラックバック一覧です: 天地人「大阪城炎上」:

» 天地人 第46回「大坂城炎上」 [あしたまにあーな]
残すところあと2回となった今回の天地人は、大坂冬の陣と夏の陣でした。これまで忠誠を誓ってきた豊臣家を倒すことになった上杉家。その前に兼続は家康のもとを訪れ秀吉や前田利家の前で誓った約束は何だったのか、約束を破ることになるのかと問いただします。それに対して家康は、今までの約束などは徳川の世の中を作るためのことであり、約束はそのためであれば破ると兼続に伝えるのですが、少し考えてみると結果としては上杉も豊臣を滅ぼそうと徳川側についていて、兼続も平安の世の中を徳川の世の中で手に入れていて、今自分たちがそれ... [続きを読む]

受信: 2009年11月15日 (日) 22時56分

» 景勝様の「天地人」第46話。息子が、娘が親より先に不幸を…。 [還山捫虱堂]
#「大阪城炎上」 ここまでよくぞ記事が炎上しなかったものだ(@Д@?? [続きを読む]

受信: 2009年11月17日 (火) 00時50分

« 事業仕分け | トップページ | 文化祭とリーマン »