« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月31日 (木)

Survival dAnce

政治ネタで珍しくなにか書こうと思っていたネタがあったんですが、忘れてしまいました。

BGMにはTRFの懐かしの曲で。

職場で関わる人で、私と同年代の同性の人って実はなかなかいないんですよ。

同期でも顔をあわせる同性はみんな4つ以上年下という。

多少物事に対する考え方にギャップを感じるときはあるというか。あんまり何か変わったことをやりたがらないし、現状に対する不満を持ってても変えようという行動にうつさない。

まあ公務員になろうとしてなった人ってのは正直何かをやろうってことより、生活や雇用の安定を求めたがる人が多く、賢いけどハングリーさに欠ける、なんてことを誰かから聞いて、そりゃあかんわ~と思ったことがあります。

本当は他人のために役に立つ何かをやろうと思う人がなるべき職業だと思うのですがね、公務員って。
「安定」の部分が魅力になって飛びつく人が多く、またそういう人が難化した試験に受かってしまうという皮肉さがあるなあと。そしてそんな人はどうあっても公務員の世界でしか生きられない、他で生きる気もないという。

一番リストラ制度、勧奨退職を導入すべきなのは公務員なんだと思います、ハイ。
ただ、評価する上で難しいのは民間の成果主義ではかれないということ。
民間のモノマネで行政評価などしても、正直効果はあまり期待できないと思うのです。

実は民主党が一番するべきなのは公務員改革ではないかなと思います。

リストラや解雇が民間企業並みに背中にあれば、「やる気ださないと、こりゃかなわん」と思ってみんな少しでも改善していこうとか、前向きな考え方になるかもしれないかなあと。まさに出る杭は打たれる、組織です、未だに。

「クビにならない公務員」

ではなくなれば、日本は変わる、そう年の瀬に思いました。

そうなれば私も生き残れる自信はありませんが。(^^;

タイトルとひっかけてしまってオチがつきましたね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年12月29日 (火)

忘年会だか

はい、6連休です。

夢の中でまで仕事しないように。(笑)

年末は仕事で忘年会などもナシよ、とか思ってた割には色々誘っていただいて結局飲んだりカラオケだったりで例年と同じような迎え方をしました。

おせち作りと掃除、終わってからはゴロゴロしようかと思っております。

先日、現実逃避に下北山村に行ってきました。ツチノコとか大規模なスポーツ公園、あとはブラックバスなどで密かに有名だそうですが、まあ一般の人はどこやねん!って感じですよね。

奈良県を南下することおよそ3時間ちょい。途中川上村で鍾乳洞に入ったり道の駅でカレーうどん食べたり(これが意外とおいしかった!)や上北山村などすっかり冬支度の渓谷沿いを通過して行って来ました。いや~遠かった・・・。十津川村に行くより遠いのではないですかね。

ここでは最近「森の音楽祭」というイベントが開かれ、結構有名どころの歌手さんを呼んでるのだとか。クリスマスキャロルの人とか翼が折れたエンジェルの人とか。

んで何しに行ったのかというと、温泉。

きなりの郷という温泉施設がありまして、湯治にいってきました。

休日だというに人がいねえ~。

まあのんびりしたいのでいないほうがいいのですが、赤字経営じゃね?と心配になりました。。。(^^;

091226_160339

村の集落

091226_160941

明神池という伝説の池が山中に突如現れました。

んなわけで、プチ旅行でした。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年12月27日 (日)

一年。

気がついたら年末かってね。今年は例年以上に過ぎるのが早かったです。

年末の最近になってショックなことが立て続けに起きまして。こんな気分でどうやって年明け迎えるねんって感じですけど。苦笑。

まとめとしては

・泣きたいくらいなことがあったのに泣けないわたし

・行きたくなかった部署に異動(笑)

・報われない自分と、報いをどこかで願っている自分に腹立たしく

・生死の境を何度もさまよった。

・人を動かすことの難しさを知った。

マイナスな印象の一年でございましたね。

来年の目標は、ひとつ決められているのです。

・J○Fを呼ばない

ですってよ。

くー。

それにしても、来年は何か形の残るようなことをやってみたいですなあ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

坂の上の雲「留学生」

1996年の大河「秀吉」

1998年の大河「徳川慶喜」

間に中村橋之助さんがいればよかったのですがね。

渡団長が出演されない分、トメクレジットは誰なのかwktkしてましたが、ここは加藤剛さんという歴代大河の主演者に。主役やったことある人だけで、5~6人はいるという。誰を選ぶか、ということですよね。

んなわけで。

広瀬はロシアに、真之はアメリカに。

来るべき誰もが思っているロシアとの対戦のための準備を着々と進めている日本政府です。視察&偵察ということでそれぞれの国の情勢を探っていきます。

そして起こった米西戦争。

運よくこの戦争に観戦武官として随行できた真之はのちの軍略家としての分析能力を発揮します。海軍のことはよく知らないのですが「閉塞作戦」というわざと船を沈めて文字通り閉じ込めるという作戦の存在を初めて知りましたよ。飛行機、という考えがない当時、こういう作戦もアリなんですよね。

てなわけで、海外を飛び回る真之と、いよいよ病状が悪化し、部屋の中で森羅万象を俳句に描く子規との対比が描かれて、第一部が終わりました。次回は1年後の予定だそうです。

それにしても。

基本、スケールの大きさ、豪華キャストといいながら、内容は見る人を選ぶドラマではあるなあと思います。

近代の日本って基本的に視聴率取れる時代ではなく、鉄板はどうしても戦国時代になってしまう中、それでもいいものを作ろうという雰囲気は感じます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月25日 (金)

しずかちゃんが嫌いな人

あまりにも面白かったので。

「しずかちゃんが好きになれないんです。

昼間っから何回お風呂に入るんだってね。

経費考えてないし。

お風呂に入るから予定合わせない

自己中心的な人だってね。」

要約するとこんな感じ。

ワロタ。

そんな私はBSで大魔境を見てしまいましたよ。

ヘビースモーカーズフォレスト、って本当にありそうですよね。

巨神像の謎と予言のあたりはわくわくします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月23日 (水)

めずらしく

真っ暗にして寝て、目が覚めたら1時半!

光がないと眠れるもんですね。

冬だからなせる業かも。

昼夜逆転すると、明日しんどいだろうなと思いますが。う~ん。

それにしても、

土下座して謝れといわれて本当に夜に謝りにくる人がいるというのには驚きました。

マンガみたいな話が現実にあるんですなあ。

とニュース見つつこんなことを書いてたら、

地域再生の人々の感動的な話が。

鹿屋市の柳谷集落(通称やなだん)の人々が協力して手作りで公園を作ったり、さつまいもや飼料を作ったりしてお金を作り、行政に頼らない自分たちの地域づくりをしていると。

成功の秘訣は、感動を分かち合おうと、高齢者の方々はじめ、集落のみんなが活動に参加して協力していったこと、だと。

こういうみんなで力を合わせてって話は泣けますなあ。
基本、悲しいかな、ワンマンやろーなので。

地域づくりは人づくり、どっかで聞いたセリフですが、本当ですよね。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2009年12月20日 (日)

snow drive

死ぬかと思ったシリーズ第何回のことでしょうか。

諸般の事情と温泉を目当てに某村に車で行くことに。

国道309号線を南下すること1時間、トンネルを抜けるとそこは雪国でした。

チェーンなんかつけてないから、凍結した山道を登れねえ。しかも前方にJ○F待ちっぽい車両だらけ。こりゃまずいわと思って引き返そうと思ったときはすでに車は進まず、立ち往生。

しかしなんとかバックを駆使して凍結してた道を下り、事なきを得ました。

仕方ないから予定変更して別の村へ行くことに。雪がないと安心して山道を進んでいくと、再び道が雪雪雪。気がついたらまた凍結した道に迷い込み、登れない。アクセル踏んでも進まないってのはツライ!

今度も根性でドリフト的にUターンしておっとろしい下りを恐る恐る進み、なんとか雪のないところまで行き着きました。途中滑るわ、雪にハンドルをとられて崖につっこみかけるわ、ブレーキがガタガタいうわ、おっとろしかったです。

チェーンを買おうと思いました。

雪と山をなめちゃいけませんね。

しばらくは雪いらんです、ハイ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

坂の上の雲「日清戦争」

M-1やってたのをうっかり忘れてしまったのですが。

日曜8時は大河枠に。

中学生で習うまで、日清戦争をラーメンの取り合いと勘違いしていた私が通りますよ。
・・・子供の考えることですから。

旅順攻略のため騎馬兵を率いる秋山旅団。酒をあおりつつ鼓舞する好古@阿部ちゃんがまるで上杉謙信に見えるのは気のせいでしょう。

一方威衛海攻略のため、軍艦に乗る真之。慕ってくれていた部下を自分の命令で亡くしてしまい、軍人としての自分に悩む真之。

日清戦争は日本の勝利で終わりましたが、戦争の悲惨さは勝っても負けても同じ。

偶然であった東郷平八郎に、指揮官としてのあり方を教えられます。

次回が今年の最終回。

それにしても東郷平八郎と小村寿太郎の対面を実現させてほしいですね~。

おやかたさまぁ~!笑

それにしても、大河の秀吉だらけですね。

それにしても血しぶきが飛ぶあたり、戦争の描写がプライベートライアン並にリアルっす。

HEIWAの鐘を鳴らしましょう!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

人生いろいろ

あるなあと思ったここ数ヶ月。

特に自分に、ってわけではないのですが。

それにしても、仕事で精神障害にかかわる話を色々きいて、

今後、心の病はこれから増え続ける一方だと。

最近まではそれになるのはその人の心の弱さが原因なんだと思っていただけでしたが、周りでも両手で数えるくらいの人がそんな状態になっているので、弱さだけではないんだなあと思い始めてます。

お前が周りの人をうつにさしてんだろ!というツッコミは無しの方向で。笑。

治療や手術をしたら治る見込みがすぐにたつものと違って、いつ治るか、が分からない分体の病気よりやっかいですね。

でも心の病にかかりそうな兆候のある人を周囲が腫れ物に触るような形で接し始めるのも、それはそれでまた違うなと思います。

難しい社会、になってるといえばそれまでですが、一度病になった人を復帰させる環境を整えていくかが重要な課題になっていくのではないかなと。

行政は決して軽視してはいけない部分だと思います。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年12月14日 (月)

坂の上の雲「国家鳴動」

これでもかというように、続々と

「大河ドラマのクレジットでトメになる」

大物豪華キャストが登場されてきます。

そして大トリはやはり渡大門団長@東郷平八郎でございました。

日本は日清戦争に突入していきます。

そんな中、正岡子規は喀血。病との闘いがはじまります。文字通り血のにじむ中で俳句を生み出していく子規。

そして秋山兄弟を見守る父が静かに亡くなりました。飄々としながらも子供たちを見習ういい親父でしたね。

そしてフランスから帰り、とうとう(笑)佐久間のお嬢さんと結婚した好古。野蛮人!とかののしってたお嬢さんはもっちろんツンデレの方向でしたということで。

3人の主人公の成長と経過の中、国家は列強を目指すべく、朝鮮半島での反乱に乗じて、大陸へと進行していきます。国益、という言葉が「とにかく強い国」としての存在感を示すことだった当時、戦争という手段が不可避だったわけですね。

さて、色々言われております豪華キャストネタですが、やったら義経と独眼流竜政宗のキャストが多いことに今書いてて気がつきました。さて、何人がかぶっているでしょうか。分かる人は大河通。(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年12月12日 (土)

ぱとらっしゅ

疲れたよ~。

とブログに書いてる余裕がある間はまだまだ元気ですね。

仕事だけではない部分でばたばたしている部分はありますなぁ。

市長室で着ぐるみきて歩いている同期を、前が見えないのをいいことに「日ごろの恨み!」といってどついているところを市長と副市長に見られたあたり、こりゃ異動しかないですね。

うひ。(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月11日 (金)

もちもちたいやき

食べました。しかも二つも。

おなかいっぱいっす!

げっぷ。ご飯いらんと思いました。

いちごみるく味などもございまして、最近ひそかにたい焼きブームだと思ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 8日 (火)

one week

one week away from you♪

ってゆー曲が流行りましたが、ここ一週間があっちゅーまです。

担当もってる課が出先機関ばっかりなので、あちこち出かけられます。現場見たりできるのは、普段はデスクワークな仕事の中で、唯一の楽しみかもしれません。

それにしても、市役所ってほんと、色々な施設があるなあと思いました。

もっと有効活用するべきとか、いらんのちゃうか、とか建てかえるべきやろ、とか。そしてその施設の裏には色々な事情があるなあと。

ちなみに異動してからほぼ8ヶ月ぶりに公用車を運転しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 6日 (日)

坂の上の雲「青雲」

第一回は亀田vs内藤戦の裏で視聴率17.7%と、思っていたよりはとれなかったんですね。苦笑

大学予備門に入学した子規と真之。

この当時の学生っていいですよね~。まさに青春という感じで。江ノ島への無銭旅行のくだり、まさにそのとおりで、なんとなく自分の大学時代を思い出します。・・・まあ今も大概なことをやっておりますが。

俳句や文学に傾倒していく子規に対して、自分の道が定まらず、結局は海兵学校に入学することを選んだ真之。そして旧松山藩のたっての頼みでフランスに行くことになった好古。

三者三様の選択でそれぞれの道を歩んでいきます。

それにしても。

松山の田園風景を描いた映像がすごくきれいです。稲穂の中を駆けていく絵ってのは日本人としての原風景のような気がして、これだけでもこのドラマみてよかった気がします。「屋根のある橋」はいったいどこなんだろう。

そんなわけでいよいよ日清戦争に突入していきます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

30代のストリートみゅーじしゃん

コーラス部やっててもなかなか思うように歌えないもんで。

仕方ないからギター抱えて近くの公園で歌いました。一時間くらい。世間的に有名な曲は一切歌わず、自分の趣味の曲オンリーで。人に聴いてもらうためではなく、自分で歌いたいために。

この寒いのにエエ年してアホですな。

でもジョギングしてたおっちゃんが拍手してくれてうれしかったです。

んーまたどこかでやるかな。笑                                                

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 4日 (金)

賞味期限2ヶ月経過

夏場の残業の時期に上司から大量のインスタントラーメンの差し入れを頂きまして、それが結構残ったまま、今の残業の時期になり、先輩がそのラーメンの存在を思い出し、確認したところ、賞味期限が2ヶ月過ぎておりました。

・・・みんなで食べてみました。

大丈夫でした。

まあノンオイルだったからよかったのか。

おなか壊した人は現れてないので、食べれるもんなんですね。

賞味期限って何?と思いました。笑

そんなこんなで食生活の乱れが生じております。

その割には、毎年この時期に熱出して一度ぶっ倒れるのにまだ大丈夫です。ほとんど完徹で出勤して残業までした日もありましたのに。体が無理に対する免疫でもできたのでしょうかいね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »